オタサーの姫がサークルクラッシャーではなくものすごくいい子だった話



この間たまたま友人と入ったファミレスで男子7人に対して女子1人で机を囲んでいる図を見ました。

女の子は身なりに気を使っている可愛らしい感じなのですが、男の子は垢ぬけていないというかどこかオタクのような感じだった。

 

そのときに大学時代の後輩のオタサーの姫(と誤解されがちな子)の姿がふと頭をよぎった。

なのでその時のことについて触れたいと思います。

オタサーの姫ってどんな意味なの?

 

オタサーの姫とは

男性の割合が多い文化系サークル(オタクが集まるようなサークル)に存在する数少ない女性メンバー。

サークル内では希少な存在であるため、圧倒的美女でなくともオタク男性メンバーに姫扱いされることから「姫」の名を冠している。

 

オタサーの姫がサークルクラッシャーとなることがあるが、ならないこともあるようであり、この二つは同義ではない。

オタサーの姫とは – はてなキーワード より引用

ひとことで言うのであれば紅一点という存在でしょうか・・・

 

紅一点と言っても戦隊のピンクみたいなチームに良い影響を及ぼす感じなら良いのですが、基本的にオタサーの姫と呼ばれる場合は悪い話になります。

姫を囲う男たちで揉めてたり、姫自身も自分がモテる・チヤホヤされていると思い込んで天狗になっている等

 

ただこれから話す後輩の女の子自身は、「自分がモテる」「チヤホヤさている」みたいな天狗という感じはなく純粋に良い子でした。

 

そのオタサーの姫の特徴

世間のオタサーの姫の特徴と後輩の子の比較をしてみたいと思います。

 

オタサーの姫はブスなのか問題

オタサーの姫はブスみたいな論調で話されることは結構ありますがその子は可愛かったです。

垢ぬけた今風のオシャレさんという感じではないのですが、黒髪で控えめファッションでいかにもオタクが好きそうな感じなんですが、お目目パッチリで肌が白く、化粧もナチュラルだけどきちんとしている。

パッと見は普通の女子大生に擬態している、そんな感じ

 

お姫様体質ではなくてむしろ女の子が大好きだった

よくオタサーの姫の話になると、敵対心からグループ内に別の女子が居るのを毛嫌いする場合がありますが彼女は嫌がらなかった。

その子はむしろ大好物なようだった。同期の女子や後輩の女子にいつもセクハラをしていた。

 

手をつないだり、抱きついたり、胸を揉んでいたりとにかく百合百合していた。(羨ましい

とにかくいい子だった

これもよくオタサーの姫あるあるみたいに語られている中に振る舞いが女王様みたいなことが書かれていることがあるが彼女はそんなことはなかった。

  • ぶりっ子
  • 「ふにゅー」などの擬音を言う
  • 鼻にかかる声で喋る
  • やたら甘えたりボディタッチをする
  • 女友達が少ない
  • か弱いアピール
  • 何かをしてもらって当たり前(お姫様マインド)

というオタクにありがちなものが一切なかった。

 

気立てがいいし、ちゃんとハキハキ喋るし(時々方言になるのがむしろ可愛い)、ぶりっ子はしない自然体でした。

またあんまりアニメとか詳しくなくてチヤホヤされたいからオタサーに所属しているという子もいるようですが、後輩の子は絵がめっちゃくちゃうまくてかなりオタ知識も多くて腐ってました。

 

次のページでは、「周りのチヤホヤしている男たちがサークルを崩壊に導いているのではないか?と思った出来事」と、「サークル内で告白してスベッたら恐ろしいことになるなと感じた話」をしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です