恋活マッチングアプリ・サイトのオススメ徹底比較!口コミ・評判まとめ!



こんにちは!管理人のケントです。

恋人は欲しいけど

  • 職場にはオッサンしかいない
  • 周りはみんな既婚者
  • 同性の友達もみんなフリーだから新しい出会いがない

なんて悩みはないですか?

実際僕も社会人になってから出会いがないことが増えたので分かります。

そこで今回は出会いを増やすためにマッチングアプリを紹介したいと思います。

 

世の中には恋活サイト・恋活アプリ・出会い系サイトなど様々なものがありますが、その中で自信を持ってオススメできる健全・安心・安全なものを厳選しました。

今回アプリ・サイトの評価にあたっては、恋活や婚活に熱心な管理人の僕と、知人で複数のアプリを使いこなしている25歳女性、またお問い合わせからの連絡や外部でアンケートを取らせてもらった方、SNSを基にしています。

結果発表:おすすめ恋活アプリランキングベスト3

恋活アプリ・サイトって何?

簡単に言ってしまえば、素敵な異性と出会いたい人のためのマッチングサービスのことです。

 

  • 健全な交際をしたいけど怪しいのは無理
  • 普段仕事が忙しくて中々出会いがない
  • スキマにお手軽に利用したい
  • そろそろ結婚を視野にも入れたい

という人にオススメです。

今恋活アプリが熱い

欧米ではインターネットを介して恋愛・結婚をするのが一般的になっています。

アメリカでは結婚するカップルの12%がインターネットを通じて結婚しています。

引用元:match.com

 

世界的に有名で利用者が多いmatch.com、女性誌なのでも掲載されているPairs、有名雑誌が運営しているゼクシィ縁結び、さらにメンタリストDaiGoが心理学を用いたマッチングアプリwithを監修したりと非常にホットな市場となっています。

 

恋活アプリは女性無料で利用ができるものもある

ほとんどのアプリで女性が無料利用できます。(一部女性も課金が必要になるものもアリ)

※一部30代女性から有料というのもあります。

 

男性の場合も一部機能を無料でできる

男性の場合は基本有料になってしまうのですが、恋活アプリの良いところは最初から有料で利用するのではなく、ある程度は無料で利用できるところにあります。

気になる女性とマッチングしてメッセージを交換するようになったら、メッセージを送るために課金するというのが主流です。

 

そのため

  • 自分の好みの子がいるかどうか
  • アプリが使いやすいか
  • マッチングしたら有料に切り替えよう

っていう具合で気軽に利用することができます。

 

また有料になってもせいぜい3000円程度です。

僕はよく街コンや合コンなどにも行くのですが、一回行くと確実に5000円は超える上に「好みの子がいない」「気になった子に見向きもされなかった」など散々な結果になることが多々あります。

そう考えるとアプリの課金ってものすごく割安です。

 

またリクルートブライダル総研の調査結果(恋愛・婚活・結婚調査2015年)によれば、合コンで出会える確率6%という調査結果が出ているようで、闇雲にやると100回合コンしたら94回は失敗するということになります。

 

金額にしたら恐ろしいことになってしまいますし、合コンと比べるとマッチングアプリはものすごくコスパが良いということになります。

 

街コンや合コンに比べてコスパが良い

恋活というとどうしても、「婚活パーティー」や「街コン」「合コン」で出会いを探すイメージがあります。

もちろんそれらの出会いが悪いとは言わないですし、アプリが普及する前(出会い系しかない頃)であれあば、街コンや合コンが恋活のスタンダードでした。

しかし、これらと比較すると恋活アプリの方がメリットが多いです。

 

僕は「婚活パーティー」も「街コン」も「合コン」もすべて利用したことがあります。

その観点から言うとこれらのデメリットは以下の通りです。

  • 1回で出会える人数に限りがある
  • コミュ力(人気者度)が高い人が独占する
  • 値段が高い

 

イベント出会うとなると1回につき3~10人以下のパーティーや合コンがほとんどでしょう。

もちろん街コンクラスになるともっと多いこともありますが、現実問題として全員と会話するのは難しいです。そうなると1度に出会える人数は限りがあります。

アプリの場合は1つ登録するにつき、数十万人の会員の中から選ぶことができます。

 

またリアルイベントの場合どうしても、顔が良い人、勤め先が優良企業(公務員)、コミュ力が高い人、異性の扱いが上手い人など、人気者に票が集中してしまいがちです。

ですが恋活アプリの場合は趣味で検索・趣味コミュニティからお近づきになることもできるので、人気者でなくても波長が合う者同士で仲良くなるということが比較的しやすいです。

 

また男性の料金のところでもお伝えした通り、価格が圧倒的に安いです。

婚活パーティや街コン、合コンが1回5000円~1万円するのに対して、恋活アプリはせいぜい3000円です。

女性の場合はタダというのも少なくありません。

 

以上の事から、リアルイベントの出会いよりもマッチングアプリの方がコスパが良いと言えます。

 

恋活アプリと出会い系サイトの違い

よく、「恋活アプリ・サイト」と「出会い系サイト」は同じものとして扱われがちですが、実は全然違います。

両者には大きく分けて3つの違いがあります。

  • 利用目的
  • 安全性
  • 利用者数

 

利用目的

恋活アプリの場合は「素敵な恋人と交際したい」ですが、出会い系サイトの場合は多岐にわたります。

もちろん健全に恋人が欲しいというユーザーもいますが、それ以外の目的で利用している人もたくさんいます。

  • 軽い出会い
  • 遊び目的
  • パパ活
  • 援助交際

などこれだけ利用目的の違いがあります。

 

安全性

出会い系アプリには軽い遊び目的の出会いやパパ活、援助交際目的の人が多々いるためユーザーの安全性に問題があります。

その他怪しいビジネスの勧誘も野放しにされていることも多いです。

 

ですが恋活アプリは出会い系とは違い、悪質なユーザーの監視をし、強制退会の措置を行ってくれます。

通報機能もしっかりしています。

 

また登録の際にはFacebookからの連携が必要である場合や、証明写真を用いることが必須のため、年齢などを誤魔化したり、1度強制退会された人が再度登録するというのもできなくなっています。

ちなみにFacebookを介して身バレすることはありませんのでご安心ください。

 

この安全性が女性ユーザーから好評の秘訣になります。

 

利用者数

恋活アプリでは各種数十万人くらいの利用者を抱えています。

ところが出会い系の場合は、上記の安全面の観点からほとんどのサービスでユーザー離れが見られているようです。

数少ない女性ユーザーも大半がパパ活あるいは援助交際目的なので恋人探しには向いていませんでした。

 

反対に・・・

反対にヤリモクやワンナイトなどライトな出会いに関しては「出会い系サイト」の方が向いていると言われています。

 

 

恋活アプリ・サイトの使い方

合計20回ほどマッチングアプリで出会った知人の意見を参考にさせていただきました。

僕もPairsを始めたばっかりなのですが、このアドバイスのおかげで早速マッチングしました。

※アプリ内の画像をそのまま載せるとプライバシーの観点からいろいろな人に怒られてしまうので通知メールで・・・

 

 

マッチングアプリで良質な出会いを手に入れるコツ

マッチング・出会いやすいアカウントのコツは以下の通りです。

 

ちゃんとした写真を用意しよう

マッチングアプリの場合、サイトやアプリ内を通じてやりとりをする必要があるため、プロフィールの写真を見て相手を判断することが多くなってしまいます。

そのためきちんとした写真を用意する必要があります。

 

男性の場合写真 室内で写真で取ると家の雰囲気が出てしまうので旅行、スポーツとか仕事してる風(第三者視点) 顔がケータイに隠れているものが良いです。

女性の場合は、自撮りでも可、ビールジョッキ持っていると飲みに連れてってもらえやすいそうです。(10個以上の恋活アプリを使い20人以上の男性と飲みに行っている知人女性談)

 

写真は2~3枚あると「この人こういう感じの人なんだ」と人柄が伝わりやすいですし、何よりなりすましではないなと安心してもらえます。

 

自己紹介はしっかり書こう

よく、写真がカッコよかったり可愛かったりと「チャーミングに映る」ように努力をする人が多いのですが、その一方でプロフィールはひと言で「手抜きかな?」と思われる人が多々います。

自己紹介はあなたの人柄を伝える数少ないチャンスですし、業者と疑われないためのものでもありますし、検索されるためのものでもあります。

 

そのため、自己紹介文を書くことや入力フォームを埋めることはしっかりやりましょう。

 

また上の方で写メについてアドバイスをくれた恋活アプリマスターの女性曰く、以下のことにも気を使うと良いとのことです。

  • 自己紹介飲み友達が欲しいですは勿体ない。真剣度が高い人にとってはただ友達が欲しいだけと思われるので真剣に良い人と出会えるといいですとか書くべき。
  • タイプの人や求めている条件を書こう。(ただし年収やバストサイズ、顔の好みなど、露骨なものはNG。

 

マッチングしてもすぐに会おうとしない

よくマッチングするとすぐにLINEのアカウントを聞いてきたり、挙句の果てにすぐ会おうとする人がいますが、そういうのはやめましょう。

 

あなたが本当に好意を持っていたとしても相手は警戒することがほとんどですので、最低3日はアプリ内でやりとりしましょう。(アプリによっては最低メッセージやりとり数に到達するまでLINEなどの単語が打てないものもある)

 

また相手から同様に「すぐにLINEを教えて」とか「すぐ会いたい」と来た場合もよほどのことがない限り無視した方がいいです。

個人情報を集めている名簿業者・ヤリモクの男・何かしらの勧誘である可能性が高いです。

 

実際に会うまでの間に、しっかりメッセージのやりとりをして親睦を深めましょう。

 

恋活アプリおすすめランキングベスト3

新しい出会いを求めるなら恋活アプリ・サイトがオススメです。

少ない費用で、時間を掛けず効率的に、自分の理想の人にマッチングすることができるからです。

またマッチングまでは基本無料なのでいくつか無料で登録してみることをオススメします。

困ったら以下の三つをとりえあず試してみることをオススメします。

 

マッチドットコム

恋活アプリの中でも特に真剣恋愛をしたいというのであれば、マッチドットコムがオススメです。

(とくにFacebookをやっていない人はオススメです)

 

男性だけでなく、女性もマッチング後のやりとりに課金が必要になるため、女性はものすごく真剣になりますし、それを聞いた男性ユーザーも集まるという良い循環を生み出しているのが理由になります。

 

また世界的に使われている業界パイオニアのアプリのため、安心・安全に対する取り組みや検索機能など様々な部分でキチンとしていると言えます。

まずは無料会員になってじっくり試してみるのが良いでしょう!

 

 

Pairs

pairs

女性のハードルの低さでは、ダントツなのがPairs。

女性はマッチングするのに必要な機能が無料で利用できるため、もしどれか他のアプリを使っているのであっても合わせて利用する価値があります。

 

また男性は有料とは言え、リーズナブルな価格で利用出来てかつ、コミュニティ機能により様々な趣味の人と交流することができます。(僕はアニメ・ゲーム好きの女の子と合いました)

 

※登録にフェイスブックアカウントが必要です。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

とにかく利用者のイメージが良いのがゼクシィ縁結びです。

運営元は広告代理店の最大手「リクルート」で、女性誌をはじめとして様々な媒体で宣伝をしていることから、比較的真面目な男女が揃っています。

 

また、大手の運営だけあって機械学習など、最新のテクノロジー、デートサポートなど、面白い取り組みがあります。

他と合わせて登録するしましょう。

 

 

恋活アプリ6社を徹底比較

次のページでは、当サイトオススメの恋活アプリやサイトの概要やや評判・口コミをご紹介していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です