街コンで仲良くなった人がマルチの勧誘だった話

投稿日:2017年5月20日 更新日:

このサイトは自身の恋愛を応援するサイトなので、定期的に街コンや恋活アプリを使って恋活した話を中心にお送りしているですが、今回は街コンで仲良くなった女の子がマルチの勧誘だった話をしたいと思います。

マルチ商法とは

説明する必要はないとは思いますが一応知らない人のためにマルチ商法について説明をいたします。

マルチとはマルチレベルマーケティングでMLMなどと言われることもあります。他にも連鎖販売取引やネットワークビジネスという呼び名もあります。あのトランプ大統領もマルチで利益を得ているとか・・・・

 

簡単に言ってしまえば、会員が新たに会員を勧誘し、その新規会員がさらに別の会員を勧誘することで成り立っています。

まあ大抵の場合、儲かるのはピラミッドの上の方だけで、下にいる人はさらに下の人を増やさなければなりません。

 

マルチ商法は悪いことのように感じますが、「特定商取引法の連鎖販売取引」に沿った販売形態であれば犯罪ではなく合法です。

  • 市場価格に比べてあまりにも高い商品を売ること
  • 誰でも稼げるなど誇大広告をうたう事
  • クーリングオフを設けていない
  • 勧誘と実際の内容が乖離している
  • 事実を隠蔽して勧誘すること

などに違反していなければセーフです。

ちゃんとした団体の場合、儲からなかった時に返金して退会などもできるようなので世間程悪いイメージは実際ありません。

街コンでマルチの勧誘女と仲良くなってしまった話

ゴールデンウィークのある日、僕は友人と街コンに行く約束をしていました。

ただイベントが近くなった時に友人に彼女ができてしまった。その時の僕は彼を「祝」えばいいのか、「呪」えばいいのか正直迷った。

 

でも申し込んでしまったものは仕方がないので取りあえず一人で参加することにしました。その街コンの会場は池袋の小洒落た飲み屋さんです。

イベントに行ってみれば、そこそこ可愛い女の子がいる。その中でも個人的に気になったのが、今回僕をマルチに勧誘してきた女の子。通称マル子。

なぜ彼女が気になったのかと言えば、可愛いからというわけではない。マル子の見た目のイメージを伝えると、肌ツヤがいいメガネといったところだ。

でもなぞの存在感があった。常に笑顔でとにかくハキハキ喋る。僕が大好きなアニメの話をしている時(自称:饒舌キモオタモード)並に常によく話す。

 

しかも自分よがりに一方的に話すのではなく、うまいこと場を盛り上げながら話していた。街コンでも合コンでも、デートでも大抵話して場を盛り上げるのは男の仕事みたいなイメージの自分には珍しい体験だった。

Line交換はしたものの、このとき他の女の子が気になっていたため僕からは送らなかった。そんな中、彼女から「近いうちにお茶でもしない?」と連絡が来た。

悪い子でもないし、誘われたからとりあえず行くかと思い応じることにしました。

 

会ってみたら、マル子はやはり最初に会った時の印象そのままでよくしゃべる。

流石に二人っきりでその量で喋られると少し疲れるとは思いつつも、二人きりの場を盛り上げようと頑張ってくれているのが伝わってすごく嬉しかった。

 

後日マル子からLINEが来ていた。内容は今度「合コンをしないか?」というものだった。

しかも男メンツも揃えているから特になにもしなくてもいいよ、という準備の良さ!!僕は二つ返事でOKをした。「あのとき引き返しておけば」今にして思えばそう思う・・・・

合コンに行ったらマルチのパーティーだった件

この記事を読んでいる人は「こんなの罠じゃん!馬鹿乙」と思うだろう。書いている僕もそう思う。というか参加すると返事をしたときも少し思った。

「普通に考えて街コンで仲良くなった女の子が合コンしたいってなんやんねん!」と今なら思うわけですが、それでも可能性があればガッツキたくなるのがモテない男というものです。

男は馬鹿な生き物だ!目の前に餌があればたとえそれが罠かもしれないと思っても引っ掛かってしまうものだ!(主語がデカイですねごめんなさい)

  • 「もしかしたら本当にただの合コンかもしれない」
  • 「いやマル子に限ってそんなことはない」

とにかく自分言い聞かせた。俺が間違うはずがないと・・・・

 

合コン会場についた。今回のイベントは品川だ!品川のチェーン展開をしていない小洒落た居酒屋に入った。

居酒屋に入るとマル子が手を振って合図をしていた。

 

辺りを見回すとさっそく違和感を感じた。合コンと言うにはあまりに多い人数だった。男性8人、女性7人ほどいた。

「まだあわてるような時間じゃない」とどこかのバスケットボールマンガのようなことを自分に言い聞かせた。

席に付くと様々な話題で盛り上がった。趣味の話や仕事の話などざっくばらんに話した。もしかしたらこの人たちはいい人たちかも知れない・・・・

 

そう思ったら今回のイベントの主催が登場した。その主催は飲食店事業を経営していて、みんなからは師匠とかメンターと呼ばれているではありませんか!?

ここで僕の記憶が走馬灯のように蘇った。
関連記事数年掛けてマルチ商法に勧誘された話

この謎の慕われよう、誰もがうらやむ感じの成功者っぷり、見てくれや会話・身振り手振りの雰囲気、めっちゃくちゃ寒いダジャレなのに周りの人が爆笑してる謎の空気感、社畜から仕事やお金に縛られない自由な生活を得たという成功体験

いつぞや勧誘してきた大玉ネズミそのものだった・・・・

「マダアワテルヨウナジカンジャナイ・・・・・いやもう駄目だ!はやくこの場から逃げなきゃ!また不毛な勧誘に付き合わされることになる・・・」必死にこの場を立ち去る言い訳を考える僕。

咄嗟にケータイを取った。電話なんて掛かってくるはずがないのに電話が来たふりをして席を立った。

 

数分後血相を変えたフリをして僕は座席に戻った。「仕事で呼び出しを食らったから帰らなければならない」そう言い残してこの場を後にした。(このときの自分はオスカー賞を取れる並の名演技をしていたと思う)

もしかしたら僕の勘違いで彼女たちはマルチではなく、本当に仲の良い集まりなのかもしれない。

真相を確かめないで帰ってしまったので本当のところは分からない。だけど思い返してみれば不自然なことだらけだ。

不自然だと感じた直感が無意識に僕を動かした。

 

唯一の心残りは、その合コンの中に、恐らく僕と同じように「連れてこられたんですけど何ですかこのイベントは?」という顔をしていた女の子のことだ。救ってあげるべきだったのかもしれないがあいにく自分の身を護るので精いっぱいだった・・・・

僕にできることは「なんとか逃げ出して素敵な彼氏を作って幸せになれよ!」と祈ることだけである。

マルチの特徴

先ほど、不自然な点があることを述べました。過去に勧誘された経験から以下の点がマルチの人っぽいと酷似していたからです。

あなたが知らず知らずのうちに勧誘されないためにも特徴をまとめました。
参考にしてほしいですが、参考にしなきゃいけない場面に出くわさないことを祈ります。

尊敬している人の話をやたらする

マル子と喫茶店でお茶をしているときに、唐突に「私には尊敬している人が居る」という話をされます。

面識がそんなにない人と仲良くなりたくてお茶してのに、自分の話よりも優先して知り合いの話をするものなのでしょうか?

 

少なくとも僕は自分の話をして自分のことを知ってもらおうと努めますし、全く知らない第三者より目の前にいるあなたを知りたいのにって思います。

マル子の目的は、僕にその人を「会いたくなるような凄い人」と思い込ませることです。

 

そうやって勧誘の次のフェーズに進めようとします。

「尊敬したくなる人」というワード以外にも「師匠」って呼ぶ場合もあります。このご時世に師匠ってドモンと東方不敗かよ笑(機動武闘伝Gガンダムネタです

ビジネス書を進める

マルチの勧誘者はビジネス書を進めてきます。貸すことで次に会う口実を作ることはもちろんのこと、それ以外にも新しい価値観を植え付ける教育を著書を通じて行います。

有名どころだと「金持ち父さん、貧乏父さん」です。この本を進めてきたらマルチを疑ってもいいでしょう。(実際本の内容自体は良書なんですけどね)

金持ち父さん、貧乏父さんとは?

金持ち父さん、貧乏父さんをものすごく簡単に説明すると、物語の主人公には二人のお父さんがいます。

厳密に言うと生みの親と、人生でいろいろ教えてくれた友人のお父さん(第2のお父さん)がいました。

 

自分の生みの親は経歴もしっかりしているのにいつになっても貧乏、他方友人のお父さんは経歴こそ微妙なのにどんどん金持ちになっていく。

両者の違いは、学校の教育を受けたorお金の教育を受けた、ということで、友人のお父さんは学校の勉強はあまりしてこなかったタイプだけどお金の勉強はしっかりしていきたから金持ちなりました。

 

主人公はお金の知識(インテリジェンス)が高い友人のお父さんである金持ち父さんに教えを乞うことになる。

 

働き方についての考え方や、お金持ちになるためのマインドセットなど参考になることは非常に多いので、機会があったら読んでみて欲しい一冊だと思っています。

(ただしそれ以外の同じ著者の本は似たような内容なので読まなくていいです)

 

また、これ以外にもマルチがオススメする本がいくつかあります。今回のマルチの女が紹介してきた本は、いつもの勧誘とは違うものだったので中々確信を持てませんでした。

この辺りは勧誘ではメジャーらしいので、オススメされたら疑いましょう。

心のブレーキの外し方

「心のブレーキ」とは、誰もが心の奥底に持つ「潜在意識の現状維持メカニズム」のこと。

このメカニズムが働く限り、あなたの人生は変わりません!頭(顕在意識)で何を考えても、潜在意識がブレーキを踏むからです!「頑張ってもうまくいかない」「ヤル気が出てこない」「こんなはずじゃなかった」...などの原因は「心のブレーキ」なのです。

本書では、「心のブレーキ」の外し方を初公開します。

本文導入のご紹介

上京物語

成功を夢見て上京した青年、祐介。いい暮らしがしたい。かっこいい車に乗りたい。自分の家が欲しい。

誰もが思い描く「理想の人生」を追い求めていたはずだったのだが...故郷を旅立つ息子に父が贈る夢を実現するための五つの新常識と三つの方法。

今回の街コンでマル子にオススメされた本です。

地道力

「ヘアサロン業界の風雲児」は、20~40代のとき何をしていたのか?テレビ東京系『ソロモン流』でも話題となったカリスマ社長が語る55のヒント。

この辺は割とメジャーだという話をお問い合わせで聞きました。他にも、最近だと「嫌われる勇気」なんかも勧誘に使われているようです。

無駄にポジティブ

マル子はとにかくポジティブでした。

 

先ほど話した通りやたらハキハキと笑顔で話す。仲の良い友達ならまだしもほぼ初対面の相手にここまで明るく接するかと言うレベルで(まあそりゃ勧誘営業だから当たり前か・・・

 

「いつか独立して自由になりたい」みたいな感じで夢を語りだします。

大学の同期や後輩にも在学中からそういう人たちはいるので独立自体にはなんとも思ってないのですが、大学の友人と違って何でどうやって独立するのかが全く見えてこないのも違和感を感じました。

例えば、

  • IT系企業にいたらシステム開発でフリーになりたい
  • 金融系にいたらやがては個人でディーラーをしたい
  • コンサル会社勤務なら自分で事務所を立てて企業向けにコンサルがしたい

などなど、独立するときのビジョンが見えてきます。

ですが、マル子をはじめとしたマルチの人たちからはイマイチ何の分野で独立したいのかが分かりません。正体不明の不気味なポジティブさを感じます。

 

僕が思うこと

そもそも恋人探しできている街コンに勧誘活動なんかしにくるなよ。

女子は2000円とかで参加できるかもしれないけど、男なんて安くても5000円で高いと1万円近く払ってるんだぞ!

それで仲良くなったと思ったら「ビジネスに興味ない?」とか言われるんだぜ?んなもんあるわけねーだろ!一昨日来やがれ!っていうのが正直な感想です。

 

以前は街コンで彼女が出来たことがあるので評価してましたが、最近マルチの勧誘(っぽい子)が多いので今後参加するか少し考え物です。

実はこの翌日にも時間が空いてたので街コンの予定を入れていたのですが、そこで知り合った子もマルチの勧誘でした。

連絡先を交換してご飯だべに行ったら「権利収入に興味ない?」と聞かれて少し真顔になってしまいました。(もう少しうまく勧誘しろよ)

おわりに

街コン行ったら、マルチに勧誘されたという話をしました。

他にも

  • 「将来不安じゃないの?」とか煽ってきたリ
  • キャッシュフローゲームしよう

などの誘ってくる特徴があります。

 

街コンや婚活パーティーの運営会社は、マルチや宗教などの勧誘目的の参加を排除するように努めているらしいので楽観視していましたが、まさか本当に合うとは思いませんでした。(と言っても確信があるわけではないですが)

  • 女性の参加料金がやたら安い
  • 身分証明が雑
  • 会員登録がない

などのイベントはマルチにとって労力を掛けずに済むことから、遭遇率が高いことを後々調べて知りました。なのでイベント選びの時の参考にしてください。

 

せっかく高い参加費を払って、「いいなぁ~」と思う異性を見つけてもそれがマルチだとやるせないですよね?

とにかく、恋活のイベントで勧誘行為を行う糞みたいな自称企業家は滅んでくれ

街コンよりも恋活マッチングアプリの方がコスパが良い

最近の街コンは男性の参加料金が無駄に高くて6,000円~10,000円くらいは平気でします。せっかく高い参加費を払って時間を作って身なりを整えても、出会いがないどころかマルチに勧誘されたのではたまったもんじゃありません。

そこでおすすめするのが恋活アプリです。恋活アプリではスマートフォンを使って気軽に異性を探すことができます。

男性の場合は利用料金を払う必要がありますが、月額利用料は1回の合コン代より安く使い放題で女性を探すことができます。

最初は勝手がわからず少し悪戦苦闘をするかもしれませんが、使いこなせて来たらこれだけ心強いものはありません。実際僕も恋活アプリで彼女を作った過去がありそのときの体験談を掲載しています。

当サイトで登録者が多いと評判の人気アプリは以下になります。

あなたが気に入った女性と両想い(マッチングするまでは無料利用が可能なので、試しにいくつか使ってみて「なんか違うなぁ」と感じたら即アンインストールしてもらって問題ありません。

Pairs

僕も彼女を作ったおすすめのマッチングアプリです。

  • 国内最大級 450万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリです。
  • 2012年11月のリリースから位現在までで延べ「2,700万組」のマッチングが成立しています
  • 真剣にお付き合いする恋人を探している・結婚相手を探している人にオススメ
  • 出会い系サービスとは差別化をしているため安心安全です

with(ウィズ)

withはメンタリストDaiGo監修の新感覚マッチングアプリです。

  • グループ機能があるため、初対面同士でも共通の趣味・価値観で盛り上がることができます。
  • メンタリストDaiGoが監修をしており、アプリをダウンロードするだけで性格診断テストを行うことができ、その診断テストの結果で気になる相手を紹介してもらうことができます。
  • 会員は7割が20代ですが、結婚したいという人も多数いるため恋活だけでなく婚活としても利用することができます。
  • 女性は無料(男性は1,400円~3,900円)

※当サイト経由で登録すると「1カ月無料キャンペーン」の恩恵を受けることができます

マッチドットコム

Pairsと平行して利用していたのですが、同じくマッチドットコムがオススメです。

世界最大級の恋活・婚活サイトで、全世界中に24か国・1500万人の利用者を誇っています。日本版でも、国内の157万名の会員を突破しています。

 

特徴は以下の通りです。

  • マッチングサイトではありますが、プロフィール審査は専門のスタッフが目視確認し、不誠実な表現や業者などを徹底して排除しているため、記事中のような記事中のような不誠実な利用を避けれます
  • ユーザーがサービスを使う程、好みの人とマッチングしやすくなる人工知能型マッチング技術搭載
  • 20年以上、サービス運営するマッチングサイトのパイオニア。世界24カ国で展開し、世界中で1500万人以上が利用していて、日本国内は200万名の会員を突破
  • アメリカでは約12%がインターネットを通じて結婚をし、その1/3はマッチドットコム経由

 

恋活アプリの細かい使い方や他のアプリを含めた評判などは以下の記事から見ることができます。

関連記事【2018年最新版!】恋活マッチングアプリのおすすめ人気ランキング5選!

【2018年最新版!】恋活マッチングアプリのおすすめ人気ランキング5選!

恋人は欲しいけど 職場にはオッサンしかいない 周りはみんな既婚者 同性の友達もみんなフリーだから新しい出会いがない ということで悩んでいませんか? 2016年の明治安田生活福祉研究所の調査では、恋人が ...

続きを見る

 

当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-街コン, 恋愛体験談, 恋活・婚活コラム

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.