おっパブ・セクキャバの値段ってどれくらいなの?遊び方やNG行為は?

R18

娯楽が多様化した現代においては需要は減ってきたかのように感じましたが、以前は日々ストレス社会で戦うサラリーマンの癒しの場所としておっパブ・セクキャバに通いがブームになっていた時期があります。

セクキャバとは

そもそも「セクキャバに行ったことない」「名前くらいは聞いたことある」程度の人にセクキャバについて説明をしたいと思います。

セクキャバとはセクシーキャバクラの略であります。風俗店でもありながらキャバクラでもあるという性質を持ちます。キャバクラのように女性が接客を受けて酒を飲みつつ、女性のおっぱいなど体を触ることができます。

おっパブはセクキャバの別名として使われる名称です。(それ以外にもお触りパブなどとも呼ばれたりします。)

おっパブ・セクキャバでできること

おっパブ・セクキャバでできることは、他の風俗店にしてはかなり限定的になっています。

お酒を飲める

他の風俗ではないサービスとしてはお酒が飲める点です。というよりはこちらは風俗店の特徴ではなくキャバクラの特徴になります。

風俗店では抜き行為がメインになるため店内でお酒を飲むことはありませんが、おっパブ・セクキャバは酒を飲みつつ女の子に触るがコンセプトのため、お酒を飲みつつセクハラしたい人におすすめです。

おっぱい(体)を触ることができる

おっパブなんて名前をしているくらいですが、当然女性のおっぱいを触れることができます。またおっぱい以外にも太ももや腕など他の部位もお触りすることができます。

またサービスタイムと呼ばれる時間になると、店内が暗くなり女の子が上半身を脱いで、お客さんの上にまたいで触り放題になる、というものもあります。

ただ最近は、基本服の上からおっぱいを触れる程度のものがほとんどのようです。

下半身に触れるお店もある

ハードなサービスがオッケーなお店の場合だと、女性が下半身を脱いで触ることや、指入れもオッケーというものもあります。ただしこれができるのは一部のお店のみなので入店時のNG規則はキチンと確認しておきましょう。

風営法の罰則規定に該当する可能性が高いので、下半身まで触れるお店は結構レアと考えてください。

風俗業界の中では可愛い子が多い

おっパブを含めたセクキャバが未だに人気な背景には、風俗業界の中では可愛い女の子が多いという点です。

ソープランドやヘルス、デリヘルに比べたら性的サービス内容が軽度で、キャバクラに比べたらコミュニケーション能力が低くても良いので、比較的ビジュアルの良い子が揃う傾向があります。
またここ数年は不況が続いていて日中学生をしている子が学費稼ぎに働いていることも多いため若い子もたくさんいます。

アフターに誘うこともできる

風俗店の場合、お店のキャストの安否も兼ねてお店で連絡先を聞いたりする行為は基本的にNGとされています。よく風俗嬢を口説いて彼女したなどの武勇伝がありますが、よほど通い詰めているorモテ男でもない限りボーイに連絡されて2度と入店できなくなるのがオチです。

ただセクキャバやおっパブの場合は、禁止と謳っているお店もありますが、中にはそういった注意事項が無くアフターに誘える可能性もあります。また表向きはNGでも裏ではOKだったりするお店も多く風俗店よりは敷居が低いようです。(お店によっては有料アフターサービスがあるお店も存在します。)

おっパブ・セクキャバでできないこと

続いておっパブやセクキャバで基本的にできないことをまとめます。詳しいことはお店によって違うので入店時にNG行為になるもをキチンと確認してください。スタッフからの声掛けもありますのでそこまで過剰に心配することはないでしょう。

ディープキス禁止のお店もある

セクキャバの種類にもよりますが、ライトなセクキャバではディープキス禁止のお店があります。キス可能なお店では、客側からキスをしに行くと、それに応えてキスをしてくれるという形になっています。

股間触らせる行為

男性の股間をキャストの子に触らせる行為は禁止です。セクキャバやおっパブは風俗的な要素も兼ねていますが実情はキャバクラなので自分から股間を触らせるのはNG行為に該当します。

女性から触ってくることはありますが、自分からはダメです。そこは身をゆだねるしかありません。

女性の股間を触る行為

できることの項目でも触れましたが、ライトなセクキャバの場合は女性の股間に触れる・指を入れる行為はNGです。一部OKなお店もありますがほぼ禁止と考えてください。

抜き行為禁止

風俗店とセクキャバやおっパブの最大の違いは、セクキャバ・おっパブは抜き行為(射精すること)が禁止になっている点です。

セクキャバやおっパブは風俗店ではないので、そのような行為が可能になってしまうと風営法に引っ掛かる可能性が出てきてしまいます。おっぱいを触っているうちに出ちゃったという事故は致し方ないにしても自分からあからさまに射精しようとしたら怖いボーイにつまみだされること必至でしょう。

まとめ

セクキャバやおっパブはあくまで、女性に触りながらお酒が飲めるキャバクラと考えておきましょう。可愛い女の子のおっぱいなんて触ったらムラムラするのは当然なことなのですが射精してはいけないということに注意をしてください。

またしていいこといけないことがかなり限定的なので規約はしっかり読んでから入店しください。

おっパブ・セクキャバの値段相場

首都圏ということで比較的高めな東京都の池袋・新宿エリアを中心におっパブ・セクキャバの相場をまとめました。地方に行けばもっと安いお店が見つかるかもしれません。

池袋エリアの値段相場

  • みつばちマーヤZ:40分/4,000円
  • みつばちマーヤ:40分/4,000円
  • 彼女の部屋:40分/10,000円
  • エマニエル:40分/6,000円
  • chocolat(ショコラ):40分/6,000円
  • パイレーツ:40分/8,000円
  • 学園祭:40分/6,000円
  • キャンパスNight40分/7,000円
  • 丸の内45分/7,000円
  • ミスキャンパス40分/6,000円

大体40分6,400円が平均相場になっています。

新宿エリアの平均相場

  • SLOW:25分/5,000円
  • clubオフィス(昼):40分/3,000円
  • おいらん:40分/5,000円
  • G-SCANDAL:40分/8,000円
  • 和風パブ大江戸:40分/5,000円
  • スーパーエンジェル:20分/5,500円
  • CANDY COLLECTION:40分/8,000円
  • clubオフィス:50分/7,000円
  • CHERRYDAYS新宿店:40分/6,000円
  • 美女学園:30分/3,900円

平均時間36.5分に対して5,640円という相場になっています。若干新宿エリアの方が高いですね。

まとめ:ピンサロと同じくらいの価格

都内のセクキャバ・おっパブの料金をまとめました。3,000円から利用できるお店もあれば1時間いたら10,000円になるお店まで価格は様々といった印象です。

お酒を飲みながらお触りがしたいのであればセクキャバ・おっパブ、安くて抜きたいのであればピンサロ、高いけど本番までしたいのであればソープ、といったような印象です。

セクキャバ・おっパブよりも普通の女性と恋愛した方が生産的

私も仕事の付き合いで何度かセクキャバやおっパブに行ったことがありますが、おさわりしている間は興奮しますが終わった後は虚しさ高額な支払いがあります。歌舞伎町でおっパブに行ったら15万もの支払いになり思わず気絶しそうになりました。

それよりも普通に彼女を作って恋愛した方が生産的ですし、日常が充実しますし、親密な関係になればおさわり以上の関係になることもできます。

ただ出会いがないという人も多いと思います。私も様々な出会いを探して苦労しました。(最終的にはマッチングアプリで彼女を見つけました)

「彼女が作りたい」「婚活をしたい」「女遊びをしたい」など各種シチュエーション別のマッチングアプリをまとめました。

ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【2019年】絶対にいい出会いがあるおすすめの恋活アプリ

休みの日や仕事の合間に簡単に出会いが探せる恋活アプリ。アメリカでは年間結婚カップルの約10%は恋活アプリを通じて知り合っているデータがあります。

今後ますます男女の出会いはアプリにシフトされると言われています。まずはダウンロードしてみてはいかがでしょう?

Pairs(ペアーズ)

管理人が実際に彼女を作ったマッチングアプリです。日本最大級の利用者数を誇るため沢山の出会いが期待できます。

マリッシュ

恋人探しから婚活、再婚まで様々な用途利用することができるアプリです。アプリ内で仲良くなったらデートに行くことになるのですが、安心して利用できるようにアプリ内通話ができます。(変な人にLINEを教えるリスクを失くせます)

Omiai

できるなら可愛い人、かっこいい人に出会いたい方でかつ、ちゃんとした人に出会えるマッチングアプリです。ペアーズほどではないですが累計300万人の利用実績がある人気アプリです。(ペアーズより質は高い)

R18その他
恋愛研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました