成功率を上げる告白の仕方について語ってみました

スポンサーリンク

告白に失敗したことがない僕が成功率を高める告白の仕方や考えについて語りました。

別にすごいモテるとかいうわけではないです

『僕は告白して振られたことがないです。100%の精度で告白を成功させています。』

この話をすると『どうせモテるんでしょ?』みたなこと言われますがそんなことはありません。

素材が良いってことは間違いなくないですし、元々根暗で普段は玩具やフィギュアのレビューを書いてるくらいのオタクですし、恋愛経験がものすごく豊富というわけでもないです。(まず出会いが滅多にない・・・・

数少ないモテエピソードも少し変わった子に言い寄られたことが2~3回あった程度でしょうか・・・・

そのためこれから記す内容は割と誰でもが使えるものだと考えています。

相手の好感度を考える”>相手の好感度を考える

f:id:ken10blog:20161223085434j:plain

恋愛ゲームってご存知ですか?

最初はツンツンしている女の子を最終的には落として彼女にするようなやつです。

恋愛ゲームでは気になる子の好感度バロメーターが表示されていますよね?あれをイメージしてもらいたいんです。

『いやそんなこと言ったって気になる人のパラメータ見えないんですけど』って思うかもしれませんが、この人生と言う糞ゲーは基本的にそういうステータスって隠しパラメータのため目に見えないんですよね。課金してください・・・

っていうのは冗談で、バロメーターが表示されないけど相手の好感度を知る方法があります。

パーソナルスペースを利用する

パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。

一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広い。相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。

引用元:パーソナルスペース – Wikipedia

簡単に言うと他人に入られると不快に感じる間合いになります。

例えばあなたが気になる人に近寄ったときに距離を取り直されたりしたとしましょう。この場合まだあなたのことを親密な関係とは思っていない可能性があります。

またこのパーソナルスペースを利用したテクニックがもう1つあります。
『グラステクニック』という方法です。

簡単に言うと自分のグラス(コップ)を自然に相手のグラスに近づけることです。心理学では口は自分の愛情や好感度を表しやすいものだと言われています。その口をつけたグラスは、自分の口の延長とも考えられるのです。

そのため近づけたグラスを大きく離して置き直したら好感度は低い、そのままの距離を保ったり更に近づけたりしたら好感度は高いと、そこそこ以上には好かれているなという判断をしています。

他にもボディタッチをして反応を見たり、表情仕草などからイケルか?イケナイかを判断しています。

イケそうにない場合は撤退あるいは好感度が上がるまでデートを重ねるなどします。こうやって好感度を判断してイケそうな時にしか告白しないので僕は今のところ失敗していません。

えっ?ずるいって?そんなこと言われましてもねえ僕もフラれたら傷つくわけで、傷つきたくないわけで・・・・戦略的撤退ってやつさ

 セリフ

f:id:ken10blog:20161223085052j:plain

告白について悩むときにこの話題が出てきますよね?なんて告白すればいいのかは悩みどころかと思います。

『月が綺麗ですね』

このセリフは、夏目漱石が英語教師をしていたとき、生徒が ” I love you ” の一文を『我君を愛す』と訳したのことに対して、『日本人はそんなことを言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい』と言ったとされる話から愛を伝えるセリフとして使われています。

これに対して『死んでもいいわ』と返ってきたら告白は成功です。

 んなわけあるかい!!!

お互い文学が大好きな人たちならまだしも普通通じないですからね・・・

他にも『君の瞳に乾杯』『お前を一生守る』『たとえ世界がお前の敵になっても俺だけはお前の味方だ』みたいなセリフも、滅茶苦茶ドラマチックなシチュエーションやあなたがイケイケな雰囲気を醸し出している人ならまだしも、伝わりづらいし、勘違い男と思われるのがオチだと思います。

それよりもある程度好感度が上がっている状態で、わかりやすくストレートに気持ちを伝えることの方が効果があると思います。

現に僕も『好きです、付き合ってください』とかしか言わないです。

セリフよりも大切なのは先ほどの述べたそれまでに好感度が上がっているかということと、タイミングや場所だと思います。

タイミングや場所について思うところ

f:id:ken10blog:20161223085241j:plain

次に問題になってくるのがタイミングと場所。

時間帯としては夜を推奨します。

夜というのは日中に比べて疲労をしているため相手の意見を受け入れやすくなると言われています。ヒトラーが夕方に演説をするので有名ですが彼もこの時間に演説をするのが一番相手に受け入れられるから行っているという話があります。

他に夜は誘惑に負けやすいと言われています。きらびやかなお店が日中ではなく夜営業しているのもそのためだと言われています。

この話をすると健全性のかけらもないような気がしますが、成功させるためにはこの時間帯を狙う方が良いと思います。

夜の場合は暗がりで緊張感があるしレストランなどからは夜景も楽しめる、眠気で頭の回転も鈍っていてるので、そこでムードあるシチュエーションや場所で『好きです、付き合ってください』という 甘い言葉を囁かれると、場の雰囲気に流されることもあってオーケーしてくれる可能性が高いです。

まず静かな場所であることが最優先です。酔っ払いが沢山騒いでるような居酒屋で告白してもムードもヘッタクレもないですよね。そもそもうるさ過ぎて聞こえない可能性もあります。

お酒の力を借りて告白するのも悪いとは言いませんが、せめて騒がしいお店の外に出てからすることをオススメします。

加えて理想なのが、静かなお店でも人の出入りが多いところだと僕みたいな小心者はわりとビビってしまうので、人が少なく雰囲気の良いバーや、個室(密室)の飲食店が良いと思います。

人があまりいない場所だと緊張しにくくなりますし、ボディタッチをすることで相手をドキドキさせることもできます。

そのため場所としては『静かな場所』『人が少ない場所』をオススメします。

最初から静かならお店で呼ぶか、ガヤガヤした場所でデート→雰囲気のあるお店に移動にが僕の鉄板パターンになります。

ただ静かな個室のお店や、複数の場所でデートするのはお金が掛かるんですよね←スゲー元も子もないセリフ

なのでなるべく良い感じのお店に行くまではお金を掛けない、あるいは割引可能なクーポンを駆使することが地味にオススメ。

半額あたりまえ!お得なクーポンサイト「くまポンbyGMO」

お店の料金がかなりやすくなるのでこれなら数件はしごしたり、場合によっては俺が『俺が多く出すよ』みたいなカッコつけもできます。

おわりに

f:id:ken10blog:20161223090243j:plain

要約すると

相手の好感度を見る→イケそうなら雰囲気の良い静かなお店で思いを伝える。っていうものすごくシンプルなのですが、結構『賭け』で告白する人が多いので書きました。

これから告白を考えている人の参考になればと思います。

【関連記事】

キモオタだった僕が彼女を作るために役立った恋愛本のオススメ10選 – 俺はパリピにはなれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク