クラブで良質な出会いはあるのか?体験談と出会い方も合わせて紹介!

投稿日:2018年4月19日 更新日:

どうも出会いに苦労しているケントと申します。僕自身はモテませんが、僕の周りにはモテる人がチラホラいます。

例えば、営業の取引先の女の子を口説いてワンナイトを成功させたり、ストリートでナンパしたりして何人も遊びの女の子が居たりと・・・・

自称ウブで健全な僕からするとそういうやつらはいけ好かないのですが、女性を口説くのが上手な恋愛経験豊富な人って話してみるとすごく面白い人が多いので、なんだかんだ良い付き合いをしています。

そして今回その一人に「クラブでナンパしようぜ」と誘われたので、「ちょうど彼女も居ないしいいぜ」と調子に乗って行くことにしました。(実際はクラブなんて行ったことないしナンパもしない奥手男子日本代表なんですけど)

今回は実際にクラブに行った感想と果たしてクラブナンパから良い出会いがあるのかどうか?について語っていきたいと思います。

 

結論から言うと、クラブには出会い自体は豊富にありますが難易度は高いというのが正直な感想です。

ナンパなんてできないし、クラブもなんだか怖いという人は恋活アプリを試してみてはいかがでしょう?↓当サイトのおすすめはこちら!

当サイトで登録の多いおすすめの恋活アプリ
  • 【会員数日本No.1】Pairs(女性は無料利用可能)
  • 【世界的に使われている恋活アプリ】match.com(有料だけどその分結婚を意識した真面目な恋愛が可能)
  • 【ゼクシィが運営】ゼクシィ縁結び(ブライダル大手ブランドのため安心安全に利用可能)
  • 【yahoo!が運営】Yahoo!パートナー(女性は無料利用可能)

 

クラブナンパを初めてしてみた感想

今回行ったクラブ渋谷にある「アトム」というクラブです。

公式サイト:ATOM TOKYO

 

ボディチェック・入店

会場前からやたら混雑していました。どうやら「アトム」は渋谷の中でもかなり人気の高いクラブのようで、お酒や音楽や踊りを楽しみたい人はもちろん、出会い目的やナンパ目的の人も多数いるようです。(ナンパ箱として有名だとかどうとか)

入口前では屈強な兄ちゃんがボディチェックを行っています。ここ数年クラブ内でのトラブルが深刻なためチェックが厳しいらしい。

 

時間帯や曜日によって値段が変わるのですが、このとき僕たち男は1,500円払って入場しました。(ちなみに女子は1,000円で2ドリンク)

まあこういうお店って女性にたくさん入ってほしいから女性の方がお得なのは当たり前ですね・・・・

 

場内は可愛い女の子がいっぱい

正直派手なブスしかいないだろ、と思っていた私でありますが全然そんなことはなく、清楚系の女子大生風からギャルみたいな子まで素敵な女子がたくさんいました。

 

ナンパ師もたくさんいる

とは言えナンパ師(っぽような人)もたくさんいます。ナンパだけが目的じゃないにしろ明らかにモテそうな爽やかなメンズが沢山いて、素直に敗北感が漂っています。

 

女の子をナンパしてみる

とは言えイケてるメンズならここにもいる。(と大見えを張ってみる)というかナンパ慣れしているイケている友達もいるから大丈夫だろうと思った。

案の定イケている友人がナチュラルに2人組の女の子の間に入って楽しそうにトークをしている。そこに便乗するかのように入り込むケント氏。

なんとかそれっぽくトークをしつつ女の子がドリンクを切らしていることを友達が気づき「なんか買ってこようか?」と気配りイケメンぶりを披露。

ただ飲み物を買ってきて戻ったら「私たちもう行くね」とツレの男達と合流してしまいました。「ドリンクまで奢ったのに騙された!!!」と心の中でひがんでいます。←器が小さい

まあクラブナンパではこういうのはよくあるそうです。むしろツレの男ともめなくて良かった・・・・

 

友達は連絡先をゲット

その後友人はなんなく女の子の連絡先を聞いていました。さすがイケメンで手練れとあっては連絡先の入手くらい楽勝の模様。

そして僕はと言うと、緊張で声を掛けれらない上にクラブという慣れない場所に戸惑っていました。

 

耳鳴りが酷くて帰りたくなる

普段クラブなんて行かずに家で引きこもってガンプラとかを作っているオタクからすると場違い感が半端ないんです。

踊ったらぎこちなくなるし、流れる洋楽は聞き覚えがないから雑音にしか聞こえない。しかも音がデカすぎて耳が痛い。

実は上述のナンパ中も音がうるさ過ぎて女の子の言っていることが半分くらいしか聞き取れなかったんです。

とにかくこの場違いな感じに耐えられず、「俺は帰る」と言ってしまいクラブナンパを断念することになりました。

なにも面白みのない体験談で不徳の致す限りですが、現実はこんなものです。むしろ行動したジブンを褒めてください。←自分に甘い。

 

クラブで良質な出会いを作るための方法

クラブナンパが得意な友人、ナンパなどでお馴染みの「僕は愛を証明しようと思う」のテクニックからいくつか紹介したいと思います。

主に男性向けの内容になります。

 

清潔感が大事

言うまでもないですが基本中の基本で、モテる友人も上記の書物も同じことを言っていました。人は見た目が99%と言われている通り、ほんの数秒の第一印象だけで「生理的に無理」とふるいに掛けられてしまうのです。

そのため見た目の清潔感はもちろんのこと、体臭・口臭ケア、寝癖が出来ていないか、鼻毛が出てないか、食べカスが付いていないか、爪は長くないか、などなど細部まで気を付ける必要があります。(女性は男性よりも細かくチェックします)

ただ、かなり気を使っているのに見向きもされなかったというのは仕方がないことなのでそこは気落ちしなくても大丈夫。

 

1人客の女性や明らかにクラブに不慣れな女性を狙う

クラブに慣れている女性はナンパも受け慣れているし、いやな目にも合っていることからガードが厳しいです。

対照的に一人でオロオロしているような明らかに不慣れな女性は、「大丈夫困っていない?」「友達一緒に探して上げようか?」と声を掛けてあげることで良い関係に発展しやすいとのことです。(何だかんだ助けられるという行為に弱いようです)

 

露出の高い女性はワンナイトを狙いやすい

また露出度が高い女性は、性欲が強いのかズボらなのか不明ですが、ワンナイト目的には最適らしいです。

ただしそのような女性は狙っているライバル(ナンパ師)も多いので早めに見つけて声を掛けないと取られてしまいます。

 

そもそもワンナイトの成功率は高くない

「クラブでナンパしたらヤレた」みたいな武勇伝を風潮する人がいるため、ワンナイトが成功しやすいと夢を見ている人も多いですが現実はかなり難しいです。
(上記で紹介した書籍でもワンナイトばかり決めまくったのでその部分はフィクション臭いと感じました)

女性は男性と違ってすぐに誰とでも行為に及べるというワケではなく、品定めをしっかりする生き物です。メスに求愛する複数のオス動物なんかが良い例です。

また「付き合う前にことに及ぶこと」「セフレ関係になる」ことは喜ばしいことではなく、軽い女と見られることを良しとしない女性が多いです。

そのため成功率は低く、ナンパ師でも基本的には連絡先を聞いてみんなで別のお店で飲み明かして、後日本格的に口説くというのが一般的だと聞きました。むやみやたらにお持ち帰りを狙うのはおすすめできません。

 

男女ともにクラブでの出会いに期待するのはかなり難しい

正直な感想を言うと、出会いに期待してクラブに行くのは個人的におすすめしません。理由は以下の通り。

 

洋楽や踊りなどが好きじゃないと居ること自体が厳しい

そもそもクラブというのは出会いを期待するためだけの場所じゃありません。ノリの良い音楽を聞きながら、踊りながら、お酒を飲む場所です。

そのため普段から音楽が好き・踊りが好き、という人じゃないと居ること自体が割と苦痛です。

「音楽も踊りも良く分からないけど取りあえず出会えそうだからクラブに行く」というのではなく、「女の子と出会うためにクラブに行く、元々音楽も踊りも好きだし」というスタンスの人でないと厳しいです。

 

初対面の人をナンパすること自体がハードルが高い

クラブでナンパというか友達に便乗して声かけして思ったのですが、全く面識のない女性に声を掛けるのはかなり緊張するというか勇気がいります。

正直「女性との出会い方がわかない」と嘆いてるような僕のような人間にはかなりハードルが高いと言えます。

婚活パーティーとかだと相手も「恋人がいない」「恋愛への関心が高い」というのが分かるのでまだイケるのですが、素性も人柄も全く分からない状態で声を掛けるというのはナンパ慣れしてないと足がブルブル震えるくらい厳しいです。

 

ヤリモクの男性が多い

良質な出会いをさがすのであれば、女性におすすめするのも厳しいです。

というのもクラブで声を掛ける男性の大半は、「クラブで知り合って女性とちゃんとした交際がしたい」という人よりも「このままお持ち帰りしてヤリ捨ててえ」という男性の方が圧倒的に多いです。

「ちゃんとお付き合いした人としかそういう関係になりたくない」という人は、クラブでナンパされた男性にホイホイついていかない方が良いです。

 

真面目系の彼女が欲しい人もおすすめできない

また男性においても「真面目な彼女を作る」というのにおすすめできないというのが所感です。

もちろんクラブに行く人が全員不真面目かというとそういうわけではありませんが、定期的に夜遅くナンパ師が多い場所に出歩く人が真面目かどうかと言われると少し難しいです。

実際にクラブに行ってみると、派手なメイクで露出が高い女の子が多く、お花畑でワンピースを着て麦わら帽子をかぶっているような清純派に巡り合うのは難しいかもしれません。(↓完全に僕の趣味である)

 

【結論】クラブで出会いを期待するのは難しい

結論を言うと、「クラブって出会えるの?」って考えている人や、普段から女性との設定がないと嘆いている人に、クラブで出会うのは難しいという話でした。

クラブは男女の思惑がひしめいている狩場で、恋愛温室育ちの草食系には向いていません。(というか行き慣れていないとクラブそのものが苦痛)

 

「ナンパは苦手」「健全な恋愛がしたい」けど出会いを探している人には恋活アプリがおすすめです。

実際クラブナンパがこの様だった自分も恋活アプリの「pairs(ペアーズ)」では上手い事彼女ができました。

 

恋活アプリでは

  • 検索やコミュニティ機能で自分の好みに合う異性を探すことができる
  • 仕事の休憩時間や休みの日など空いた時間に利用することができる
  • 運営が24時間365日体制で監視をしているので、怪しい勧誘などを排除している
  • 月額料金が合コンやクラブよりも安い値段で使い倒せるのでコスパが良い(女性は無料が多い)

という特徴があるので、出会いやすさ・自分の趣味が合う人の見つけやすさ・費用対効果も良い、ので是非試してみることをおすすめします。

 

実際に使ってみたおすすめ恋活アプリの比較記事も書いているので合わせてどうぞ。

当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-出会い方, クラブ

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.