婚期を逃すかも?結婚相手をみつけるためにやってはいけないこと!

投稿日:

最近は、男女関係なく活躍できる職場が増えているため、結婚しなくても生活に困ることはないと思う人もいるかもしれません。

しかし、同期の仲間の結婚を心から喜ぶことができない自分にショックを受けている人も少なくないのです。

 

今回は「がんばっているのに結婚相手がみつからない人」がやりがちな「結婚相手をみつけるためにやってはいけないこと」を紹介します。

 

結婚に備えてスキルを徹底的に磨いている

結婚相手を求める女性は「男性は料理や洗濯がしっりできる女性を求めている」と考えがちです。

確かに昔は花嫁修業という言葉があり、料理と洗濯ができなければお嫁に行けなかったのかもしれません。

 

しかし、現代は洗濯は高機能の洗濯機が行い、おいしいものが食べたければいくらでも売っている世の中です。

男性は、家事も仕事も完璧にできる女性にスキを感じません。むしろ「疲れる女性」としてとらえてしまうのです。

 

また最近の男性も、家事をすべて女性に任せようという人は少なくなり、家事や育児など積極的に手伝ってくれる傾向があります。

 

そのため結婚に備えてスキルを磨きまくる必要はあまりなく、むしろスキルを磨いてから婚活をしようとか考えると出遅れてしまいかねません。

 

好意を持ってもらうために気前よく財布を開ける

金払いがよくて好かれても、けして結婚相手として好意を持っているわけではありません。

むしろ、軽く財布を開けてしまうような女性と結婚したら、浪費されて生活が破たんしてしまうと思われるでしょう。

 

結婚や恋愛にお金は絶対にからませてはいけません。

もしも、男性に「払ってほしい」と言われたのならば、相手はあなたを結婚相手としてみていないと考えるようにしましょう。

 

また男性自身も多めに払うことは気遣いとして良いかもしれませんが、常に全額食事などを奢ったり、高額なものをプレゼントして欲しいとせがまれる場面が続いたら、ただ単に遊ばれているだけかもしれませんので注意。

仮に結婚できても浪費が心配になります。

 

男友達をたくさんもつ

男友達がたくさんいるにもかかわらず、結婚に縁がない人がいます。

 

気がついたら男友達が多かったというならば問題ないのですが、意識して男友達を増やしているようならばやめたほうがいいでしょう。

なぜならば、男友達をたくさん持とうとしている人は、人によっては「男好き」に見えてしまうのです。

 

求めるレベルを高望みし過ぎている

前の恋人が魅力的だったりだとか、周りの友人の結婚相手が物凄くスペックが高かったからとって、あなた自身もえり好みをし過ぎていあんせんか?

いくら出会う場面があっても「もっといい人がいるはずだ」とえり好み過ぎてしまったら、決して結婚することはできません。

 

相手に求めすぎるのをほどほどにして、むしろ「性格が合う」とか、「この人は自分に持っていないものをもっている」だとか良い面を探す努力をしましょう。

またよほど好みではない限り一度くらい二人で食事に行くなど誘いに乗って、人柄を見るということをしてから合う・合わないを判断しても良いと思います。

 

一期一会を大切にしてみましょう。

 

求めるレベルをうんと下げている

反対にレベルを下げ過ぎている場合も注意が必要です。

 

周りの友達がどんどん結婚していくと焦りが出てくるものです。

つい結婚相手に求める条件を妥協して、レベルを下げていきたくなるかもしれません。

 

しかし、結婚は一時的なものではありません。もしも、うんと妥協して結婚相手をみつけたとしても、だんだんと価値観の違いが気になり始め、生涯添い遂げることは難しいでしょう。

 

また、結婚相手に求める条件が低いということは「誰でもいい」ということになりかねません。

相手に求めるレベルを下げているつもりでも、実は自分自身の価値を下げてしまうことになりかねないのです。

 

自分の力だけで結婚相手を探そうとしている

結婚したいと思ったら、自分で結婚相手を探すことは自然な流れです。

しかし、職場や環境によっては出会いの場が限られていることも多いのです。

 

また、どんなに素敵な女性であっても男性の前に出ると自分をアピールすることができない人もいます。そういうときには、自分だけで頑張るのではなく力を借りることも一つの方法です。

 

昔ならば、近所や親せきに世話好きな人がいて、お見合い話を持ってきたものですが、最近はめったにお目にかかりません。

それに代わって普及してきたものが、結婚サイトや結婚相談所なのです。

 

多少のお金はかかりますが、無駄な時間を費やすことなく婚活することができます。

また、結婚のプロからアドバイスをもらうこともできるので、客観的に自分を分析する機会にもなります。

 

結婚は、期間限定で終わるものではありません。

自分が納得できるやり方で、運命の人を探してみてください。

 

オススメの結婚相談所をまとめてみました。是非参考にしてみてください。

関連記事:結婚相談所比較!口コミ・評判・おすすめを紹介します

 



素敵な恋人ができるおすすめ恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

pairs3

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

マッチ・ドットコム

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.