オタサーの姫がサークルクラッシャーではなくものすごくいい子だった話

スポンサーリンク

いろいろ書き直したかったので2016年11月9日追記

この間たまたま友人と入ったファミレスで男子7人に対して女子1人で机を囲んでいる図を見ました。

女の子は身なりに気を使っている感じでしたが、男の子は垢ぬけていないというかどこかオタクのような感じだった。

そのときに大学時代の後輩のオタサーの姫(と誤解されがちな子)の姿がふと頭をよぎった。なのでその時のことについて触れたいと思います。

 よく言われるオタサーの姫とは違った

そもそもオタサーの姫とは

男性の割合が多い文化系サークル(オタクが集まるようなサークル)に存在する数少ない女性メンバー。サークル内では希少な存在であるため、圧倒的美女でなくともオタク男性メンバーに姫扱いされることから「姫」の名を冠している。

オタサーの姫がサークルクラッシャーとなることがあるが、ならないこともあるようであり、この二つは同義ではない。

オタサーの姫とは – はてなキーワード より引用

まあよく話されるオタサーの姫は自分のことを可愛いと誤解していると勘違いしているブスだとか、色恋沙汰で問題を起こしたりとか悪いイメージが付きまとうのだが、その子は違った。

普通に可愛い

まずその子は可愛かった。イメージで言うと最近の佐倉綾音さんに近い。(当社比)

↓こんな感じ

黒髪で控えめな感じでオタクが好きそうな感じなんですが、お目目パッチリで肌が白く、化粧もナチュラルだけどきちんとしている

パッと見は普通の女子大生に擬態している、そんな感じ(たぶんナイトプールには行っていないと信じたい

お姫様体質ではなくてむしろ女の子が大好きだった

よくオタサーの姫の話になると、敵対心からグループ内に別の女子が居ると嫌がるみたいな話があるが彼女場合は嫌がらなかった。

その子はむしろ大好物なようだった。

同期の女子や後輩の女子にいつもセクハラをしていた。

手をつないだり、抱きついたり、胸を揉んでいたりとにかく百合百合していた。(羨ましい

とにかくいい子だった

これもよくオタサーの姫あるあるみたいに語られている中に振る舞いが女王様みたいなことが書かれていることがあるが彼女はそんなことはなかった。

  • ぶりっ子
  • 『ふにゅー』などの擬音を言う
  • 鼻にかかる声で喋る
  • やたら甘えたりボディタッチをする
  • 女友達が少ない
  • か弱いアピール
  • 何かをしてもらって当たり前(お姫様マインド)

というオタクにありがちなものが一切なかった。

気立てがいいし、ちゃんとハキハキ喋るし(時々方言になるのがむしろ可愛い)、ぶりっ子はしない自然体でした。

絵がめっちゃくちゃうまくてかなりオタ知識も多くて腐ってました。

個人的にオタサーの姫問題は男が原因なのではと思った

とにかくモテる

そんなわけで姫はとにかくモテました。いつも男子たちが彼女と一緒に行動しようとしています。

僕がご飯食べに行こうと誘うと3人くらいしか来ないのに、その3人の中に姫が居ることを知った途端、急に人数が増えたことは覚えています。←悲しい現実

それくらいその子の存在は大きかった。

でも少なくとも僕が在学中に姫に彼氏ができることはありませんでした。

なぜなら姫に告白する人は1人くらいしかいなかったから。

僕も含めオタク男子は基本的に受け身なのである。だから口説いたりはしない。振られるのが怖い、自分から告るのは恥ずかしいと思うのかもしれない。

あっちが声を掛けたら付き合おうという待ちの姿勢がほとんどである。

女の子から告白してくることなんてほとんどないのが実際のため恋仲になることはなかった。

言葉にはしないものの好きなためなのか、いつもまとわりついている姫を囲って一緒にオタ話したりゲームをしたりしようとする。

冒頭で話した女子1人を囲うよくある図は「告るほどの勇気はないけどその子と一緒に居たい」という気持ちの現れなのかなーって勝手に思いました。

僕的には、いろんな葛藤やスケベ心が想像できてしまうからあの女の子を囲む構図が苦手なのかもしれない・・・・

かと言って告白すればよいものではない

その中で1人だけデートに誘って告白までした猛者がいました。

結論から言うと彼は振られました。

『すごくいい人だけどただの遊び仲間としてしか見れない』

というお決まりの台詞を言われて振られたそうです。

これは当たり障りのない答えを言っているだけで本質はほかにあるのかなーって気がします。

勝手に振られた彼をプロファイリングしてみたところ大きく分けて2つ原因があると思った。

見た目

彼の身なりはお腹周りが太っていて全体的に老けているオッサンみたいな感じだった。

一応告白した彼も僕の後輩であったためちょくちょく相談を受けていました。

僕以外の相談者も共通の見解であったが、「まずは痩せてお洒落をしろ」というという見解でした。

でも彼は聞くことはなかった。「彼女はそういうところを見ない子である」と自分に都合のよい解釈をしていた。

女の子の言う見た目を気にしないっていうのは「(清潔感があって垢ぬけていれば)見た目の気にしない」って言うことであるのにも関わらず、彼は言葉の表面的な部分しか見ていなかったのでしょうね。

まあ普通は「私、めっちゃくちゃ面食いなんですよ」なんて言わないですよねー!!!

ここ一番のチャンスを毎回逃していた

何故かその彼はここ一番の機会を毎回逃していた。

例えば飲み会やご飯行く機会では僕も含め何人かが気を使って、姫と彼を隣に座れるようにとか二人っきりになれるように手を尽くしました。

でも彼はそれを察してくれず、違う人と話したりしてしまう。

また身なりにステータスを全く振らないのにも関わらず、何とかデートにこぎつけて好感度を上げることに成功したのに、次のデートは約1年後。(少し興味あってもそんなに期間空いたら冷めるわ・・・

鉄は熱いうちに打ては恋愛にも当てはまると思っており、仲良くなって1か月以内の告白が望ましいという理論を割と信じているので、これはだめだと思いました。

本筋からだいぶそれましたがこの辺が告白したのにも関わらず付き合えなかった理由だったんじゃないかなと思います。(小学生並の分析力

オタクコミュニティ内でフラれるとどうなるのか?

オタクコミュニティ内でフラれるとひどいものだなと傍から見ていて感じました。

※ここでのオタクコミュニティは僕が居たコミュニティであって世の中のすべてがというわけではないです。

いじられない

いや失恋なんていじられない方がいいに決まってるじゃないですか?とあなたは思うかもしれない。

まあその通りで、理想は誰も振られたことに気付かない、気付いても触れないことである。

でも実際少数コミュニティ内で誰も気付かないことなんてありえない。

みんな気付いてしまったら、直接いじってもらえた方が美味しいし変な気を使われなくて済む。

だけど僕が居たコミュニティは表立ってはいじられませんが、

陰でボロクソに馬鹿にされます。

正直自分からしたら振られても告っただけすごいと思うし、何もしないでただ姫を囲っているだけの雑魚が偉そうなこと言えるのかという印象でした。

陰口言うやつに対して
「でも告白するのは勇気があってすごいことだよね」

と僕なりに彼のことをフォローしました。

と言ってもそんなことは奴らに通じず、ただ振られたって結論の部分だけを面白がっていました。

僕の居るコミュニティはこういう陰湿さがあって、行動した結果駄目だった者を陰で笑うようなしょうもないコミュニティなんだなと思いました。

そうやって振られた彼にとって居づらい感じになって姫を囲むテーブルからは姿を消すようになってしまいました。

でもその振った姫はやはりものすごくいい子で、周知の事実と化しているのにも関わらず、頑なに振ったことについて口からは割りませんでした。

そして振ったことについてものすごく負い目を感じていました。(どんだけいいやつなんだよ

何となく過去を思い出したから書いただけなのでオチはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク