論理的思考力?ロジカル シンキングとは?また鍛え方は?

スポンサーリンク

仕事をしていると物事を論理的に考えろなんて言われることが多々あると思います。今回はそんな論理的に考えること、言い換えればロジカルシンキングとはなんぞやってお話をしたいと思います。

wikipediaによるとロジカルシンキングとは以下のように定義されています。

ロジカルシンキング(logical thinking)とは、一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことである。

出典:wikipedia-ロジカルシンキング

そもそもなぜロジカルシンキングが必要なのか?

必要とされる理由について

  • 相手をうまく説得できること
  • 課題の把握力があがる

が挙げられています。

相手をうまく説得できること

例えば店頭でiPhone7を売りたいときに、『この商品は必ず売れるから俺を信じて買え』って言われたらどうですか?多分いらないですよね?ですがそれをそれを『この商品は売れますなぜなら、前型よりさらに軽量化に成功し、カメラの画素数がよくなり、ついに防水機能も搭載しました。』と言われたらどうでしょうか?根拠が明確になり正しいか正しくないかの判断が分かりやすくなったはずです。

課題の把握力があがる

売り上げが思うように上がらないという課題がある場合に、『もっと訪問しろ、電話アポ取れ、とにかく行け』みたいな課題をイマイチ把握できていないと成果は出づらいです。そこを『課題を列挙してみよう、例えば営業パーソンの行動量を上げれば増えるかな?商談スキルは低下していないか?商品に問題はないか?』様々な要素から課題を把握できるようになれば当然成果もあがります。

ロジカルシンキングの行う上にで役に立つ要素

結論から話すようにする

インターネットメディアや書籍の場合は起承転結の流れを組む、もったいぶった話し方であるクライマックス法は有効ですが、ロジカルシンキングの場合、結論から話すアンチクライマックス法を使います。

あまり難しいことは考えずに『○○は△△です』の切り口で会話をするとできるビジネスマンっぽくなります。『○○は△△です』のあと以下のように展開していきます。

結論を列挙する

列挙で話を展開する場合『○○は△△です。理由が3つありAとBとCだからです。』のようにしていきます。

例えば、おもちゃを買ってほしいなぜなら「みんなの間で流行ってて持っていないと仲間外れにされる。」「さらに今月は誕生月だ。」「おまけに今セール中だからお買い得」という風に列挙します。

結論を掘り下げる

もうひとつ結論を展開する場合、掘り下げと言う手法があります。『○○は△△です。なぜならAだからBであってCである。』と言った感じです。

こちらも例を出してご説明いたします。

当社では若手が育たない。

若手社員の成長意欲がないからじゃないか?

でも意欲がないのは成長しないといけないという思うやりがいや難易度のある仕事が与えられていないことにあるのではないか?

上司や先輩が若手に難しい仕事を振らずに自分でこなしているのが問題ではないのか?
というように展開します。

トヨタでも『5なぜ分析』と言う形で掘り下げています。

なぜなぜ分析をトヨタ生産方式に基づいて説明する「5なぜの法則」
http://www4.tokai.or.jp/advi-qc/p01.htm

実際には5段階も掘り下げなくても良いというビジネスマンもいるので、あくまで話すテーマや内容の厚さに合わせて考えてみてください。

おわりに

いかがだったでしょう。上司から「論理的に考えろ」と言われた時の参考になればと思います。実際ロジカルシンキングはさまざま場面で役立ちます。

ビジネスシーンで使うのであれば『結論から言うと』っていう切り口から始めるとそれっぽい好感の持てる報告になるので機会があれば使っていただければと思います。

はじめてのロジカルシンキング 3つのステップで考える!

ロジカルシンキングは使ってこそ、意味がある。でも実際にはなかなか使いこなせるようにはならない。本書では難しい話はいっさい省いて、3つのステップで、伝えたいことをきちんと伝えられるようになる訓練をする。

「どんなデートをする?」「ペットを飼うならどう家族を説得する?」など、身近なテーマと豊富なイラストで楽しみながら学べる本。

今までよりずっとわかりやすく話したり、説明できる。3つのステップで、伝えたいことをきちんと伝えられるようになる訓練。

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

イベント会社に勤務する桃子は、5年も会社にいて、自分の企画を通したことがない。上司からは「もっと考えろ」といわれ“ダメ社員”の烙印を押されていた。

そんなとき、偶然、外資系会社に勤めていた幼馴染と再会。そこで、世界一の頭脳集団・マッキンゼー&カンパニーの最強の武器「ロジカル・シンキング」の存在を知ることになる。ロジシンを武器にした桃子は、次々に迫り来る仕事の難題に、どう立ち向かうのか!?

営業、企画、プレゼン 仕事が10倍うまくいく! 世界基準の思考整理術をマンガでやさしく紹介!

鬼速PDCA

【発売1ヶ月でたちまち5万部突破!!】
3日ごとの振り返りで自分もチームも10倍速で進化する! 野村證券で最年少記録を出し続けた、努力を100%結果に変えるフレームワーク!

PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(調整)の4ステップからなるPDCAサイクルは、ビジネスパーソンであれば誰もが知る古典的なフレームワークだ。

しかし、PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、そして基本だと言われているのに実践している人が少ないフレームワークも珍しい。PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると、仕事に一切の迷いや不安がなくなる。そして、常にモチベーションを保ったまま、天井知らずに成果をあげられるのだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です