処女を捨てたいと焦るはちょっと待った!良質な出会いとちゃんと処女を卒業するための方法!

投稿日:

僕も20歳を過ぎるまで彼女の1人も出来たことが居ないので「良い歳だけど処女のままで、彼氏すらロクにできたことがなくて焦っている」という人の気持ちはよくわかります。

おまけに僕の場合は21歳の時やっと付き合ってもらえた彼女がいたのにも関わらずビビって関係を進展させることができずにフラれてしまったので、初体験に至ったのはまた随分先の話になります。

周りの同級生はどんどん卒業してしまっている、または行為自体はどうでも良いけどこの歳まで彼氏がロクにできたことないことについての葛藤など悩みがあるかと思います。

成人するまでは「異性交遊は不順である」みたいなことを親や先生が言うのに、成人した瞬間「それだけ生きてロクに言い寄られたことがないなんてお前は欠陥品だ」と言わんばかりのプレッシャーに理不尽さを感じながらも焦りを感じる気持ちは痛いほど分かります。

処女を焦って捨てるべきではない理由

焦る気持ちはものすごく理解できますが、安易に適当な男性でロストバージンをするのは違います。

捨てるだけならいくらでも捨て場所がある

正直な話あなたがよほどのブスでもない限り処女を捨てること自体はものすごく簡単です。

男性は女性を口説いてOKを貰うまでにコミュニケーション能力だったりエスコート術を身に付けたり相手の好感度を上げたりと努力が必要です。ですが女性は男性のところに行って「処女を捨てたいです」というだけで簡単に卒業することができます。

というのも女性はその男性が魅力的な人か体を預けてもよい人か見極めるのに時間が必要ですが、男性は生物学的にはそういったことを一切気にせず、悪く言えば生殖行為に望めればそれでよいという本能的で初対面でもホテルに行ける人も多数いるためです。

そのため処女かどうかだけを考えるのは非常にナンセンスな考え方です。

本当の意味で卒業するということはただ捨てることではない

適当に行為をしただけではただ経験人数が1になっただけで何も変わりません。抱かれただけで急に世界が変わることもなければ自身も付くこともなければモテモテになることもありません。

最悪適当な初体験を迎えてしまったら今後ちゃんとしたパートナーが出来たときに行為に及ぶのが嫌になってしまったり、場合によっては嫌な思い出として残り続けることも少なくありません。

なんでこんなことを言うのかというとこの記事を書いている僕自体最初の彼女とはうまくいかず、初めてはその別れたあと出会い系サイトで知り合った女性とのワンナイトだったからです。そのときは「あーエッチってこんなもんなんだなぁ」くらいだったのですが、後々になってちゃんとお付き合いした人じゃなくて適当な1回限りの関係に後悔した時期があったからです。

本当に大事なのはただ経験するのではなくて、その過程でちゃんと口説かれるくらい魅力的な女性になることや、恋愛を通じて内面を成長させるような出会いを経験することであると勝手ながら思っています。

焦りで急いで捨てるのではなく、見た目も内面もちゃんと前に進める素敵な恋愛に巡りあってほしいところであります。

20代でも4人に1人は童貞または処女

ここ数年男女ともに恋愛には消極的であるというデータが出ています。当サイトでも以前取材させて頂いた結婚相談所を運営しているIBJ社20代を対象に行ったアンケートでは約46%の男女が「恋愛するのが面倒」と回答しています。また3人に1人がとくに交際相手を望んでいないとも回答をしています。

さらに国立社会保障・人口問題研究所が行った「第14回出征動向基本調査」では、25歳~29歳の間で性経験のない女性は約29.3%と約3人に1人が処女であるというデータが出ています。ちなみに18歳~19歳が68.1%、20歳~24歳で40.1%、30歳~34歳で23.8%が処女であるという調査結果が出ています。ちなみに未婚で性経験がない男性も女性と比べて平均3%くらい高いという結果がでています。

正直言ってここ数年数十年で日本時の美意識はかなり上がったと思います。女性はほとんどメイクをするし男性も化粧水を使ったり脱毛を行ったりと清潔感を気にしています。一見普通にモテそうな男女が普通に恋人いない歴=年齢ということが普通にあり得る時代になっています。

こういったデータからもあなたが処女であることに対して焦る必要はないといいたいです。今はそういう人がたくさんいるのが普通の時代なのです。あなたは「たまたま出会いがなかった」「たまたま恋愛関係にまで発展しなかった」だけの可能性があります。

処女を卒業するための方法

繰り返しになりますが、ただ周りが経験しているから自分もと焦って適当な男で初体験を終わらせるのは違うと思います。そんなんだったら渋谷かなんかで適当に募集の看板を掲げて立ってれば速攻です。そしてそんな経験には何の価値もありません。

捨てること自体に価値があるのではなくて「卒業する過程でどのように見た目も心も成長できたか」「自分にとって素敵なパートナーに巡り合えたか」が大事だと思います。処女を卒業する方法と言うよりはちゃんとした彼氏を作る方法と置き換えていただく方が適切かもしれません。

外見的な魅力を磨く

今の若い子は結構な割合で清潔感に気を使えていて適度にオシャレで清潔感があるような印象を受けるのですが、一応今まで意識したことがなかった方向けに解説したいと思います。

太り過ぎの子は痩せよう

「あまりのも痩せすぎている子よりも多少ぽっちゃりしている子の方がモテる」なんてよく言われますが、それにも限度というものがあります。度を超えて太っていたらさすがにモテません。

ではどれくらいが度を越えているのかと言われているのかというと、1つの目安として身長から100を引いた数字がと体重を比較した際に体重の方が重いのであれが気を使う必要があります。(例:身長156㎝-100=56の数値が自身の体重を超えている)

もちろんスポーツをやっていて筋肉が他の人よりもあるため見かけは細いけど上記の計算をしたときに体重の方が重いという場合もありますのでこの限りではないこともありますが、身長から100を引いた数値があまりにも重い場合はダイエットを始めた方が可愛くなれると思います。

服にはこだわっているか

「今まで服装に全く気を使ったことがなかった」というのであればこの機会に少し考えて欲しいと思います。男女共に服装次第でいくらでも魅力を底上げすることができます。

服と髪型とメイクがあれば男子はそこそこの雰囲気イケメンに女子もそこそこの雰囲気可愛いは作れると思っていただいてよいです。服選びですが困ったら少しオシャレなお店のマネキンがしているコーデを丸ごと購入してしまえば良いかと思います。

また「私は服装に気を使っているんです」と言いながら実際に着ている服装が、全身蛍光色や反対に全身黒、ゴスロリやパンク、厚底、などなど世間的奇抜な格好である場合も見直して欲しいと思います。世の男たちが求めている女子のオシャレというのは可憐な雰囲気な女の子なのです。

「夢を叶えるゾウ」の著者である作家の水野敬也さんは自身の著書「スパルタ婚活塾」という辛口で女性が結婚するための方法について書いている本の中で「いつの時代も男受けする女性ファッションはコレだ!」と述べていました。

  • 白のワンピース
  • シースルー
  • てろてろのスカート
  • アンサンブル
  • タイトスカート
  • パステルカラーのトップス

また男性受け最強のブランドは「ジル・スチュアート」だとも言っていました。今までそんなこと気にしなかったという人も気になる人の前やデートのときには騙されたと思って試してみて欲しいと思います。

髪型やメイクにもこだわろう

上記でもお伝えした通り、服装同様髪型やメイクはあなたの魅力を底上げしてブスだったとしたともそこそこ可愛いくらいにまではなれます。ドラクエなどのRPGで言うところの鎧・防具だと思ってほしいと思います。

髪型に関しては男性受けだけ意識するのであれば黒髪のセミロング・ミディアムくらいあれば無難にモテると思います。某48人いるアイドルグループの女の事かを参考にするのも男受けの観点ではアリですし美容室でちゃんと腕と経験のあるスタッフさんにお願いしてもらえば大変なことにはならないと思います。

化粧に関しては僕が男と言うこともあって上手には説明できなくて申し訳ないのですが、ここ数年Youtubeなどの動画投稿サイトではメイク系の動画が上がっているのでそういうのを参考にしてもらえればなと思います。

内面的な魅力も磨く

別に日々善い行いをして清廉潔白な人になりましょうとか言う話ではなく、男性受けする内面を身に付けてほしいなという話です。

不愛想なのをやめる

女子は男子に比べてコミュニケーション能力が高い傾向にあるということが科学的に説明されています。そのため相づちを打ったりをするというのは無意識にできている子がほとんですが、中には愛想がなく話しかけても冷たい反応を返す子もいます。

一見何気なく話しかけてくる男子も実はそこまで自信がないことがほとんどで、そういうリアクションをされるとどんな人でも普通に傷つきますしメンタルが弱い人は心が折れてしまい今後接したくなってしまいます。もし普段からリアクションやコミュニケーションについて態度が良くないという自覚があるのであればそういうこところを改善することで良縁を見つけらるかもしれません。

典型的なモテない女子の振る舞いから卒業する

モテないと嘆く女子の中には、

  • ボリュームが大きく、常に何かを責め立てるような声
  • 服とメイクの色が濃い
  • 自虐ネタを多用する

という特徴の女子が数多くいます。上述で紹介した水野敬也さんも「スパルタ婚活塾」中で記していましたが、こういったばセックス・アンド・ザ・シティ感が出ている女性は男受けが非常に悪くなってしまいます。立ち振る舞いが気になる場合は男性に人気のタレントさんや女子アナなどを参考にするとよいでしょう。

品定めする癖を治す

年を重ねるごとに相手に対して「値踏み」する癖がついてしまっていて、世間的には素敵な男子であっても少し悪いところが目に付いたら敬遠してしまったり、デート中のありとあらやるところで男を評価してしまっているためデートが楽しくなくなったりはしていませんか?

それは非常に勿体ないことで、ある一点が悪かったからと言ってそれですべてが悪いとは決してそうではありません。例えば一見垢ぬけなくてもその分ちゃんとあなたのことを思ってくれる良い彼氏になる可能性がありますし、服装が若干安っぽくてもその分お金や見聞(知識)などを持っていてデートを飽きさせない素敵な彼氏の可能性もあります。

すぐ男の人を品定めして駄目だと決めつけてしまうのは機会損失になってしまいますので、そういうくせがある人は注意をしましょう。

出会いを増やす

ここまでいろいろお話しましたが、今の人たちは情報に触れる機会も多く無意識のうちに身だしなみや立ち振る舞いに気を使っていることがほとんどで、「今更言われるまでもねーよ」ってのが多いと思います。そんな人になぜ特定の彼氏がいないのかと言えば出会いがないという理由がほとんどでしょう。

仕事や学校では出会いがなく休日はいつもの友達とばかりつるんでいて中々新しく知り合うキッカケがないという人がほとんどなのではないでしょうか?出会いを求めることについてもっとハングリーな気持ちを持つ必要があります。

「え~でも私は自然に知り合った人としか付き合いたいくないです」って思うかもしれませんが、統計学的に言うと運命的の人と自然に出会う確率は0.0000034%と言われています。普通にキセキを待っていると一生で会えない可能性が出てきてしまいます。

そのためにも行動することが大切です。いろいろな人と会う中で「あっ、この人良いかも」という人に巡り合うという前向きな姿勢で恋愛に取り組まないと、一生彼氏が出来る事はないでしょう。

男友達と付き合う

もし自分の周りに少し良いなぁと思う男友達がいれば、その人に声を掛けてみましょう。さすがに男性側も二人でどこかに出かけるとなれば多少なりとも意識をするものです。「一緒にご飯いかないですか?」など気軽に誘ってしまいましょう。

「女子から誘うのはちょっと~」と思うあなたは何かしら理由を付けて呼び出すのもアリだと思います。「●●のペアチケットを貰っちゃったから一緒に行かない?」などと言って実際のチケットは大黒屋とかで購入する方法もあります。
また「友達のプレゼント選びに付き合って!あなたは○○とか詳しいから」「服選びに付き合って」みたいな誘い方や、「相談に乗ってくれ」などもOKです。

そうやって理由を付けて数回くらいデートに誘えばいくら鈍感でも男側が意識するはずです。

合コンに参加する(友達に紹介してもらう)

今の自分の交友関係に出会いがないのであれば、仲の良い友人に合コンを企画してもらうという手もあります。合コンであれば友人もある程度あなたの良いところを男性陣にアピールしてくれるため口下手でもあなたの魅力が伝わります。

別に合コンなくてもなんとか自然な流れで紹介してもらう方法もあるはずなので、友人にお願いしてみるという選択肢も十分にありかと思います。

街コンに参加してみる

友人にお願いするのも・・・という場合は思い切って街コンに参加してみることで出会いが見つかるかもしれません。街コンと言えば今更説明する必要もないですが、恋人を探している男女がご飯やお酒を飲みながら出会う場です。

こういったところに参加する男性は非常にまじめな場合が多いです。というのも男性の参加費が女性比べてかなり高いので、変な勧誘の人やナンパ師にとってはコスパが悪いからです。

ただしデメリットもあって、初対面で仲良くなる場所なので結構なコミュニケーション能力が必要になることや、自分より明らかにモテる女の子がいるとそっちに人気が集中しちゃう可能性があります。

ナンパされる

出会う方法の1つにナンパなんてものがありますが処女の女の子にとっては荷が重いかもしれません。大体のナンパする男性はその日のうちにお持ち帰りしてよほどのことがない限り翌日にポイしてしまいます。

中には声を掛けたその日はご飯を食べただけで解散して、その後は普通デートを重ねてやっと付き合い、最終的に結婚してしまう、という純愛なナンパもありますがまずありえないと思ってください。

ネット恋活をする

最近はネット上のアプリで知り合って恋愛関係に発展するケースが非常に多いです。後ほど紹介する恋活サイトのマッチドットコムのアメリカ版の調査によれば「年間結婚するカップルのうち10%はマッチングアプリで知り合っている」というデータが出ているくらいメジャーで、日本の20代でも10人1人はネットがキッカケで付き合っているというデータもあります。

もちろんネット恋愛の場合、「とりあえず女とヤレればよい」みたいな自分勝手な奴もいるのは仕方がないのですが、そういうのを見分けるコツなんてものはいくらでもあるし彼らもワンパターンであることが多いので見極めは容易です。

マッチングアプリのメリットとしては

    • Pairs(ペアーズ)など女性が無料で利用できるものがある
    • 登録者数が数百万人いるのでリアルを足で探すよりも出会いがある
    • 合コンや街コンなどの外出をしなくても隙間の時間で出会いを探すことができる
    • 実際に会うまでのやりとりはメッセージなので口下手でも続けられる
  • 趣味で検索掛けたりできるので自分の合う人と繋がれる可能性がある

という特徴があります。

マッチングアプリで真面目な男性を探したいという中でおすすめなのは「Pairs(ペアーズ)」がおすすめです。600万人以上の会員数を誇っているため出会える数が多く、運営が管理に力を入れているので悪質ユーザーをキチンとBANしてくれます、また検索だけでなくコミュニティ機能からも自分と価値観の合う男性を探すことができます。

何よりも女性は無料で利用できるのが良い点です。詳しくは↓の詳細をご覧ください。

またPairs(ペアーズ)の体験談も掲載しているので合わせてご覧ください。

まとめ

後半は処女を卒業するための方法と言うよりは彼氏を作るために必要が中心になりました。

ただ「捨てる・捨てないか?」程度の悩みなんか気にする必要はなく、大切なのは恋愛を通じてどのような成長をすること幸せを感じられるかが大事だと思っていて、その過程に処女を卒業するというプロセスがあるに過ぎないということをお伝えしたかったです。

また彼氏が出来たとして「自分が経験がないことを伝えるか迷っている」という相談を見受けることがあるのですが、そこは普通に今まで「一度も彼氏が居たことがなく全く経験がありません」というように素直に打ち明けた方が良いと思います。感の良い人ならなんとなく察している場合もありますし、恋愛経験がないとなると余計に気遣って大切にしてくれることの方が多いです。

キチンとした恋愛がしたいというのであれば、まずは出会いをちゃんと探しつつ自分磨きにも力を入れるべきです。やらないで後になって後悔するよりもまずはやってみることが大切です。

ゼクシィが運営する月々たった9000円の激安結婚相談所!


リクルート社が運営する婚活ブランドゼクシィから結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」が登場。

従来の結婚相談所と違い、解約料・成婚料などの費用がゼロで月額9,000円とお手軽な値段でカウンセリングを受けながら婚活をスタート可能で、月に10名以上の魅力的な異性を紹介。

婚活パーティーよりも安い値段で効率的に出会いを求めることができます。

現在「ゼクシィ縁結びカウンター」では無料相談カウンセリングを開催中!サービスの疑問から婚活の悩みまで様々な相談ができます。

ただ、ゼクシィブランドの人気・評判から今現在無料相談予約が殺到しているので、無料相談はお早めに!

※公式サイトから予約スケジュールをチェックできます。

当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.