街コンや婚活パーティーでモテない男女が出会いをゲットするために必要なこと

投稿日:2017年4月17日 更新日:

頑張って街コンや婚活パーティーなどに参加して出会いを探しているものの、「全くモテない!」ということに悩んでいませんか?

私も街コンや婚活パーティーを利用したことがあります。ちゃんと交際に発展したこともあれば手痛い思いをしたことも少なくありません。

街コンで同じグループになっためちゃくちゃモテる奴にすべて持っていかれたり、仲良くなったと子と2回デートをしたのですが突然LINEをブロックされたり、挙句の果てには2人で食事に行った子が明らかにマルチ商法の勧誘の子でした。

本記事では成功も失敗も経験した私が、「こんな人は街コンや婚活パーティーで上手くいかない」というのをまとめました。

モテない男女にありがちな特徴

かつてのダメな自分を思い返してみたり、街コンや婚活パーティーにおいて「この人はモテないだろう」みたいな特徴の人を取り上げてます。

雑誌のモデルを真似してしまう人

モテたいあまりに髪型や服装を今はやりのイケメン俳優や美人女優の真似する人は非常に多いです。

その髪型や服装が似合うかどうかといった事実とは関係なしに、とにかく「イケている人がやっている髪型や服装=モテ」あると勘違いし、自分も同じような髪型に果敢にもチャレンジ。

しかし、顔立ちも違えば体型も違うためにせっかくのオシャレが台無し・・・なんてことを経験したことはありませんか?

もしも見た目で雰囲気を変えたいのであればイケメンや美女を真似するよりも、まずは自分にとってどんな髪型や服装が似合うのかを模索することが大切です。

マンガの俺様イケメンを参考にしてはいけない

まだ髪型や服装をイケメンに似せているだけなら可愛いものなのですが、中にはマンガのドS系イケメンのような俺様みたいな態度を取ってしまう男性も多く見受けました。

自分に自信を持つのは大切ですが、普通の人が恋愛マンガやドラマのような俺様みたいな態度を取っても「寒い!」というのが正直なところ。

女性であれば、アイドルみたいなブリっ子をしてしまうというのも同じようなことです。俺様もブリっ子もエンターテイメントだからこそ成り立つものであることを理解する必要があります。

俺凄いんだぞアピール

モテない男性にありがちなのですが聞いてもいないのに「俺は○○大学出身」「○○に勤めている」「年収は○○○万円」みたいに自分をすごく見せようと自慢ばかりする人がいます。

女性側も仕事のときなら「うわーすごいですね♡」「憧れちゃいますぅ~^^」って返すことがほとんどかもしれませんし、それを真に受けてしまう男性も多いでしょう。

ですが、そういう話ばっかりする人とはプライベートではお近づきになりたくないのが正直な感想。

女子は自信のある男性に魅力を感じるものですが、本当に自信があってしっかりしている人は、落ち着いた雰囲気や話し方、会話の内容から自然と読み取れるものです。自分で凄いアピールをする人は、「この人、自信が無いんだなぁ」と思われてしまいます。

すぐ否定をする

こちらも男性にありがちなことなのですが、普段から相手の話に対して否定から入る人も注意が必要です。

恋愛論などでもよく言われていますが、女性は共感をしてほしい生き物です。ですが男性中には共感ではなく、女性の話に否定から入ったり挙句の果てには論破をしようとするケースも多く見受けられます。

例えば、愚痴を言ったとしましょう。そういったときに聞き手の男性に求めているのは愚痴に対する共感であったり、ねぎらい、場合によってはただ聞いて欲しい時がほとんどです。ですがモテない男性はこのいずれかの行動ではなく「君が間違っている」とか「それは違うよ」のような否定をしてしまっています。

もちろんなんでも肯定をして認めてほしいわけではないのですが、頭ごなしに否定はよくありません。意見を言うにしても「大変だったんだね~~」みたいにクッションを置いてから自分の見解を述べる方がベターです。

人によって態度が極端に変わる人

街コンや婚活パーティーでイケメンや高収入などのスペックが高い人などに対しては愛想が良いのに、ブ男や好みでない人に対しては露骨に嫌な態度を取る女性。

立食で不特定多数に見られているような状況の街コンや婚活パーティーでは、他の参加者からもその様子が見られている可能性があります。

人間である以上、好き嫌いがあることから全員公平にというのは難しいですが、あまりに露骨に態度が変わる人はモテるわけがありません。もちろん女性だけでなく、男性も要注意です。

超受け身

せっかくお金払って街コンや婚活パーティーのような出会いの場に参加しているにも関わらず、自分からは一切話もしにいかないという受け身の人は多いです。(かつての私もそのような傾向がありました)

とくに男性の受け身は救いようがないです。というのも基本的に恋愛は男性が声を掛け、デートに誘い、告白をする、というように男性からアクションを取ることがほとんどです。

もし気になる人にアプローチをして失敗しても、それはその人とは上手くいかなかっただけで世の中のすべての女性に拒絶されたわけではない、また次を探せばよい!・・・・こう考えるようにったらかなり前向きにアクションを取れるようになりました。

また女性に対しても同様で、自分から男性に声を掛けたり、おねだりができるようになればそれだけで1歩も2歩もリードすることができます。何故なら世の中の女子の大半が受け身な上に「私のことを察してよ」みたいなスタンスがほとんどだからです。

清潔感がない

女性はが学生時代からメイクや身だしなみを整えるためよっぽどな人以外該当する人は少なく、比較的男性にありがちな特徴なのですが、せっかくの出会いの場なのに身なりを全く意識しない人も一定数います。

とくに清潔感という観点が欠如していることが問題です。

  • 髪にフケがある
  • 着ている服がヨレヨレでシワだらけ
  • 肌荒れが酷い
  • 口や身体が臭い

といった、見た感じから女性が受け入れがたいといった状態であれば更にモテません。

人間中身が大事だとか言いますが、何だかんだ言っても見た目は大切な要素ですから、かっこよく髪型を決めたりオシャレである前に、きちんとお風呂に入って綺麗に清潔にすることが大切です。

臭いについても、デオドラント剤を使えば簡単に消すことが出来ますし、柔軟剤などを使えば生乾きの臭いもお朝得ることができます。

モテる男女の特徴

今度は反対に街コンや婚活パーティーで、「あっ、この人はモテるなぁ」という特徴の男女を取り上げたいと思います。

自信がある・落ち着いている人

いつの時代もモテる人は自信や落ち着きがあります。それも上述のような「俺は凄いんだぞ」みたいなアピールをせず、自然とかもし出ています。

  • 背筋を伸ばして胸を張っている
  • きちんと相手の目を見て話す
  • ゆっくりとハキハキと話す
  • 落ち着いている

これらを意識しているだけで、落ち着いて自信のあるように見られます。

気配りがうまい

男女共にモテる人は気配りが抜群に上手です。

例えば出会いのイベントでは、食べ物を取り分けたり、談笑の輪に入れない人にも話を振ったり、しています。

デートで言えば、相手の意見を考慮しつつもお店の提案をしてくれたり、待ち合わせの10分前には到着している、お店のドアも引いてくれる、何も言わなくてもお酒をついでくれる、などなど・・・・

頑張って気を使うという感じよりは、「これをしたら相手が喜んでくれるかも・・・」といったようなホスピタリティの精神が高いような気がします。相手が喜ぶことをした結果として自分にも見返りがあるのがモテる人です。

褒め上手

またモテる人は相手のことを褒めて気持ち良くするのが上手いです。

男性も女性もモテる人は、相手の良いなという部分を見つける能力に長けていて、さらに何を褒めたら喜ばれるかというのを分かっている人が多い印象を受けます。

共感力が高い

先ほどのモテない人の特徴「すぐ否定をする」をする人のところで、女性は共感をしてほしい生き物という話をしました。それに対して持てる人は共感能力が非常に高いなという印象を受けました。

例えば「最近仕事で上司にものすごく怒鳴られた」みたいな話をしたときに、「お前が悪い」みたいな返しではなく、「普段あれだけ頑張ってるのにそんな言い方しなくてもいいのにね、ちょっと酷いよね」みたいに辛い思いに寄り添ってくれる。

もちろん正論を言わないで甘やかすような言葉をかけるばかりでは良くないのですが、共感してくれるタイミングと正論を言うタイミングの使い分けが完璧なのがモテる人です。

また「あの犬可愛いよね~~」みたいな会話に対しても、「ああそうだね」みたいな冷たい返しをする男性が多い中で、「ホントだ可愛いね~~」とちゃんとノッてくれているのも共感力が高いと感じるポイントが高井です。

そもそも出会いの場として街コンや婚活パーティーがあっていない

今まで多少なりとも恋人が居たり恋愛したことがある人にとっては、「今更かよ」というような話がほとんどだったかと思います。

そうであるにも関わらず、街コンや婚活パーティーで縁がない人は、たぶんそれらの出会い方があなたに合っていないのかもしれません。

というのも街コンや婚活パーティーは美男美女に人気が集中してしまうし、面識のない人とカップリングをさせなければならない一発勝負の場だからです。そして最大の問題は参加費がバカ高いこと

時間と金を割いて、空ぶった時の絶望感は言葉では言い表せません。

以前は街コンや婚活パーティーくらいしか新しい出会いがなかったのですが、今ならマッチングアプリをおすすめします。

月額3,000円前後で自分の理想のタイプの人や趣味が合う人と出会いたい放題だからです!

10%以上がマッチングアプリ経由で結婚する時代

マッチングアプリやネットでの出会いというと、怪しい出会い系サイトや掲示板を想像しがちですが、今のマッチングアプリは健全な出会いを求めることができます。

世界的に利用者が多いマッチングアプリの「マッチドットコム」のリサーチによると、「アメリカでは年間結婚するカップルのうち12%がインターネットを介して知り合った」という結果が出ています。

また別の統計では「マッチングアプリを通じて知り合ったカップルの方が交際の満足度が高く、離婚率も低い」という調査も出ているため、「今後出会いの主流はネットにシフトする」と言われています。

他の先進国に比べると日本は遅れていますが、今後マッチングアプリの波は来る可能性が高いので今からネット恋活(婚活)を経験しておけば一歩先を行ける事でしょう!

マッチングアプリのメリット

マッチングアプリの使い方は

  1. 無料会員登録しアプリをインストール
  2. プロフィールの文章作成&自分の画像を掲載
  3. 気になる異性を検索または診断などのデータマッチングにより選ぶ
  4. 気になる異性と互いに「いいね」を送りあえればマッチング成立(両想い)
  5. マッチング成立後はメッセージ交換ができるので、LINEを聞いたりデートすることができるようになる

という5ステップになります。実際にデートに行くまではすべてスマホ上で完結するために効率的なのが最大のメリット!

また利用料金なのですが大体のアプリは女性が無料で男性が有料です。男性は有料なのですが4のマッチング成立までは無料で利用可能。(両想い後のメッセージ交換をするのに課金が必要になる)

そのため試しに使ってみて全然マッチングしなければお金を使わずにアプリをアンインストールすることもできますし、1度課金をすれば課金対称月の間は何人とでもメッセージ交換ができるので実質使いたい放題!

街コンや婚活パーティーの1回の参加費より安くて何度でも利用できるので金銭負担を考えても効率的!

 

おまけに街コンに出没するマルチや古い出会い系サイトにいるような悪質ユーザーは、24時間365日運営が管理・ユーザーが通報できるようになっているため即座にアカウントをBANしてくれます。

私が街コンや婚活パーティーに行かなくなった理由には「マッチングアプリが便利になり過ぎたから」というのもあります。おすすめのマッチングアプリを紹介します。

心理学×統計学で確実にマッチングする「with」

「with」はアプリゲーム開発でお馴染みの株式会社イグニスとメンタリストDaiGoによるコラボのマッチングアプリ!真剣に彼女を探しているのであれば間違いなくおすすめ!

withはメンタリストDaiGoが性格診断の部分を監修していて無料で自分の性格診断を受けれるだけでなく、マッチング結果に性格診断を反映していくれるため他のアプリと比べてグンを抜いて自分に合う異性と出会いやすいです。

どうしても美男美女などハイスペックな人にばっかり目が行くパーティーイベントと違い、withはデータマッチングも利用者も内面や価値観を共有できるかを見ていることが多いのでスペックが高くなくても交際に発展しやすい。

その他「with」の特徴

  • 性格分析に加えて他のマッチングアプリよりも「いいね」を貰いやすいので、フツメンでもしっかり活動していれば出会いがある。
  • 女性は20代中心で美人率が高いけど、根は真面目というタイプが多い。(1人の女性と真剣交際したい人向け)
  • サクラ・マルチ徹底排除宣言をし、マッチングアプリに革命を起こすことも目標にしているだけあるので、どのアプリよりも安心・安全

恋人探しも婚活もアプリ初心者にもおすすめ!「Pairs(ペアーズ)」

全体的な会員数の多さはハッピーメールの方が多いのですが、いわゆる「恋活アプリ」と呼ばれるマッチングアプリでは国内で最も利用者の多い700万人以上の会員がいます。

またアクティブ会員(現在アプリを利用している人)が随時20万人以上いると言われていて、その辺もちゃんと出会える所以になっています。

CMや雑誌、ネット広告などで勢力的にPRしていることもあって、会員数が多いだけでなくイメージや評判が良いのも特徴です。

会員数・安全性・評判のどれをとっても評価が高いアプリで、しかも女性は完全無料で利用することができます。

マッチングアプリ特有の条件での検索に加えて、趣味のコミュニティ機能で出会いを広げることもできます。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.