街コンで仲良くなった人がマルチの勧誘だった話



このサイトは自身の恋愛を応援するサイトなので、定期的に街コンやアプリを使って恋活した話を中心にお送りしているですが、今回は街コンで仲良くなった女の子がマルチの勧誘だった話をしたいと思います。

 

マルチ商法とは

説明する必要はないとは思いますが一応知らない人のために書きました。

 

マルチとはマルチレベルマーケティングでMLMなどと言われることもあります。

他にも連鎖販売取引やネットワークビジネスという呼び名もあります。あのトランプ大統領もマルチで利益を得ているとか・・・・

 

簡単に言ってしまえば、会員が新たに会員を勧誘し、その新規会員がさらに別の会員を勧誘することで成り立っています。

まあ大抵の場合、儲かるのはピラミッドの上の方だけで、下にいる人はさらに下の人を増やさなければなりません。

 

マルチ商法は悪いことのように感じますが、「特定商取引法の連鎖販売取引」に沿った販売形態であれば犯罪ではなく合法です。

  • 市場価格に比べてあまりにも高い商品を売ること
  • 誰でも稼げるなど誇大広告をうたう事
  • クーリングオフを設けていない
  • 勧誘と実際の内容が乖離している
  • 事実を隠蔽して勧誘すること

などに違反していなければセーフです。

 

ちゃんとした団体の場合、儲からなかった時に返金して退会などもできるようなので世間程悪いイメージは実際ありません。

 

皆勉強になったか~~?ってばかやろう!!

僕は別にマルチの解説をしたいわけではないのですよ!!!

彼女が欲しいだけなのだよ!!

 

ことの発端となる街コン

 

ゴールデンウィークのある日、僕は友人と街コンに行く約束をしていました。

 

ただイベントが近くなった時に友人に彼女ができてしまった。

その時の僕は彼を「祝」えばいいのか、「呪」えばいいのか正直迷った。

 

でも申し込んでしまったものは仕方がないので取りあえず一人で参加することにしました。

以前利用したことがある街コンジャパンではなく別会社から申し込みました。

 

池袋の小洒落た飲み屋さんが今回の会場でした。

 

イベントに行ってみれば、そこそこ可愛い女の子がいる。
その中でも個人的に気になったのが、今回僕をマルチに勧誘してきた女の子。通称マル子。

 

なぜ彼女が気になったのかと言えば、可愛いからというわけではない。
正直居る中ではひと際だって可愛いというわけではない。

マル子のイメージと言えば肌ツヤがいいメガネといったところだ。

 

でもなぞの存在感があった。常に笑顔でとにかくハキハキ喋る。

僕が大好きなアニメの話をしている時(自称:饒舌キモオタモード)並に常によく話す。

 

しかも自分よがりに一方的に話すのではなく、うまいこと場を盛り上げながら話していた。

 

街コンでも合コンでも、デートでも大抵話して場を盛り上げるのは男の仕事みたいなイベントばっかりだった自分には珍しい体験だった。

 

Line交換はしたものの、このとき他の女の子が気になっていたため僕からは送らなかった。

そんな中、彼女から「近いうちにお茶でもしない?」と連絡が来た。

悪い子でもないし、誘われたからとりあえず行くかと思い応じることにしました。

 

会ってみたら、マル子はやはり最初に会った時の印象そのままでよくしゃべる。

流石に二人っきりでその量で喋られると少し疲れるとは思いつつも、二人きりの場を盛り上げようと頑張ってくれているのが伝わってすごく嬉しかった。

 

後日マル子からLINEが来ていた。
内容は今度「合コンをしないか?」というものだった。

しかも男メンツも揃えているから特になにもしなくてもいいよ、という準備の良さ!!
僕は二つ返事でOKをした。

「あのとき引き返しておけば」
今にして思えばそう思う・・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です