「素敵な彼氏が欲しい」と奮闘したエピソード



こんにちは!

普段は非リアな僕の恋愛奮闘記と称して様々な記事を書いているのですが、今回はモテたいと頑張った話を寄稿していただいたので紹介したいと思います。

彼氏作り奮闘記

私も中々彼氏ができませんでした。

高校を卒業したときに初めて彼氏ができて以来、33歳で結婚するまで、彼氏がいなかった期間が半年以上開いたことはありません。

美人でもなければ特別可愛いわけでもないですが、いつの間にか彼氏ができています。

そんな私の彼氏の作り方を紹介します。

やっぱり見た目が大事?

まず、第一印象が大切です。

男の人はパッと見たときにきれいな人に視線は行きますが、その後は一緒にいて居心地が良いかどうかで付き合うかどうかを決めることが多いのです。

第一印象で好まれるのは、とにかくニコニコしている人です。

明るい女性に男の人は「この人、いい感じだな。」と直感的に思うので、初対面ではいつもよりも口角を上げてみましょう。

 

また、過剰な肌見せは男性ウケはしないようです。

さりげなく肌見せは健康的で魅力的に映りますが、あまりにも露出が多すぎると「この人はどんな人?」と逆に警戒心を抱かせてしまいます。

清潔感のある女性を好む傾向が強いので、肌見せコーデも過剰になりすぎないようにちょっと控えめくらいがちょうど良いです。

会話編

相手の話に関心を寄せることで男性との距離がグッと近づくこともあります。

男性は話を聞くことも好きですが、自分の趣味や興味のあることを話したいと思っている割合が多いので、そのような話になったときに適度な相槌や「知らなかった。」「詳しいんですね。」などの言葉を加えると、「この人は自分の話をきちんと聞いてくれている。」と安心するのです。

男性は少し持ち上げてあげると気分が良くなるという結果もありますから、不自然にならない程度に持ち上げてあげると会話も弾みます。

あまりにもがつがつと男性に近づくと「肉食動物みたい・・・。」と引かれてしまうこともあるので、野望は持ちつつもさりげなく接すると男性は安心します。

男性は意外と繊細なのです。安心した距離感でしばらく過ごすことで仲が深まることも多いです。

愚痴は控えめに

男性は往々にして愚痴系の話は好みません。

愚痴を言いたいときは女友達と発散をしましょう。

男性は建設的な話を好むので、ただの愚痴は「だからどうなの?」という思考になりがちです。

女性はただ話したかっただけのことでも、男性側からしてみると「だから?何?」というレベルの話になってしまいます。

男性と話すときには愚痴は極力避けましょう。そうしないと「いつも愚痴ばかり。」と思われてしまいます。

良い友達で終わらないために

彼氏になるかどうかは付き合い方によっても変わっていきます。

いい友達で終わってしまうか、この人と付き合いたいという気持ちになるかはあなたの仕草や行動からつながった結果なのです。

彼氏が欲しいと思うことは大切な気持ちですが、その行動や仕草が逆に彼氏作りから遠ざけていないか考えることも必要です。

いい人がいない・・・

みんなよく言うのが「いい人がいない」「職場の男性は皆んな既婚者」といったものです。

確かに職場の仕事ができる上司には愛する奥さんがいたり、もはや論外…な同僚、つい最近新卒で入ってきた年下の社員は「子供が産まれました〜」なんて報告されることも日常茶飯事ですよね。

私が思うに「出会い」は自ら作らなければなりません。

でも婚活って意気込むのも正直しんどいので、婚活自体はするのですが気張り過ぎずに出会いを作りましょう。

最近は、街コンや婚活パーティー、マッチングアプリなど自然発生以外にも様々な出会いがあります。

 

またその出会いがいつ来ても良いように、男性を引き付けられるように、

  • 清潔感のあるメイク
  • 可愛らしい服装
  • 自然な笑顔

を普段から心がけると良いかと思います。

おわりに

さすがにこれだけ気を使えてれば持てるようになって当然だなと思いました。

また内面磨きをしまくっても、それらを活かせる場がなければ意味がないという事にも言及していただきました。

出会いについて頑張った記事やオススメ婚活サービスについてもまとめましたので参考にしていただければと思います。

社会人は出会いがないのでいろいろ頑張って2ヶ月で彼女を作った話

2016.08.31

婚活サイト・アプリ・パーティーの比較&評判!オススメまとめ【2017年版】

2017.05.30

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です