社会人は出会いがないのでいろいろ頑張って2ヶ月で彼女を作った話

投稿日:2016年8月31日 更新日:

やあ諸君!恋愛コラムを書いているケントだ!

今日はみんなにとっておきのことを教えてあげるぞ!!

 

社会人になるとマジで出会いないぞ!!

本当にびっくりするくらい出会いがない。

 

学生時代に恋人がいた人なら依然としてこのモテないギャップに驚くことでしょう。僕は学生時代もあんまりモテなかったけど、社会人になってモテる・モテない以前に出会いがなさ過ぎてビックリした。

 

そこでこのページでは、「彼女欲しい」欲がMAXだったときの僕が巷に蔓延っている出会いの方法について体当たりで全て試して、最終的にオタク話ができる彼女をGETするまでの奮闘記を書きましたので紹介したいと思います。

僕自身が合コンやイベントなどのツテがなかったので、一人でもできるものをピックアップしましたので是非参考にしてほしいと思います。

 

「出会いない」という人は多い

学生時代も同性の友達とばかり遊んでいたので、あまり出会いがある方ではありませんでした。

ですが社会人になってからはさらに出会いがなくなるとはそのとき知るよしもありませんでした。

 

ただこの出会いがないというのが自分だけの感想なのかもしれないと思ったので、友人や職場関係の人のべ80人前後にパートナーがいるか調べてみました。

男性の調査人数 そのうち彼女がいる人 女性の調査人数 そのうち彼氏がいる人
大学関係(サークルゼミなど) 20人 2人 10人 7人
仕事繋がり 10人 2人 5人 2人
職場の(元)同僚 30人 5人 7人 2人

学生時代の知り合い、仕事経由で交流のある人、職場の同僚を対象に調査しました。(調査と言うと少し大げさかも・・・・

男性が8割超独り身、女性が5割近く独り身、という結果になりました。

 

またマイナビウーマンが300名に調査した情報によると約6割が「社会人になってから出会いがない」と感じているという結果が出ています。

さらに結婚情報雑誌「ゼクシィ」を運営しているリクルート調査・研究機関であるブライダル総研が20代~40代の未婚男女に「出会いがあるか?」と来たアンケートでも「約55%の男女が出会いがない」と回答をしています。

 

20代~40代の未婚の男女2,478人に、“異性との出会いがあるか”を聞いたところ、男性では「出会いがある」が16.6%、「出会いがない」が55.7%でした(「どちらとも言えない」は男性27.8%)。

一方、女性は「出会いがある」が19.7%、「出会いがない」57.6%でした(「どちらとも言えない」は女性22.7%) 。男女ともに過半数が「異性との出会いがない」と思っているようです。

引用:未婚者の過半数が「異性との出会いがない」。

 

さて、なぜ出会いがないのか自分なりに分析してみました。

 

社会人に出会いがない理由

職場は出会いがない

僕が新卒で入った会社は女子の数が少なかったです。(まあたぶんどこの会社も学校とかの組織と違って男女比が1:1っていうことは中々ないですよね)

僕が入社したところは同期の男性が30人に対して女子が4人しかおらず、そうなってくるとただでさえ少ない女子の中でさらに自分の好みの子を見つけるっていうのは中々大変。

 

そして自分が興味を持つような魅力的な女性には、同じ大学のゼミやサークルで知り合った彼氏がいる。

いやー俺見る目あるわーやっぱりその人が魅力的な物件ってわかっちゃったわー・・・・・・

↑こんな感じの表情になりました。そうして今年度の同期に気になる子はいないなって同期恋愛に見切りをつけました。

同期がだめなら先輩や後輩に興味を示すのもありなのですが、そういう人たちも大体学生時代からの恋人がいるか同期間で付き合ってるってオチが待っているわけです。

 

ちなみに僕の同期は内定式のタイミングで仲良くなって入社日の前にはすでに交際をスタートしたっていうロールキャベツ系男子っていう例外パターンがいました。

しかし、そのロールキャベツ系男子のカップルを見ていると「大変そうだな」と思うことが、社内恋愛をすると周りにイジられることです。

 

同期や先輩と飲み会に行くたびに、いろいろ聞かれていて大変だなとも思いましたし、もし別れたらお互い気まずいよなぁって思いました。

「同僚は大体学生時代から付き合っている恋人がいる」「付き合えても社内恋愛は大変だな」という感じで職場の出会いは期待できなくなりました。

 

決まった行動パターンしかしない

社会人をしていると仕事に囚われて中々新しいことをする気力ってないですよね?僕も決まったメンバーとしか食事しませんでした。

類は友を呼ぶという言葉があるとおり、僕に出会いがなく恋人もいなければそのメンバーの大多数も浮いた話がないはずです。

 

そのため

  • 「合コンを開いてくれ」
  • 「女の子紹介して」

とか頼める相手がいません。

 

出会い方が分からない

いつもと違う行動パターンをしなきゃいけないと言っても出会いに直結する行動パターンって分からないですよね。

というか今にして思えば学生時代の恋愛ってイージーモードだった気がします。中高生の時はクラスメイトや部活などで出会いがありました。

ですが大学生・社会人になると自ら出会いを探しに行かなければ、出会いの総数は非常に少なくなってしまいます。

 

またほとんどの職場って同性が圧倒的に多いため出会いが少なく、たまにいる数少ない異性は上記のように既に恋人がいる。

完全に出会い方が分からないという状態に陥っていました。

 

「時間がない」と言い訳してしまっている

  • いつもの決まったメンバーと一緒にいる
  • 休日は家から出ない

と明らかに何もしていないのに、出会いがないことを「仕事が忙しい」で言い訳してしまっていませんか?(まあ僕の事なのですが・・・

 

  • 仕事が立て込んでいる
  • 仕事が無い日くらいゆっくりしたい
  • ソシャゲの周回がある

など気持ちは痛いほど分かりますが、出会いを増やすためにはいつもと違う場所や環境に踏み込まなければなりません。

 

出会いのない社会人が恋人を作る場所とは?

少なくとも出会いがなければ頑張らないといけないというのは分かりました。ではどうしたらよいのでしょう?

 

上記と同じくマイナビウーマンによるアンケート結果なのですが、彼氏がいる女性は以下の場所で男性と出会ったようです。

  1. 友だちの紹介……27.5%
  2. 職場……20.6%
  3. 合コン・街コン……12.0%
  4. サークル……10.3%
  5. 趣味・習い事……5.1%

僕からしたら「本当かよ?」と思うようなアンケートでした。というのも友達はみんな類友ということで紹介なんてものは期待できないし、現に職場上記の理由から全く出会いがないですし・・・・

まあとは言っても「彼女が欲しい」良くがMAXだったのでどうにかして出会えないかと思い体当たりの日々が始まります。

 

 

異性との出会いを増やそうと頑張った話

巷で言われている、「異性との出会いの増やし方」「社会人が彼女を作るための方法」を片っ端から実践しました。

※最初に断っておきますがうまくいかなかったと言っても、僕がうまくいかなかった・相性がよくなかっただけで必ずしも悪いというわけではないです

 

異業種交流会

いわゆる異業種交流会と呼べばよいのでしょうか?いろんな業界で働く人たちと集まって飲むことが何回かあったのですが、結論から言うと失敗と言わざるを得ない感じでした。

 

異業種交流会に行く人って大体理想が高いんですよね。

  • 高学歴
  • イケメン
  • 高収入

みたいな条件を満たしてないといけない。

 

まあ無理ですよね。

マレに仲良くなってLINEしたり、直接飲みに行ったりする子もいるのですが、そういう子の場合、マルチの勧誘ってこともしばしば・・・・

 ※「パーティ」「師匠(メンター)」「セミナー」などのワードが出てたら警戒してください(体験談)

 

友人の結婚式

友人の結婚式に参加したら、「幸せのおすそ分けをしてもらいました」みたいな感じで交際に発展するとかいう話を聞きますけど、まったく出会えない!

 

そもそも披露宴に参加しても、「新郎の中学校の友人グループ」「新婦の職場の同僚グループ」みたいな感じで元々の知り合い同士でテーブルに座って、移動もその集団でするため、他の初対面のグループの人に話しかけること自体が難しい。

 

ちなみに友人の結婚式自体は良かったです。少しうるっとしました。

 

出会いバー(ナンパ)

僕はHUBくらいにしか行ったことないのですが、バーで出会いを求めている人もいて銀座にはナンパしたい人・されたい人が集う「コリドー街」というストリートがあります。

駄目な理由として、オープンにナンパをしていいという口実があるため、ストリートでナンパをすることができない男性がウヨウヨしてて、女の子に対して男性の比率が多くて声を掛けれないということが多々あるそうです。

 

またナンパって相当コミュ力が高くないとできないことなので、そういう人とらと競り合うのはかなり根気が必要なることからあまりオススメができません。

 

一回仕事関係で知り合った人がナンパが趣味だということを聞いて興味半分で付いて行ったことがあります。

いざ声を掛けては見てみたら鬼の形相で睨まれながらシカトされて心が折れたことがあります。

 

ナンパ界隈では断られるのは当たり前とにかく当たって砕けろということらしいのですが、恋人の1人もいないオタクにはハードルが高過ぎました。

 

クラブナンパ

ナンパと言えば自分ではクラブナンパはしました。というか連れていかれました。

普段休日は言えに引きこもるオタクとしては、クラブというのは実に辛い場所でした。

  • 聞いたことのない洋楽
  • うるさい音楽
  • ウェイ系のチャラチャラした男女
  • 人が多すぎて歩くのもままならない

出会い目的でナンパするのは良くないです。元々音楽やダンスが好きでついでに出会いたいなら良いのですが、全く興味がない人が出会い目的だけで行くと苦痛以外の何物でもない、というのがハッキリわかりました。

合コン

冒頭で「合コンなどの誘いがない」というお話をしましたが、1件だけありました。

友達がライブに行ったときにたまたま意気投合した人と主催したイベントです。

 

既に察しているかもしれませんがまったくうまくいきませんでした。

  • 歳があまりにも離れている(相手が年上)
  • 結婚を焦っているのかめちゃくちゃガッツかれた
  • 元々多めに出す予定だったけど女性側から当たり前のように「女の子は3000円で、男は5000円ね」と切り出されて萎えた

というのが理由です。

 

一番人気の可愛い子は、大手食品メーカーに勤務しているイケメンに取られました・・・・・・・

ちなみに、リクルートブライダル総研の調査によると、合コンで気になる異性に出会える確率はわずか4-6%程度だそうです。

凄い単純な理論で言うと100回合コンしたら1回ヒットするという感じです。

 

そりゃ難しいなと思い知らされました。

 

出会い系サイト

当ブログは子供にも優しい、健全に恋活・婚活をするブログなので明言を避けますが、有名どころではなくちょっと怪しいやつに課金しました。

ちなみに2000円くらい課金しました。

 

だって課金しないとメッセ送れないし相手のプロフ見れないんすもん!!

 

でもすごいのね。

プロフ画像見るとみんな可愛いの!!しかもめっちゃ声かけてくれる!!「いいね」がめっちゃ付くの。日常の僕なんて職場の女性から「よくないね」の評価しか貰えなかったからすごく嬉しい!

 

そうやって何人かの女の子とお金を使ってメッセのやりとりをしているとのね、「そろそろ仲良くなってきたことですし今度会いませんか?」ってメッセージが飛んできました。

やったぜ

 

その瞬間、勝ったなと思いました。

友達にも「いやー俺だけ可愛い彼女出来て幸せになってゴメンネ」って思っちゃいました。

そう思いながらメッセージを見ると長い続きがあります。

 

読み進めていくと「やっぱり長くお付き合いするには体の相性が必要だと思うの。でまずはホ別2万円でお互いの相性を確かめましょう!」と書いてありました。

 

「偉いスケベな子だなグフフ」とか思いながら、「ホ別2万ってなんだろう?」と思い人類の英知Google様に尋ねに行くと、ホテル代別2万円って意味なのを知りました。

 

完全に援助交際です。どうもありがとうございました。

画像のように思わず天井を見上げてボッーとしてしまいました。

 

ちなみにその子以外のコンタクトをくれた女の子も、最終的には同じ文言ばかりで課金したポイントがなくなると同時に退会しました。

グーグルさんに『出会い』について聞いたらそれなら出会えるとか書いてあるし、ラッピングカーとかでも『○○なら出会える』って言ってましたやん!!なんなんすかホンマ!!!

 

後々知ったのですが、出会い系サイトの主目的は

  • 援助交際
  • パパ活
  • セ●レ探し

などアングラな要素が多いそうです。

 

出会い系サイトで知り合ったのがきっかけで健全な恋人関係になって結婚したという人もいるので全てが悪質というわけではありませんが、そう言ったユーザーが多くいるというのも事実であります。

 

相席居酒屋

これは僕の話ではなく、一緒に「クリスマスまでに彼女作ろうね」と話してた友人二郎くんの話です。

彼は僕の失敗話を参考に別パターンで出会いを探していました。

 

彼は相席屋居酒屋で出会いを探そうとしていました。

 

相席屋居酒屋と言えばご存知の人も多いかと思いますが、初対面の男女が居酒屋を介して一緒に飲むと言ったコンセプトのお店です。

飲み代の相場は男性が30分1500円、女性は無料で飲食可能といった感じです。

 

二郎くんはこの価格と酒の勢いに任せて喋れそうというのに着目して、利用してみたそうです。

 

まあお察しの通り失敗しました。理由は簡単で相席屋に来る女の子って基本的にただ飯目当てなんですよね。

だから男の誘いに全く乗る気がなくて、二郎君は「連絡先を教えてよ」って来たら「うちらそういうのはお断りなんだよね」って言われたらしいです。

「そういうのはお断りってなんだよ、相席屋の趣旨を理解しろよクソども」と二郎君は憤慨していました。

 

オタク婚活パーティーに参加

出会い系が駄目でテンションがダダ下がりしたときにたまたま見つけました。いわゆるオタクに特化した婚活パーティーです。

簡単に流れを説明すると

プロフィールを記入して

参加メンバーと回転ずし形式でい移動しながら話して

その中で気になる人がいたら投票

両想いならカップル成立!あとは好きにお茶でもしてきね(キャピ

的なやつです。これに行きました。

行ってみるとさすが恋活・婚活をするだけあってみんな身なりに気を使っているなーという感じでした。

 

その回は男女ともに13人(男が少し多かったかも)にいました。なので13人と会話することになります。

1人あたり3分くらいの時間を掛けて移動しながら話していきます。

 

13人と話終えたところでぐったりとしました。

 

気になる異性に3人まで投票して休憩時間に入ります。休憩中は異性と話すのは禁止で男性メンツと好きに食べていいおでんを頂きながら世間話をしていました。

男性の中に、結構な高スペック男がいましてこりゃ自分は分不相応かなーとか考えていました。

 

で休憩時間が終わると運営スタッフから1枚のカードを渡されます。中をのぞいてみると今日のあなたのランキングが返ってきました。

 

まあビリじゃなければいいなあ~と思いながら恐る恐る紙を見たら

13人中3位でした(ドヤッ!!

マジでトイレの個室に入って↑のような感じでガッツポーズをしてしまいました。なんと5人の女性に興味を持ってもらえたようです。

「まあ俺の魅力を持ってしたらこれくらいは容易いな~」みたいな感じで気分がよくなっていました。
ちなみに誰が投票したかも見れるのでこれで両想いかどうかも測れます。

 

後半戦は気になった人に話しかける「フリータイム」になります。

  • 前半で沢山話して仲良くなれた子
  • 逆に気にはなったけどあまり話せなかった子

など好きなように選んで話すことができます。

 

なので5人の中で特に話が合う人にアプローチをしに行くことにしました。無事に後半戦を消化し、最終投票で3人に投票することができます。

もちろん最初に自分を選んでくれた5人の中から好みの子を選び、あわよくばカップル成立を狙うことにしました。(ちなみに重複でカップルが成立することはないようです。)

 

無事にCanCam系のゆるふわ女子とカップルを成立させドヤ顔で退出することに成功!!


※画像はイメージです

近くの喫茶店で1時間くらい軽く話して、LINEを聞き出して次に会う約束を取り付けてその日は解散しました。

 

 

有頂天になりながらLINEを続けていたある日、ゆるふわ女子から衝撃の一言が

『実は同時期に別の街コンをしていてそこで仲良くなった人と付き合うことになりました。ケントさんも素敵なひとなんですがこっちのがたまたま先の出会いだったのでごめんなさい』

 

ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

 

いやちょっと待てや!こっちはほかにも好意を寄せてる女が沢山いたんだぞ!それを踏まえた上でお前を選んだんだぞ!そもそも参加費が男の方が高いだぞふざけんな!!

とは言えず
『そうなんですか!それはおめでとうございます!まあ僕のことは気にしないでその人と仲良くなってください、勝手ながら応援しています。仲良くしてくれてありがとう。』

みたいな大人の対応をして、そっとLINEを閉じました。

 

2回目の婚活パーティー


それでも前回3位のモテ男(自称)の僕は、「今回はたまたまで次はうまくいくだろ」と味を占めた僕は2回目に行くのですが順位発表を見て驚愕します。

『おかしい前回3位だったのに今回9位タイなんですけどおおおお!!(15人中)』

 

「えっ!なに前回のビギナーズラックなの!?5000円払ってお茶飲んでるだけなんですけどおおおおお!!!」

当然ながら女性に指名されることもなく終るのでした。多分俺このイベント不向きだわ!!

 

ここまでのまとめ

  • 異業種交流会とかは変な勧誘をされる
  • 結婚式出会えないじゃないか
  • やたら積極的(エロ)で釣ってくる女子は避けた方がいい
  • 女子が料金タダ+図書券に対して男が5000円の婚活パーティーは暴利(もっと言うとタダだからとりあえず来てるみたいな女子がチラホラいる)

 

正直、これだけ試してダメだと「もうこのまま会社と家を往復して休みの日にアニメだけ見てればいいや」という気持ちにもなりました。

ですが日々の仕事のストレスを癒してくれる恋人が欲しい、という気持ちでもう少しだけ頑張ることにしました。

 

彼女が欲しい社会人が報われた話

ここまで、

  • 異業種交流会
  • 友人の結婚式
  • 出会いバー
  • 合コン
  • 出会い系サイト
  • オタク向け婚活パーティー(一応カップリングをした)

で手痛い失敗を重ねてきました。

 

上で5つのパターンで失敗したのでない頭を絞っていろいろ考えました。

  • 登録が簡単な出会い系やイベントで探すと変な人や業者ばかりだ
  • 交流会や趣味サークルは恋愛目的でない人もたくさんいるから出会いのクオリティは良くない
  • 趣味やノリ、考え方が合う異性とだとそこそこ話が進むし仲良くなりやすい
  • 女性がノーリスク(費用が発生しない)みたいなイベントは冷やかしやただ飯目当てもいる
  • そもそも出会いの数が足りていない(婚活パーティーの場合最大でもカップルになった1人の子としか連絡先を交換できない)

 

これのことを考えると、「恋愛したいという意欲」が高い人たちが集まっていて、かつ複数の人と連絡先を交換できる可能性があるもので、さらに冷やかしがいない真剣なイベント・サービスを探そうと思いました。

恋活でうまくいかない時に急に歯が痛くなって歯医者に行った際に、女性ファッション誌をパラパラめくっているときにあるものが目に触れました。

当然女性誌には恋愛特集の中に、「人気恋活方法10選!素敵な彼氏ができるのはコレだ!」というコラムがあり街コンと恋活アプリがプッシュされていていました。僕は「あっ、これだ!」と思いました。

 

その後は、なんだかんだで婚活パーティーにも参加しつつ、街コンと複数の恋活アプリを併用して「意地でもクリスマスは可愛い彼女と一緒に過ごすんだ」と必死でした。

そして最終的に恋活アプリのPairs経由で趣味が合う女の子と出会うことができました。とにかくあの時は、忙しい時間の合間を縫って出会いを探すために奮闘していました。

仕事のメールや電話対応・資料作成などをこなしながら、複数の恋活アプリを駆使している時の自分は本当に輝いていました。(ちゃんと仕事しろよと言われそう)

 

恋活アプリの良いところは

  • 仕事や休みの間に恋人探しができる
  • プロフィール欄や趣味コミュニティの機能で、自分に合った人を探せるし、ナンパとかに比べると人となりが伝わりやすい

と言ったところです。

 

で、Pairsですが日本国内で一番登録者数が多い恋活アプリで、恋活アプリで2012年のリリース以来2700万組のカップルが成立しているということで出会える桁がものすごくおおいです。

 

女性は無料で、男性は月額課金が必要になるのですが、1回の婚活パーティーより月額利用料が安くて驚きました。

割引タイミングや複数付き割引などでバラ付きがあるのですが大体月3,000円前後でいくらでも利用し放題なので、全くうまくいかなかった上にカップリングしても一人としか連絡先が交換できない婚活パーティーよりもコスパが良です。

 

 

※マッチングしたときのスクリーンショットを見せたいと思ったのですが、規約違反なのでとりえあずマッチングしたときのメール通知画面を晒しておきます。

 

基本的に街コンも恋活アプリも、自分と価値観の共有がしやすいような「アニメ・ゲーム」が好きそうな女の子とコンタクトを取るようにしていました。

いろいろやっていたので最終的に10人くらいの女の子と連絡先を交換してその中から5人ほど食事に行くことになり、その中で1番気になること横浜デートにいくことになりました。(その子にした決め手は好きなガンダム作品が同じだったからです)

 

ベタですが観覧車の中で告白しました。※画像はイメージです。

様々な出会いを模索するのに1ヶ月、その後出会って仲良くなった子と付き合うまでに1ヶ月の計2ヶ月掛かりました。

ここでは具体的なアドバイスは本件の趣旨からずれるので熱く語りませんが、初対面の人と仲良くなる秘訣は共通点を見つけることだと思います。

 

例えばプロフを見たときに仕事が同じような業種であったり、趣味が同じだったりすれば

  • 『へーー僕(私)と同じ仕事してるんだ~』
  • 『そのマンガ自分も読んでる』

って言うように話すと会話のネタも見つけやすいですし、親近感から一気に距離が縮まるのでおススメです。

 

恋活アプリの場合は、相手のプロフ欄や参加しているコミュニティからある程度読み取れるのでイージーです。

街コンとか婚活パーティーの場合は、話す前に「どんなことを書いたの~見せて~?」って言って半ば強引に相手のカードを見て、そこから共通点を探し出しました。(正直アドリブ力というのがある程度必要なため恋活アプリに比べたら難易度はあがります)

 

素敵な出会いを見つけるために必要なたった1つの事


もちろん最低限の身だしなみ、コミュニケーション力などの要素がありますが、結局必要なことはたった1つで「行動すること」に限ると思います。

やはり普段、会社と家の往復で時々、昔からの友達と会うだけだと新しい出会いは作れません。

 

今の環境で出会いがなければ普段とは違うところに行く必要があります。

新しい場所に行くという行動をしないで、いつも通りの生活をしているままでは出会いにはたどり着けません。

 

僕の場合は、いくつか並行している中でたまたま街コンで気になる人を見つけて、交際するになりました。

別に街コンや恋活アプリとかでなくても、料理教室とか社会人サークルでもなんでも良いと思います。

とにかく行動しましょう!

 

また、行動する上で大事なのは効率性です。

いくら出会う異性が増えたからと言って、恋人持ち(既婚者)や恋愛には興味がない人、とかでは意味がありません。

ちゃんと「恋愛にコミットできそうな出会い」を探す必要があります。

 

「どうせ俺(私)なんて出会いがないから恋人なんてできない」なんて悲観的にならないで下さい。

たまたまキッカケがなかっただけで、行動さえあればチャンスは広がります。

僕も出会いがないし、基本的にはモテない人間ですがイベントさサービスを使って出会うキッカケを見つけたので頑張れました。

 

大事なのは場数を踏むことだと思います。僕も場数を踏んだから多少なりとも女子と話せるようになりましたし、すごく緊張するけどデートができるようになりました。

 

限られた時間の中で沢山の行動を起こすとなれば、スキマの時間に利用可能なマッチングアプリは選択肢として全然ありだと思っています。

出会う可能性を最大限にしたいのであれば恋活アプリをしつつ、友達に紹介してもらう・街コンや合コンに参加したりとリアルでも機会を増やそうとするのが良いかと思います。

 

 

ちゃんとした出会いがある恋活アプリのススメ

僕自身が利用していたPairs以外にも、サイトの読者さんからのお問い合わせやネットの評判などから「これがよかった」「これのおかげで恋人できた」っていう評判の良かったものを紹介します。

  • 彼女・彼氏が欲しいけど、会社と自宅の往復で出会いの機会がない
  • 婚活パーティーや街コンに行っても、ハズレばかりでもう疲れた
  • 価値観が合わない男性と話すのはもう嫌だ
  • そんな方にこそ恋活アプリはおすすめです。

恋活マッチングアプリのメリットや特徴として

  • 月額利用料が街コンや合コンの1回よりも安い
  • 出会い系サイトよりも安心安全がちゃんとしている
  • 忙しい社会人でもお手軽に利用できる
  • 検索により自分の価値観に合う人を探すことができる

というのがあります。

恋活アプリでは、性格診断や利用者の検索・利用動向による機械学習などを通じて、自分と相性の良いタイプの異性を絞って探すことができます。そのためハズレを引く確率が非常に低いです。

気が合う異性と効率的にマッチングすることができるので、僕のように恋活疲れをすることなく、効果的に恋人候補と知り合いになることができます。

 

Q:時間や手間が掛かるのではないか?
A:恋活アプリはスマホ1台で気軽にやりとりできるので、休憩時間や寝る前の10分からOK.忙しい人でも気軽に恋愛ができます。

Q:お金はいくらかかるの?
A:Pairsとwithは女性が無料です。それ以外は男女共に有料になります。ただし登録は無料でマッチングするまでは無料でできるのでお試しが可能。また月額料金が3,000円なので婚活パーティーや合コンより安上がりなのも特徴です。

Q:登録作業が面倒ではないのか?
A:登録は5分前後でできます。ただ写真やプロフィールを作り込みたいのであればもう少し時間掛かります。でもその分異性に気に留めてもらえる確率も上がるので手抜きは禁物ですね。

出会い系サイトやアプリとの違い

よくマッチングアプリと言うと「出会い系サイトと同じじゃないか!」みたいに言われるのですが、全く違います。

出会い系サイトの場合、遊び目的であったり、勧誘や援助交際・パパ活目的で利用する人が多いです。そのため真面目な恋愛や婚活を求めている人には向いていないとされています。

 

またそのように敷居が下がってしまう理由としては、出会い系サイトの場合「ポイント制」であるため業者などが参入する敷居が低くなっているというのもあります。

ですが、マッチングアプリの場合、メッセージの交換などに月額課金が必要になることが多いため、業者からしてむると敷居が高く「真剣に恋愛や婚活がしたい」という人が多く残ります。

 

またマッチングアプリの場合は、世界的に有名なマッチドットコムや最大手のPairs、ゼクシィなど各社ブランドイメージがあるため、目視の運営をしているため怪しいユーザーは排除します。

それもあってユーザーは出会い系サイトよりも良いです。

 

マッチドットコム

Pairsと平行して利用していたのですが、Facebookをアカウントを所有していないのであればマッチドットコムがオススメです。

 

世界最大級の恋活・婚活サイトで、全世界中に24か国・1500万人の利用者を誇っています。

日本版でも、国内の157万名の会員を突破しています。

 

特徴は以下の通りです。

  • マッチングサイトではありますが、プロフィール審査は専門のスタッフが目視確認し、不誠実な表現や業者などを徹底して排除しているため、記事中のような記事中のような不誠実な利用を避けれます
  • ユーザーがサービスを使う程、好みの人とマッチングしやすくなる人工知能型マッチング技術搭載
  • 20年以上、サービス運営するマッチングサイトのパイオニア。世界24カ国で展開し、世界中で1500万人以上が利用していて、日本国内は200万名の会員を突破
  • アメリカでは約12%がインターネットを通じて結婚をし、その1/3はマッチドットコム経由

 

 

 

yahooパートナー

2006年から運営している婚活の老舗サイトです。

  • こちらも上記サイト同様、24時間365日体制で、お問い合わせや違反者の報告受け付け、悪質ユーザーを削除やログイン負荷にします。
  • 累計300万以上が登録、20万組以上がカップル成立しているyahooが運営する健全なサイト
  • 診断や様々な恋愛コラムがあなたの出会い・デート・恋活・婚活をサポート
  • 幸せ体験談にて20万組以上のカップルが誕生したYahoo!パートナーでは日々、カップル成立や結婚のうれしいご報告を見れます

 

 

with(ウィズ)

 

withはメンタリストDaiGo監修の新感覚マッチングアプリです。
  • グループ機能があるため、初対面同士でも共通の趣味・価値観で盛り上がることができます。
  • メンタリストDaiGoが監修をしており、性格診断テストを行うことができ、その診断テストの結果で気になる相手を紹介してもらうことができます。
  • 会員は7割が20代ですが、結婚したいという人も多数いるため恋活だけでなく婚活としても利用することができます

 

今なら1カ月無料キャンペーンを実施中

社会人で彼氏との出会いを探すならコレ

当サイトの女性読者のアンケートや、友達の恋活アプリヘビーユーザーの女子にインタビューをしました。

その結果、女子にオススメのアプリは以下の通りにになりました。

※もちろん男性向けに紹介したものを利用しても問題はありません。

 

選んだ理由としては、「安心安全性であること」と「ちゃんとした男性がいる率が高いもの」という観点でピックアップしています。

また一部無料で利用できるものもあります。

 

Pairs

女子の中で一番好評なアプリはPairsになります。

 

特徴は以下の通りです。

  • 国内最大級 450万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリです。
  • 2012年11月のリリースから位現在までで延べ「2,700万組」のマッチングが成立しています
  • 真剣にお付き合いする恋人を探している・結婚相手を探している人にオススメ
  • 出会い系サービスとは差別化をしているため安心安全です

 

 

ゼクシィ縁結び

CMでもおなじみ、結婚情報サービス「ゼクシィ」の婚活サービスです。

 

  • 事前の質問を元に価値観の合う相手を自動マッチング
  • マッチング後のデートを安心できるように、コンシェルジュが日時・場所を調節
  • 365日24時間運営が管理しているので安心・安全な利用を約束

と言った特徴があります。

 

 

Yahoo!パートナー

 

男性向けの方でも紹介しましたが、女性にも支持されいてるようです。

  • 老舗のサービスで累計300万人以上が登録している
  • 様々な恋愛コラムが用意されいてる
  • 独自の認証システムにより安心・安全を確保している

というところが要因になっています。

 

 

「恋活アプリの使い方が分からない」「それぞれの特徴が知りたい」という人は合わせてこちらの記事もご覧ください。



素敵な恋人ができるおすすめ恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

pairs3

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

マッチ・ドットコム

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋愛体験談, 恋活・婚活コラム

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.