映画 スターウォーズストーリー「ローグワン」の感想 ※ネタバレあり

スポンサーリンク

2016年12月16日よりついに公開された、ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーが面白かったので自分なりに語りたいと思います。

あらすじ

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。

銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。

その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。

引用:作品情報|ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|映画|スター・ウォーズ

物語は主人公ジン・アーソが子供の頃から始まります。父と母のもとで平和に暮らしていたジンですが、帝国軍所属の高階将校であるクレニックにより、父は帝国の研究者として連行されて、母は殺されてしまう。

そしてジン本人は命かながら逃げシェルターに身を隠しているところで目が覚める。目が覚めたジンは帝国の収容所に収監されていた。彼女は数多の犯罪歴がある。

他の犯罪者と共に護送されているところを、反乱軍に連れらされる。どうやら反乱軍は彼女が必要らしい。

とまあここまでが冒頭の10分くらいでした。

そして反乱軍に連れ去れたジンは偶然出会った面々と『ローグワン』というチームを結成し帝国軍に対して挑みます。

 ローグワンのここに注目

エピソード4との関係性

こちらはスターウォーズエピソード4『新たな希望』のオープニング文章、通称Opening Crawlと呼ばれるものです。

1行目の後半から3行目にかけて『Rebel spaceships, striking from a hidden base, have won their first victory against the evil Galactic Empire.』 とあります。

日本語に訳すと『隠れた基地から攻撃を行った反乱軍の宇宙船は、悪の帝国に対して最初の勝利を収めました。』とあります。

続いてそのあとの『During the battle, Rebel spies managed to steal secret plans to the Empire’s ultimate wepon, the Death Star, an armored space station with enough power to destroy an entire planet.』とあります。

『戦いの最中、反乱軍のスパイたちは、惑星を破壊するのに十分な力を持つ武装したスペースステーションである帝国の究極の武器「デススター」の極秘計画を盗み出すことができました。』とあります。

つまりはこの部分が今回の映画ローグワンになります。

ローグワンにはOpening Crawlがない

上ではエピソード4のOpening Crawlを通じてローグワンについて触れました。

そしてローグワンですが、ローグワンにはOpening Crawlと呼ばれるものが存在しません。あるのはひとこと『A long time ago in a Garaxy far away』のみ。

これは恐らく、ローグワンが他のシリーズとは違い外伝であることを暗に表現するためなのかなと思いました。

アクションがすごい

視聴前はライトセイバーバトルがないこの映画、アクション地味なんじゃないかと思っていました。ですが実際見てみるとそんな心配は無用でした。

銃撃戦を中心とした泥臭い戦いがとにかく熱い!!

またスターファイターを用いての戦闘は健在。スターウォーズらしいド迫力な宇宙戦も健在。

チアルート・イムウェのアクションがカッコイイ

ローグワンの主要キャラに香港の俳優であるドニー・イェンが演じるチアルート・イムウェというキャラがいます。

小さな砂漠の衛星ジェダ出身。スピリチュアルな僧侶とも言われる。

美しいブルーの瞳は何も見ることが出来ないが、それを強靭な精神力でカバー。

盲目とは思えない滑らかな動きと確かな攻撃力を体得、そのワザで敵を一網打尽にする。

この時代には滅びてしまったジェダイの存在とフォース、思想を信じている。ベイズ・マルバスと常に行動をともにしている。

引用:チアルート・イムウェ|キャラクター|ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|映画|スター・ウォーズ

盲目なのに見えてるんじゃないかと言わんばかりの華麗なスティック裁きでした。またスティックだけでなく弓術にも長けている。

もうわけがわからないよ。

そして最後のシーンは圧巻。鬼気迫るものを感じました。

やはりダースベーダーは恐ろしい

出番は少ないもののダースベーダーにもしっかり見せ場はあります。

フォースチョークをかましたり、反乱軍に対してライトセーバーで乱舞します。圧倒的な強さの前にかっこいいというより怖いという感情すら湧きました。

例年パロディとかでギャグキャラみたいな扱いを受けてて忘れていたのですが、この人冷徹な皇帝でしたね

他のスターウォーズシリーズの要素が多数

外伝と言えども、やはりローグワンも立派なスターウォーズ作品の一部なんだなってことを匂わせる、スターウォーズシリーズの要素がいくつかありました。

例えば本編中に「クローン戦争」という単語が聞こえたり、またシリーズ恒例の台詞である『I have bad feeling about this』(日本語で言うところの嫌な予感がする)が聞けたり、加えて全シリーズに出てくる例のコンビもチラッと映っています。

反対にこの作品はスターウォーズでありながら『外伝』であることを考えさせられたのは、『May the force be with us』でした。

いつもならそこはus ではなくて youのはずです。ローグワンではジェダイがいないという設定です。そのためフォースの存在が伝説として語り継がれています。

フォースが確かなものとしてあるのが『フォースとともにあらんことを』で、その対比として『フォースというものがあれば私たちに力を授けてくれ』というニュアンスで使われたのかなと思いました。

英語的な意味ではなく、物語を見たときに勝手に思ったことですが・・・・

デススターのシーンがすごい

エピソード4のデススターが惑星を攻撃するシーンって、一瞬にして惑星が爆散する感じだったと思うのですが、ローグワンの爆散シーンは、少しずつ星が壊れていく演出でした。

イメージで言うとエピソード4が「バキューン(大破)」って感じなのに対して、ローグワンは「バキューン→惑星の崩壊が始まる」って言う感じでしょうか・・・えっわかりにくい

爆散するまでの人々の葛藤であったり、惑星が崩壊していく様を事細かに描写しているのが素晴らしかったです。

※ここから先はネタバレを含みます。

感想

面白かったけど、もうちょっと頑張れたのでは?と言うのが今回の感想です。

前半はジンの過去話をメインにローグワンのメンバーが集結するまでを描いているのですが、どうもハマれませんでした。

それこそ時系列的に言えばその後の話であるエピソード4の場合、ハン・ソロとチューバッカに出会う直前では、ベン・ケノービがライトセーバーを出しゴロツキの腕を切り落としてしまいます。あのシーンは当時子供だった私にはパンチのあるシーンでした。

そういった興奮がありませんでした。チアルート・イムウェのシーンはかっこいいですが、それ以外は会話ベースで刺激が何もない印象でした。

加えてジンの過去をクローズアップしていましたが、凄い申し訳ないのですが急に出てきたキャラクターの生い立ちを見させられてもあんまり心に来ませんでした。そのためジンが悲観的になってもイマイチ同情ができません。

この2点が個人的にはいただけませんでした。

ただ中盤以降の展開は本当に素晴らしかったです。

デススターの設計図を奪うためのバトルももちろん素晴らしかったのですが、なんといってもラストのエピソード4へつながるシーンが個人的には好きでした。

見る前から予見はできていましたが、エピソード4への前日談として描かれているローグワンはハッピーエンドとは程遠い終わり方です。

ですが無事、デススターの設計図を奪取して、それをレイア姫が受け取るシーン、

反乱軍メンバー『それはなんですか?』

レイア姫『希望』

って返したところを見て、ローグワンの戦いは決して無駄ではなかったことを再確認しました。このひとことがあるからこそ彼女たちの戦いは無意味ではなかったし、改めてエピソード4のことを再確認することができました。

エピソード4やまたほかの作品を見ていないあなたには是非、この機会に他の作品にも触れてほしいと思います。

U-NEXTで過去作が見放題

動画配信サイトU-NEXT(ユーネクスト)は過去のスターウォーズ作品が全て視聴することができます。ですので是非無料期間の間にでも触れてほしいと思います。また近々ローグワンもU-NEXTで配信されるのではないかという話を耳にしています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスです!映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで120,000本以上配信しています。見たい作品が無くて悩むことなく、様々なデバイスで視聴することができます。

また無料で見放題な無料トライアル期間が31日あります。一部最新作を含むすべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴できます。

さらに雑誌も電子書籍で70誌以上読み放題!

最新作はレンタル配信(個別課金)ですが、トライアル特典として、最新作に使える600円分のポイントをプレゼント!DVD・ブルーレイより先行配信の最新作やコミック、書籍などがお得に楽しめます!

現在放送中のテレビドラマを見逃してしまった人のための見逃し配信にも対応しています。

「レンタルショップが遠くて行くのがメンドクサイ」「行っても見たいものがない」「1作辺りのレンタル料金が高い」「最新作が見たい」などあなたの不満を解決してくれること間違いなし!

是非機会をお見逃しなく

 

公式サイト

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • ローグワンは本当に素晴らしい映画でした。ジンは戦う白雪姫で回りの戦士たちは7人のドワーフって感じです。恐らくフォースの覚醒より面白い。私たちは何故胸が熱くなるのか?、それ皆ジンの為死を覚悟して最後の最後まで命を燃やし尽くし散っていった戦士たちを見たからです。それとローグとはゴロツキとゆう意味です。はぐれものなどあります。後ジンが次のスターウオーズ作品に出るのはまずありません。私個人的には出て欲しいですが。契約上の理由からか?ハッキリは言えませんが。欲をいえばオープニングの音楽はスターウオーズのテーマで始めて欲しかった。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です