自営業は結婚できない!?反対されないためには?不安を無くすためには?



結婚となると顔や性格よりも下手したら大切な要素になるのが「男性の職業」です。

今でこそ女性が活躍するという時代であるため、昔ほどは「男が働きに出て家族を養い、女は家庭を守る」という考え方はなくなりつつありますが、やはり男性の仕事に対するウエイトは高いように感じます。

そうなるとやはり人気なのは安定した会社や公務員で、職業欄に「自営業」や「フリーランス」と書くのが億劫という男性は少なくありませんし、女性としては「この人は避けた方がいいのでは?」と考えてしまうかもしれません。

 

  • 婚活に置いて自営業は不利なのか?
  • 自営業のメリット・デメリット?
  • 自営業の人との結婚は避けるべきなのか?

など自営業の場合のポイントについてお話します。

 

自営業とはどんな仕事をしている人のこと?

自営業と聞くと、すぐに出てくるのは親の家業を継いで商売をしている人や、零細企業の工場を運営している人など、何かと「泥臭くてお金を稼げていない」とネガティブなイメージを持つことが多いと思います。

ですが、自営業と呼ばれる人の仕事は何も、小規模な商いや工場経営者だけではありません。

 

例えば自分で会社を立ち上げたIT企業の社長であったり、個人で事務所を運営している弁護士や会計士、税理士などのいわゆる「士業」の人、開業医など様々な人がいます。

また特別な専門職以外にも、IT業界などでは企業から直接仕事を貰っているフリーランスと呼ばれる人や、メディアに寄稿するフリーライターの人、デザイナー、コンサルタントなど様々な業種で自営業の人は存在します。

 

そして自営業者やフリーランスの場合、勤め人では中々稼げない年収を稼いでいることは少なくありません。

僕が以前仕事でお世話になった方の中に、フリーランスのエンジニアの人がいたのですが、月に100万円以上は貰っていました。

恐らく会社勤めのエンジニアだと同じ仕事内容でも35万円くらいになると思われるため、やはり自身が直にクライアントと契約できる自営業は儲かるといった印象でした。

 

別の知人の場合、自信でwebメディアを立ち上げましたが、そこでの広告収入費用は月500万円以上になっていると聞きました。

 

自営業のメリット

会社務めよりも稼げる

確かに収入が不安定かもしれませんが、その分事業や頂いている案件次第では、サラリーマンよりも遥かに稼げます。

サラリーマンの月100万円(年収1000万円)というのは大手企業の役職でもない限り稼げない額で中々目指せるものではないですが、自営業の人の場合は少し軌道に乗れば全然目指せない金額ではありません。(とは言っても僕からしたら普通にすごい額ですが)

 

自営業者やフリーランス・個人事業主の場合は、働いたら働いた分だけ実績を出したら出した分だけ、直に収入に反映されます。

ですが、会社員や公務員の場合は昇進・年功序列・前年の評価・上司に気に入られているか?など様々な要因で決まるため、ある程度の安定はあるものの多少能力があったり、仕事を頑張っていても給料のアップは難しいです。

自営業の場合は年収が上がる可能性があるということです。

 

時間の融通が利く

また周りの自営業者やフリーランスの人を見ていてびっくりしたのが、年収1000万円以上をたたき出しながら、時間に余裕があることです。

朝ジムに行き、昼は優雅にランチを食べて、夜はオシャレなバーにいるような人は少なくありません。(もちろん自分が知らないところで仕事はしているはずです)

 

自営業の場合、人によっては毎日8時間必ずしも働く必要がなく、ある程度個人の裁量でスケジュールをコントロールすることができます。

結婚した場合においては、平日の昼間の人が少ないタイミングでの観光デートができますし、子供が生まれた場合は授業参観、子供の世話、運動会などのイベントごとの参加など積極的に家族と触れ合う時間を取ることが可能になります。

 

節税ができる

会社員や公務員の場合、給料から税金を引かれた額が手取りでそこから仕事の必要な備品や書籍などを買ったりしてお金がカツカツになる人も少なくないと思います。

ですが、自営業や個人事業主、フリーランスの場合、収入が入ったら税金を引かれる前に備品や書籍の購入、あるいは飲み会なども打ち合わせとして経費にすることで節税をすることが可能です。

 

ようするに経費として精算することで、税金上はは会社員時代よりも年収が下がったという扱いになるものの、使えるお金自体は多くなるという節税を行うことが可能です。

 

自営業のデメリット

不安定な収入

公務員や会社務めの人が婚活において人気が出るのは収入が安定しているからです。

事業が傾いたら当然収入は下がりますし、そうなれば夫として、父として家庭を養っていくのが難しくなってしまいます。

 

ただ、フリーランスとして企業から仕事を頂いている(業務委託している人は)その企業が発注をストップしない限りはある程度安定して収入があるため安定していると言えます。

 

社会保険、年金

会社員や公務員ならば厚生年金or共済に加入することが絶対になります。

しかも納める額は会社と従業員の折半であるため、個人負担が少なく老後への備えができます。

 

ですが、自営業の場合は「国民年金」や「国民健康保険」に加入する必要がありますし、当然会社に所属していないため自分で納める必要があります。

事前に「国民年金基金への陥入している」「投資による配当がある」「現役時に預貯金がある」と言った人は別ですが、老後の安心感は会社員や公務員の方が優勢と思われます。

 

自営業との結婚はやめた方がいい?

自営業の人の種類やメリット・デメリットを紹介しました。

確かに自営業の人の場合、会社務めの人に比べて給料だけでなく福利厚生の面でも不安定ではありますが、その分稼げる額はサラリーマンの比じゃないくらいのポテンシャルがあり、また時間に余裕が出来ている人も多いのでより良いライフスタイルを送れる可能性があります。

 

ただ自営業の中にもやめておいた人方がいいという人もいます。

 

金使いが荒い人との結婚はやめた方がいい

正直な話、自分で事業をしている人の場合、今は稼げなくても今後化ける事業に力を入れていたり投資をしている人も多いため、その人が将来的に稼げるかどうかは見分けのつかないことが多いです。

世の中の社長夫人の大多数は、社長が貧乏の頃から付き合っていることが多いというデータもあるため、年齢によっては将来性を見込んで「青田買い」という形で付き合うのも悪くはないと思います。

 

また、現在はそれなりに稼いでいる人でも結婚してはいけないという人もいます。

それは遊びほうけているかどうかです。

 

もう散々お話しているのですが、自営業や経営者というのは収入が不安定です。

儲かっているから時々豪勢なレストランに出かけているというレベルならまだしも、後先考えずに高い車を買ったり、しょっちゅう高級クラブを出入りしているような人は万が一のリスクを全く考えれていません。

そういう人は事業が傾いたときのリスクヘッジなんてものは当然ながらしていないですし、廃業後に仕事に就く能力もないことがほとんどです。

 

先ほどお話した僕の知り合いの自営業者さんは、月に100万円以上稼いでおきながら、服はユニクロがほとんどですし、家賃もそんなに高くもなく、お酒を飲むにしても普通の居酒屋で割と質素に生活しています。

正解的に有名な投資家であるウォーレンバフェットも、巨万の富を得ながら住んでいる家は郊外の古い一軒家です。

 

ちゃんとした自営業者や経営者の人は万が一のことを考えて必要以上にお金は使わないように、蓄えたり投資に回すことでリスクヘッジをしています。

もし婚活において自営業の男性が気になるようでしたら、金使いについては注意深く見てましょう。

 

一緒に事業を手伝う覚悟が必要

正直自営業の人と結婚するにあたっては、「この人と結婚したら楽できそう」というヨコシマな気持ちの人間であるならば、もっと安定した仕事の人を見つけた方が良いです。

事業が傾いたら生活のためにあなたも働きに出なければなりませんし、ワンマンの経営者だったら「一緒に事業を背負う」くらいの覚悟は必要になります。

 

もしあなたが結婚する彼のこと、生まれてくれるであろう子供のことを考えれる素敵な女性であるのならば、「自分も彼を支える」という意気込みは持っておくべきです。

 

結婚したい自営業者がするべき1つのこと

不安材料を無くす

相手の女性や、相手方の親の思うところとしては、「この男性と結婚して万が一廃業したらどうしよう?」「うちの娘を不安定なやつのところに嫁がせてたまるか?」という気持ちがあります。

 

そういうときにどうするかと言えば、相手の不安に思う気持ちを消せるような準備をすることです。

 

露骨な例ですが、自営業者と言っても不動産を持っていてそこで賃貸業を営んでいるというとヘタな会社員よりも何故か安心できますよね?

流石に不動産は持っていないにしても、親の家業を継いで商売をしているのと並行で、別ジャンルの事業をしている(取り組む予定がある)と伝えることで、リスクヘッジをしてることや将来について真剣に取り組んでいることをアピールし、不安の解消をすることができます。

 

他にも、安定した取引先があることを伝える、万が一廃業した時に勤め先があるかどうか、貯金額(保有資産額)などアピールできる手段はいくらでもあります。

大切なのは「相手女性の不安をいかにして軽減してあげれるか?」相手の立場になって考えることです。

 

自営業者の婚活に悩むのであれば結婚相談所がオススメ

「独立してから出会いがない、だけど結婚したい」というのであれば、結婚相談所がオススメです。

 

ネット婚活サイトや婚活パーティーなどの場合は、やはり公務員や大手企業に勤めている「いわゆる安定している人」に人気が集中してしまいがちです。

あなたが口が上手な場合は問題ありませんが、中々自営業者やフリーランスの良いところを初対面の女性に伝えるのは難しいと思います。

 

結婚相談所であれば、担当の専任コンシェルジュが丁寧にサポートしてくれるため、あなたが伝えきれなかった良いところをきちんと相手方に訴求してくれます。

また共に歩んでくれそうなあなたとフィーリングが合いそうな人を探してくれるのもコンシェルジュの仕事であるため、結婚した時もより良い結婚生活が望めます。

 

サポートが充実している結婚相談所としては、「IBJメンバーズ」と「パートナーエージェント」がオススメです。

無料カウンセリングや資料請求をすることもできますので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょう?

 

IBJメンバーズ

日本で一番、出会える数が多いと言われている結婚相談所です。

 

日本結婚相談所連盟に所属しているため、全国の結婚相談所から60000人の紹介が可能になっています。(※男女合計)

 

出会える数の多さ意外にもIBJメンバーズには強みがあります。

  • 成婚率55.4%
  • カウンセラーによる手厚いサポート

 

通常の結婚相談所ですと、成婚というのは「相談所経由で付き合った人」と定義づけするところがほとんどです。

ですが、IBJメンバーズでは成婚を「付き合って親への挨拶を済ませ、いよいよ婚姻届けを出すぞ」というのを定義としています。

そのため本当の意味で55%以上の確率で結婚が見込めることになっています。

 

 

またIBJメンバーズのカウンセラーは、日本結婚相談所連盟の立ち上げをした「株式会社IBJ」社長による、研修を定期的に受けている婚活のプロです。

高いサポートを提供してくれることを保証します。

 

「結婚したい」と考えるのであれば、話を聞いてみる価値がある結婚相談所だと断言できます。

 

パートナーエージェント

結婚情報

 

成婚率NO.1を誇る結婚相談所です。(2016年8月株式会社ネオマーケティング調べ)

 

パートナーエージェントでは、豊富な実績データを基にした信頼性の高い婚活設計を活動のベースとしています。

  • コーチングメソッドを学んだコンサルタントが在籍
  • KPI(結婚という目的達成のための指標)No設定
  • 婚活にPDCAサイクルを導入

などなど、本格的な企業のコンサルティングを婚活に適用させ、徹底的なコーチングを行ってくれます。

恋愛においての自分の伸ばすべき長所、反対に改善すべき短所を的確にアドバイスしてくれたり、お見合い時に気を付けるべきこと、デートの方法までトータルで婚活をサポートしてくれます。

 

また、コンタクト(お見合い)から交際に至る「率」を高めることが成果につながるとの考えから、紹介をはじめ多様な出会いの「場」の提供に力を入れています。活動には専任コンシェルジュが伴走します。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です