ドコモの料金が高いから安くならないか見直し!料金を抑える方法!?

投稿日:2017年5月11日 更新日:

やあケントさんだよ!!

突然ですが、皆さん何か欲しいものが出来たとき、どこか旅行へ行きたいと考えたとき、家計を見直したとき「節約しなきゃ」って考えたこと、1度くらいはあると思うんですよ。

僕もつい先日、自分の出費を改めて見直してみたら、生活費にとんでもない魔物が潜んでいることに気が付きました。

 

電気代が4,199円か・・・。500円は節約できそうだ。

ガス代が3,145円・・・。これも500円は抑えられるゾ。

水道代が2,473円・・・。気合い入れれば1,000円は節約できるか?

 

スマホ代が・・・

8,000円・・・だと・・・?!

スマホ代高すぎィ!!

しかもスマホ代を安くできるか調べてみたら・・・。

格安SIMに乗り換えると、5,000円以上安くできるらしい。5,000円って、光熱費の節約を考えていたことすら馬鹿らしくなるレベルですよ。

こうしちゃいられねぇ!ってことでどこの格安SIMに乗り換えた方がいいか検討してみました。

プラン見直し

格安SIMに乗り換えを検討する前に、まずは現在どういう契約をしていていくら支払いをしているのか確認をする必要があります!もしかすると格安SIMに乗り換えないでも十分節約できる可能性があるからです。ちなみに僕はドコモと契約をしていて料金はこんな感じ!

基本料金 カケホーダイプラン 2,700円
インターネット接続サービス spモード 300円
パケットパック データMパック 5,000円

まず24時間通話が無料になるカケホーダイプランに加入してるんだけど
「俺そこまで電話しなくねぇ?」という事実に気付く。(非リア乙とか言わないでくれよ)

意外とこういう人多いんじゃないでしょうか。

で、これに関しては1回5分かけ放題になる「カケホーダイライト」っていうのに乗り換えると1,700円なので通話だけで1,000円も節約できます。カケホーダイプランに入ってる人は一考の余地アリ!!

それからspモードに関してはスマホでインターネットを利用する人が必ず入らなきゃいけないものだから良いとして・・・。

データMパックですよデータMパック。
これ、データ容量が5GBのプランなんですけど、最近は家でWi-Fiに繋いでインターネットをする時間が増えたので、正直5GBも使わないんですよね。で、これを一個下のデータSパック(3,500円)に切り替えると1,500円も節約出来ちゃうんです。

通話とデータパックを見直すだけで、合計2,500円も安くなるとは・・・。
ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを利用している人たちはプランの見直しをするだけでもだいぶ節約になる可能性アリですよ!

インターネット回線とセットで携帯電話を使う

今現在「最高級のインターネット回線環境を利用しているゼ」という人には関係ないかもしれない話です。

ですがこれから

  • 家を引っ越そうと考えている
  • 出来る事なら爆速でインターネットを利用したい

という人には最高の環境でインターネットを利用しつつ、普段の携帯利用料金をお得にすることができる方法です。どんな方法かというとインターネット回線と携帯電話代割引のセットで登録するという方法。

Docomo携帯電話の場合は、インターネット回線とDocomo形態のコラボである「ドコモ光」を利用することで、月々の携帯電話代を300円~1600円節約することができます。

さらにこれらは光回線なのでインターネットの速度は爆速で、普段からオンラインゲームをする人や大量のデータをダウンロードする人、映画や動画配信サービスをよく活用する人にはかなり便利になります。

さらに下記ページの「代理店」を通じて契約すると、PS4やNINTENDO”SWITCH”を貰えたりお金がキャッシュバックされます。

インターネット自体を見直したいし、携帯電話も安くしたいという人は是非↑をチェックしてみてください。

格安SIMに乗り換え

もう1つDOCOMOの携帯電話を安くする方法があります。

それは格安SIMに乗り換えるという方法です。

正直なところ、僕も格安SIMって名前だけは聞いたことあったんですけど、お恥ずかしながら詳しい実態についてはほとんど知りませんでした!!

ということで、いい機会なのでインターネットで格安SIMについて詳しく調べてみたところ、月額料金がありえへんくらい安くなるのは間違いないんですが、格安SIMを販売する会社をがたくさんあり過ぎてどれを選べばいいのか悩みまくってます。

そして、色々な会社の料金プランを比較していると、一社だけ明らかに異彩を放つところを発見しました。
それがLINEモバイルです!

まずは料金がこんな感じです。

プラン データ通信容量 月額
データ 1GB 月額500円
データ+SMS 1GB 月額620円
データ+SMS+音声通話 1GB 月額1,200円

当然全く電話を使わないということはなく、多少の事務連絡レベルでは使うので音声通話SIMにするとしても、月額1,200円で使えちゃうみたい。格安SIMヤベェよ・・・。

つまり、今ドコモに8,000円払っているので、LINEモバイルに乗り換えると・・・。
なんと1ヵ月で6,800円、1年で81,600円の節約が出来ちゃうのだ!毎年iPhoneの新機種買えるじゃん!!

 

しかもLINEモバイルが他社と一線を画すのが「LINEが使い放題」だっていう点です。

今やメール・電話の代替連絡手段として立派にその地位を確立しているあのLINEが使い放題なんです。つまり、仮に動画やゲームをやりまくって1ヵ月のデータ容量の上限に達して低速モードになってしまったとしても、LINEだけは高速通信で使えるということなんです。これかなりメリットですよねぇー!

で、もちろんキャリアから格安SIMに乗り換えるとメリットだらけなのかというとそういうわけでもないみたいで、どうやら「回線速度が低下する」というのがよく挙げられるデメリットみたいです。

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクの通信設備を借りてユーザーにデータ通信を提供しているから、フルに回線を使えるキャリアよりも低下してしまうのは仕方ないみたいです。

そんな格安SIMの回線速度問題ですが、どうやら格安SIM同士でも回線速度の差があるみたいで、ひどいところだと常に1Mbpsを下回るとこもあるようです。で、このたび僕が検討しているLINEモバイルの速度はどうなのか調べてみたところ・・・。ほとんどの時間帯で10Mbps以上出ているみたいです。

なんだよLINEモバイル、LINEが使い放題で回線速度も速いとか、もはや死角無しじゃないですかねぇ・・・。

最後に

これから節約をしようと考えている方々。本当にスマホの料金から見直してみた方がいいです。念のためキャリアを利用し続けるメリットというのも調べてみたんですが「キャリアメールが使える」とかびっくりするくらいどうでもいいメリットばかりでした!

僕も結構LINEモバイルに惹かれているので、もう少しじっくり調べてから申し込みを検討してみます!!



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-お役立ち情報, その他

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.