自分磨き モテテク・アイテム

3キロ痩せた!1ヵ月でお手軽にダイエットをした方法!

投稿日:2017年11月8日 更新日:

学生時代は身長168cmの体重58kgだったのですが、

  • 就職をして仕事が忙しくストレスを食事で解消
  • 職場の付き合いで飲む機会がかなり増えた

なんて生活を繰り返しているうちに社会人2年目には66kgまで体重は増えました。

これがもし普段から、社会人サークルでフットサルで汗を流す、終業後にジムに行く、なんていういかにも意識の高い社会人のライフサイクルを全うできるのであれば痩せるかもしれません。

ですが僕は大の運動嫌いで高校時代も自分を変えようと入部したテニス部をわずか1ヵ月でやめてしまうようなダメ人間・・・・

最近は「パーソナルトレーニング」や「ボクササイズ」など何か付けてダイエット=運動みたいな風潮があります。「もし運動しないと痩せられないのなら、運動嫌いな僕はデブのままなのか?」と悩みました。

結果的に運動をせず、なんとか1ヵ月にー3kgのダイエットに成功しました!

結論を先に言うと「FASTANA(ファスタナ)」という置き換えダイエットにて痩せることができました。

  • 運動が嫌い
  • 筋トレなどでゴツくなりたくない
  • できるだけ楽をして痩せたい
  • いろいろダイエットに挑戦したけど挫折してしまった。今回こそは成功したい。
  • 運動をする時間がどうしても確保できない

というあなたはぜひ割引で買える公式サイトをチェックしてみてください。

デブになったことによるデメリット

汗っかきになるなる

体重が増えるにつれて汗をよくかくようになりました。

  • 汗シミが出来る様な色の服が着れない
  • 体臭がきになるようになった
  • 臭いケアや汗シミケアのため頻繁に肌着を替えるようになった

とくに臭いについては敏感になりました。夏場に営業から戻ってきたら「○○くん、ちょっと臭うよ」と言われたのがキッカケです。本人は自分のためも思っての発言だと思うのですが、それ以来制汗アイテムが手放させなくなりました。

着れる服が限られるようになった

以前は入ったスキニーパンツやタイト目のトップスが着れなくなりました。

またムチムチの二の腕とかが気になってしまいTシャツも丈が長いものしか着れなくなりましたし、明るいは膨張して太って見えるため黒色しか着れなくなりました。

「お笑い役」「いじられ役」になる

やっぱり太ると途端にいじられるようになります。お笑いポジは飲み会のその場ではおいしいのですが、その後の日常でも飲み会でのノリを引きずってくる輩が面倒に感じてしまいました。

モテなくなる

体重が増えてから露骨にモテなくなりました。合コンや街コンに行っても空振り続きでお金だけが消えていきます。

また久しぶりに大学に行ったら、今まで慕ってくれてた女子の後輩に「○○さん、前はいいなと思ってたけど最近太ってるしテカテカしてきましたね」と言われてものすごいショックを受けたのは覚えています・・・

 

そんなこんなで太ってから良いことが全くといってないので、「痩せて見返してやろう!」と思いました。

まずは3キロ痩せようと心に誓う

3キロって言うと人によっては一見地味な数字かもしれません。僕も最初は1ヵ月で5kgは痩せたいと思っていました。

「1ヵ月で5kgは痩せるんや」なんて思って今回も挑もうと思ったのですが、ダイエットの本を読んだら「最初から大きな目標を設定すると健康に害がある上に挫折しやすくなる」と書かれていて目標を変更。

実は以前にも何回もダイエットで挫折していたため本の一言に納得してしまいました。

激しい運動は速攻挫折しました

最初に始めたのはジョギングでした。ここ数年ジョギングやマラソンがブームであったことにあやかって始めました。

仕事の前に1時間ほどやろうと意気込みいざ始めました。初日こそ3kmは20分というなんとも遅いペースで走って達成感を感じていたものの、3日目には速攻挫折。理由はシンプルで仕事の前の朝の時間に起きれない&ランニングがつまらなかったからです。

「もしかしたら誰かに教わったら苦手な運動も続くかも」と思いジムにも通いました。入会前の体験ではトレーナーの人も親切な対応で「これなら続く!」と思っていました。ですが入会してからはまるで別人で対応もすごい雑でした。

どうやら僕が通い始めたところは、料金が安いということもあってトレーナーの質もあまり高くはなく、会員が入っては辞めてを繰り返しているところだったのです。またトレーナーの接客以外にもマシントレーニングもランニング同様退屈で全然続きませんでした。

やはり僕は運動があまり好きではなく、「できれば運動をしないで楽をして痩せたい」というのが本質みたいです・・・・

 

1ヵ月で3キロ痩せた方法

上の写真は僕が1ヶ月の間に66kg→63kgまで痩せたときのものです。

よくダイエットするときには「運動をしないと絶対に落ちない」みたいに言われますが、本当のところは運動しなくても良いようです。もちろん運動をした方が効果が高いことは間違いないのですが、運動はあくまで+αで行うものです。

ダイエットにおいての運動はあくまで基本に加えて行う応用という立ち位置です。(まあこの知識も他の人が語っていたダイエットノウハウの受け売りなんですけどね・・・)

ではその基本はなんなのかというと、ズバリ食事です。普段からの食生活をしていないと運動をしたからといっても中々痩せません。むしろ中途半端な運動は大した効果もないのにより食欲を促進させて逆効果になりがち。

ここまでくるともうネタが見えてきましたが、僕は食事に気を付けて痩せました!

産後ダイエットに成功した先輩に話を聞いた

運動も全然続かず、「このままじゃ痩せないんじゃないか・・・一生ブタのままなんじゃないか・・・」と漠然と不安になっていました。普段はお昼の時間になると一目散に外出して行きつけの定食屋に行くのですが、その日は仕事が溜まっていて近くのコンビニでおにぎりを買って事務所に戻りました。

事務所では女性スタッフ数名がお弁当を広げていて、よく面倒を見てもらっているくらいには仲良くさせてもらっていたこともあって、少し世間話をしていました。

「全然ダイエットが上手くいかないんですよ~~」なんて自虐をしていたら、産休から復帰した先輩がおもむろに水筒の中身を見せてきながら、「私はこれで痩せたよ~~」と言いました。

中身はザ・女子の定番という感じのスムージードリンクでした。「女子ってこういうの好きですよね~~」と思いつつも、確かに産休を取る前はふっくらしていた先輩は今はすっかり細くなっていました。

先輩は出産して自宅療養になってから今まで、1日3食のうち1食をスムージーだけしか取らない、というように置き換えていたとのことです。

目の前にこうやって効果があった人を見させられた僕はさっそく先輩に「同じ奴を買いたいんですけど!」と迫りました。

ダイエットの理屈「毎日500kgカロリーを減らすこと」

既にご存知の方もいるかもしれませんが、ダイエットの理屈について説明させてください。

痩せるためには今までより消費するカロリーの量を増やすか、摂取するカロリーの量を減らすか、のどちらか両方をすれば痩せることができるのは言うまでもありません。

成人男性は約2000cal・成人女性は約1400cal何もしなくても1日に消費されていると言われています(基礎代謝)。そして体脂肪を1kg減らすには約7,500calを消費する必要があり、消費するカロリー量から摂取カロリーを引いた分が約7500kcalとなっていれば1kg減るという仕組になります。

分かりづらいかもしれないので↓の図を用意しました。

基礎代謝(ただ生きているだけで消費するカロリー)+運動から、その日に摂取した食事量を引いた数字が脂肪1kg(7,500cal)分消費していたら、痩せる計算になります。何も食べないで5,500cal~6,000cal運動すれば数字上では痩せる計算になります。

1ヵ月で3kg痩せる場合は500cal運動又は基礎代謝量より食事を減らせば、700cal×30日で1ヵ月3kg痩せる計算になります。1食分(500cal~)置き換えれば痩せるという理屈です。

最初はキツかった

という話を先輩から教えてもらいダイエット再スタート。「じゃあ運動する必要ないじゃん!1食スムージーにするだけなら楽勝や!」と思って置き換えダイエット、確かにランニングにもジムにも行かなくていい分楽だし時間がない人も実践できますが、すぐに辛い出来事が・・・

いくら固形物を溶かした物を摂取しているとは言え、全然お腹が膨れない。お昼ご飯を食べた気がせず午後は頭がクラクラしながら仕事をすることになりました。

次第に体が慣れてきた

最初は空腹感がハンパなく辛かったのですが、半月近くしたらだんだんお昼ご飯を取らない生活にも慣れてきました。というのも一食取らなくなったためその分胃袋が小さくなってきたからです。

最初こそ中々にしんどかったのですが、20日もたてばそれが日常になってきて休みの日に友達とお昼ご飯に行ったら逆に食べ過ぎて気持ちわるくなったのを覚えています。

3kg痩せて顔がシュッとするようになった

冒頭でもお話したように1ヵ月やりきったら結果的に3kg減していました。今まで辛い思いして息を切らしながらランニングをしたり、ジムに行ったり、そのほかにもバランスボールを買ったりといろいろやっては失敗をしていたのに、こんなにあっさり痩せれるなんて当時はビックリしていました。

3kgだとまだ下っ腹の肉はつかめるままですが、ある程度見た目にも変化が現れるようになり顔がシュッとしたと言われるようになりました。

しかし、何よりも一番良かったのは自分に自信を持てるようになったとこです。「今までダイエットしては挫折を繰り返していたのにちゃんと出来た」というのは自分の中で非常に良い成功体験でした。

その後は仕事も上手くいき彼女も出来ました・・・・なんてマンガみたいな都合の良い話こそありませんが、もっと痩せてキレイな身体になりたいと前向きになり、2週に1回という頻度ですが友人と1度は挫折したランニングをはじめるようになりました。

FASTANA(ファスタナ)で置き換えダイエットをしました。

最後になりましたが、先輩から紹介された置き換えダイエットの商品を紹介したいと思います。今回この「FASTANA(ファスタナ)」という商品を使用しました。

今、有名女性インスタグラマーの間で話題になっているダイエットプロテインになっています。また有名人ですと出産をしたのにも関わらず美しいスタイルを維持している熊田曜子さんも取り上げている商品です。

写真のように1食置き換えるだけでもかなりのカロリーをセーブしつつ、たんぱく質やビタミン・ミネラル配合しているため健康や美容を損なう心配もありません。

  • プロテイン+36種類の美容成分(日本製、人口甘味料不使用、ビタミン・ミネラルたっぷり)
  • HMB・筋肉成分配合
  • 3分野の専門家による素材・成分の監修!(ダイエット認定講師・管理栄養士・準ミスモデル)
  • ミックスベリー味(プロテインスムージー)

と安心・安全の商品でありながら、20日間試してみて効果がなかったら全額返金してくれる保証がついています。

ヘタな置き換えダイエットをするとタンパク質不足で、脂肪ではなく筋肉が減ってしまって、体重が減ってもだらしない身体のままということが多いのですが、「FASTANA(ファスタナ)」はプロテインやHMBも配合しているためヘタな食材に置き換えるくらいならコレにした方が良いという印象!

また「スポーツ」と「食事制限」を組み合わせて痩せたいという人にも効果的!

※実際に飲んでいるところなんですが、撮り方がヘタクソなのか、スマホがふるいせいなのか、混ぜる量が悪いのか、は分かりませんが見栄えがあんまりよくないですね・・・実物は大丈夫なので安心してください

味はミックスベリーで、宣伝文には「爽やかな美味しさ」と表記されています。実際味は甘いのですが、別に甘党というワケではないので普通でした。(そもそも味を期待するものではないですが)

運動が嫌いが嫌いで、できるだけ楽をしたい人、は是非公式サイトで詳細を確認してみてください。

おわりに

以上が1ヵ月で楽して3キロ痩せたダイエット方法と痩せるための理屈についてまとめました。

正直3キロだと、「お前は誰だ?」ってレベルで見た目が変わることはないですが、それでも「顔小さくなった?」とか「お腹凹んだ?」とか「脚細くなった?」とか結構嬉しい反応を貰えました。

ちょっとうまくいったのがキッカケで、その後は苦手だった運動も始めてみようかなとやる気が出たので、ダイエットのファーストステップには最適かと今にして思います。(もちろん置き換えだけ続けても良いと思います)

 

今まで激しい運動をしようとして挫折しました。(他にもいろいろグッズや健康食品に手を出して痩せれなかった過去もありますがここでは割愛)

ですがこの方法なら仕事の合間などにも無理なくできるため、結果にコミットしやすいので、ぜひ痩せてさらに魅力的になってほしいと思います。

【必見】最速かつ確実に5kg痩せる方法は?

とは言え、1ヶ月3kg分痩せるとなると結構な分置き換えする必要があり、空腹のストレスが結構ありました。また「3kgなんて生ぬるいもっと痩せたい!」と思う人も多いです。

ただ、1ヶ月以下(2~3週間)で5kg以上痩せたいとなると、は圧倒的な運動も食事法に加えて必要になってきます。

しかもダイエットのために食事を制限したら、空腹のあまり間食することが多くなり、逆に体重が増えてしまったなどダイエットに失敗してしまう話もよく耳にします。

そこで短期間で5kg以上痩せるのであれば、パーソナルジムに通うのが一番確実で効果的な方法です。

 

パーソナルジムではトレーナーさんと二人三脚で、ぱぱっと短期間で運動量を増加させて体内に存在している余計な脂肪を燃焼させることが実際に可能。ダイエットの知識のプロとダイエットするのはセルフダイエットとはスピード感も格が違います。

さらに、キャッシュバックがあるジムを使えば、減量ができなかった時でも支払ったお金が手元に戻るので安心して利用することができます。

3週間で5kg痩せるメリット・デメリット

デメリット

デメリットはジム通いにより自分の時間の一部を使わなければならないこと、そして費用が必要になる点ではないでしょうか。

時間に関しては、ダイエットをするならある程度の時間はトレーニングに割かなくてはいけませんし、食事制限だけのダイエットはリバウンドにつながるのでよくありませんのでどちらにしろ宅トレでも必要になってきます。

一方、コストに関してはパーソナルトレーニングにおける唯一のデメリットと言えます。なので、自分に合いそうなパーソナルトレーニングを最安値で探しましょう!

メリット

ジムを使って体重5kg落とす、ジムに通えば誰もが簡単に体重を落とせるなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

否!甘いです!笑
しかし普通のスポーツジムではそう簡単にいきません。自分だけでのトレーニングや食事制限での減量には大きなストレスと努力が伴います。(三日坊主タイプはなおさら)

これに対して、パーソナルジムに通う一番のメリットは運動をパーソナルトレーナーと行うことになるので強制的に痩せことができる点です。

パーソナルトレーニングの口コミをみていると、「トレーナーさんと二人三脚でダイエットしたから頑張れた!」などのコメントをよく見ます。これもダイエットが自分だけのものでなくなるという、トレーナーとの共同ダイエット効果だと思います!

「なかなかダイエットが続かない…でも5kg痩せたい…」そんなあなたには大きなメリットです。

当サイトおすすめの必ず痩せるパーソナルジム3選

せっかくパーソナルジムに行くなら痩せたいですよね。

みなさんのモチベーションが高まったところで、当サイトが「必ず痩せる」ことにこだわったパーソナルジムを激選して3つご紹介します。ぜひまずは、無料カウンセリングにいってみて、トレーナーさんとの相性やジムの雰囲気を確かめてみてくださいね。

ライズアップ以外は女性専用になります。女性専用ジムで周りの目をきにせず本気のダイエットをしたい人におすすめできます。

Naia Gym(ナイアジム)

Naia(ナイア)ジムは、東京に西新宿店、東新宿店、銀座店、恵比寿店、池袋店と中目黒店、大阪に本町店に店を構える、完全個室の女性専用プライベートジムで、トレーナーによる完全1対1の指導とサポートを受けることが可能なパーソナルジム!

女性専用なので運動後にメイクや髪の毛の乱れがあっても気にすることがなく、個室なので他の人の目を期することなく集中してトレーニングができます。

Naia(ナイア)ジムのトレーナーはベストボディ受賞など肉体のプロとして活躍している人たちなので、顧客満足度も高いです。

都会のパーソナルジムの中では、価格もリーズナブルで厳しい食事制限やトレーニングなどは一切なく、医学的なメソッドに沿って苦しい思いをせずにくびれのある体型になるようにしっかりサポート。アフターフォローもしっかりしています。

ASPI(アスピ)

芸能人やモデルもお忍びで足しげく通っていて、「痩健康的に痩せる」ということに定評があるASPI。あなたの体型や筋肉量などによってトレーニングメニューを構築してくれるので、最速で健康に痩せることができます。

アスピレストで行う指導において基礎のベースとなる知識は、アメリカ医学会(アメリカ糖尿病医学会)での知識がベースとなっており、その知識量はNSCA・CSCSのお墨付きで、雑誌の「an・an」にも掲載されるほど確かな実績があります。

RIZAP(ライザップ)

「結果にコミットする」のCMで全国的に有名な、RIZAP。そのキャッチコピーにふさわしく、なんと、累計会員数が110000人を突破した実績をもち、まさしくパーソナルジム界のトップに君臨しています。

なんと、RIZAPでは、パーソナルトレーナーだけでなく、カウンセラー、管理栄養士、提携医師がチームを組んで、ダイエットや体づくりのサポートにあたってくれます。

その信頼と確実な実績でお値段は張りますが、結果が出なければ30日間は全額返金保証付きなので、安心です。

このような記事も一緒に読まれています

【随時更新】マッチングアプリおすすめランキング

40種類以上あるマッチングアプリから実際におすすめできるものを8つまでに厳選。特徴や評判をまとめました!

-自分磨き, モテテク・アイテム

Copyright© 恋愛研究所 , 2019 AllRights Reserved.