マッチングアプリで彼氏できない私が取り組んだこと6選

投稿日:2017年5月28日 更新日:

アメリカではマッチングアプリを通じて結婚する人が年間結婚カップルの10%と言われています。またメンタリストDaiGO氏も自身のYouTubeライブにて「今後の恋愛はドンドン、マッチングアプリにシフトする」と言っているくらい、今後恋愛のスタンダードになりそうなものです。

さて今回はなかなか彼氏ができないと嘆いている由美さんの恋愛奮闘記を寄稿していただきました。

マッチングアプリを始めた経緯

5年以上彼氏がいない女

彼氏ができないとずっと悩んでいました。男性経験がなかったわけでもなく、作りたくという意識もありませんでしたが、ただただきっかけがありませんでした。

きっといつかできると思っていましたので軽く考えていました。

ところが、以前の恋愛経験から5年以上も経っているにもかかわらず、全然出会いがない始末だったのです。

ずっと「いつかできる」と楽観的に考えていたものの、気配が全くありませんでしたから、さすがにこれはまずい状況なのかもしれないと不安を感じるようになっていました。

年齢的にも周りでは結婚をする人もおり、中には子供を持つ人もいました。

そんな状況の中、ふと長年フリーでいる自分の様子を考えた時に大きな焦りを感じたのです。漠然とではあったものの、一応は結婚をして子供も欲しいと思っていましたが、でも理想通りに行っていない現実に少し悩みをもっていました。

婚活パーティーに参加してみる


そこで勇気を出して参加してみようと決意したのが婚活パーティーでした。

実は少しだけこうしたイベントには興味を持っている自分もおり、参加したらどういう結果になるのだろうと考えたことがあります。

ただ、いきなり沢山の男性と会話をするのは考えただけで緊張しましたし、もし自分だけぽつんと取り残されてしまったらと考えたら怖くも感じていました。

でもそれ以上に現状をどうにかしたいという強い葛藤もあり、とうとう参加することに決めたのです。

自分でもかなり勇気を出した決断だと思っていましたが、ところが一度参加してみると一皮むけたような気分になれました。

慣れない男性と話す機会があったので行って正解だとは思いましたが、ただそこでは出会いが見つかりませんでした。

あまり気が合いそうな男性が居なかったのと、ぶりっ子している女性が男性の注目の的になってしまったためです。

マッチングアプリを始めるも出会えなかった

そのあとマッチングアプリを利用することにしました。

  • スマホ1台で出会えるため隙間時間に利用出来る事
  • ほとんどのアプリは女性が無料で彼氏ができるまで利用することができる

この2点が始めた理由でした。

また出会い系サイトとは違い、健全な運営や管理がされているのも魅力を感じました。ただ残念なことに1ヵ月毎日ログインしても全然出会えませんでした。

そしてここからが本題で、彼氏が出来るまでにマッチングアプリでしたことをまとめました。

マッチングアプリで彼氏を作るためにやったこと6つ

複数のアプリを併用して利用

そのときはOmiaiのみしか使っていませんでした。ただOmiaiだけ1ヵ月使っても全然彼氏ができなくなり焦り始めました。

そこでPairsとWithを新たに追加して、単純に出会いの母数を増やす作戦を取りました。Omiaiの時は3人とマッチングして1人とご飯に行ったものの全然話が合わなかったので、ごめんなさいをしました。

そこで他にも複数のアプリを併用することで、出会いの数を増やし3人のマッチングも3倍の9人になることで、一気に出会いが加速しました。

併用時も自分ルールを設定

アプリの数を増やすと言ってもむやみにアプローチするだけでは時間が掛かり過ぎてしまいます。そのためどんな男性と出会いたいかキチンとルールを設定しました。

  • 年代が自分と近い(当時26歳だったので、24~28歳)
  • 年収は自分と同じかやや高い
  • タバコを吸う人はNG
  • バツイチもNG
  • 趣味が合う人(アニメ好きか食べ歩き好きかのいずれか1つ)

という風に設定して探すようにしました。

メッセージ期間で判断

またマッチングしてメッセージが送れるようになっても、ダラダラ続けたら意味がないし、逆にすぐ会うのはヤリモクが怖いので、3日~7日の間で進展があるかどうかでやりとりを継続するかor切るかの判断をしました。

  • 自分に興味を持ってくれるか
  • 質問にしっかり答えてくれるか
  • その日中にラリーが返ってくるか

を3日までの間に判断

  • メッセージをしていて楽しいか
  • メッセージから趣味や趣向が合いそうか
  • デートに誘ってくれるか

を7日までに判断、という風にゴール地点を設定して併用活用しました。

相手に絶対する質問を用意

そしてメッセージで送る質問も事前にある程度用意しました。7日までのメッセージの間に「この人はアリかナシか」を判断したいからです。

  • どんな女性がタイプですか?
  • いままではどんな女性と付き合っていたの?
  • 休日はなにをしていますか?
  • 最近何か高い買い物しましたか?
  • 仕事は楽しいですか?

などの内容をさりげなく聞きました。とくに「どんな女性がタイプですか?」の質問は有効で、これを聞くことによってすぐに「自分とは合わないな」を判断することができます。

プロフィール写真を変えました

さらにマッチング率を上げるためにプロフィール写真を変えました。今までは少し堅い感じの写真だったのですが思い切ってぶりっ子している写真に変えました。

ベタですが可愛らしくしている写真は男性からの受けがよく、これだけで「いいね」を貰える数が圧倒的に増えました。

別にぶりっ子が全てではないですが、写真を男ウケの良いファッション&メイクをする、ことでかなりの効果が期待できると思います。

高望みを辞める

正直、高望みをしていた節がありました。高身長や高年収などを望んでいました。で、なぜそれらを望んでいるのか振り返ったところ、一番に来る理由が周りに対する見栄でした。

ただそういった望みを捨てて、もっと広い視野を持って男性と仲良くなろうとした結果、最初の理想には全然届かないものの、居ても飽きなく毎日が楽しくなるような男性と付き合うことになりました。

確かに彼氏としてみんなに自慢しまくれないものの、合わせると必ずみんな笑ってくれるくらい面白い彼氏で、評判が良かったです。

今まで理想を高く持ってしまっている人は、もしかしたら良い条件の男性を見逃している可能性があります。一度仲良くなってみて、身長だとか顔だとか年収だとかを二の次に考えてみるのも良いかもしれません。

当サイトのおすすめアプリ

心理学×統計学で確実にマッチングする「with」

「with」はアプリゲーム開発でお馴染みの株式会社イグニスとメンタリストDaiGoによるコラボのマッチングアプリ!真剣に彼女を探しているのであれば間違いなくおすすめ!

withはメンタリストDaiGoが性格診断の部分を監修していて無料で自分の性格診断を受けれるだけでなく、マッチング結果に性格診断を反映していくれるため他のアプリと比べてグンを抜いて自分に合う異性と出会いやすいです。

どうしても美男美女などハイスペックな人にばっかり目が行くパーティーイベントと違い、withはデータマッチングも利用者も内面や価値観を共有できるかを見ていることが多いのでスペックが高くなくても交際に発展しやすい。

その他「with」の特徴

  • 性格分析に加えて他のマッチングアプリよりも「いいね」を貰いやすいので、フツメンでもしっかり活動していれば出会いがある。
  • 女性は20代中心で美人率が高いけど、根は真面目というタイプが多い。(1人の女性と真剣交際したい人向け)
  • サクラ・マルチ徹底排除宣言をし、マッチングアプリに革命を起こすことも目標にしているだけあるので、どのアプリよりも安心・安全

恋人探しも婚活もアプリ初心者にもおすすめ!「Pairs(ペアーズ)」

全体的な会員数の多さはハッピーメールの方が多いのですが、いわゆる「恋活アプリ」と呼ばれるマッチングアプリでは国内で最も利用者の多い700万人以上の会員がいます。

またアクティブ会員(現在アプリを利用している人)が随時20万人以上いると言われていて、その辺もちゃんと出会える所以になっています。

CMや雑誌、ネット広告などで勢力的にPRしていることもあって、会員数が多いだけでなくイメージや評判が良いのも特徴です。

会員数・安全性・評判のどれをとっても評価が高いアプリで、しかも女性は完全無料で利用することができます。

マッチングアプリ特有の条件での検索に加えて、趣味のコミュニティ機能で出会いを広げることもできます。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.