オタク彼女との出会い体験談

スポンサーリンク

こんにちは!管理人のケントです。

僕はお付き合いする人が結構な確率でオタクなので、オタク友達に羨ましがられます。

ですが周りを見ていると共通の趣味と付き合えることって中々ないみたいですね。

今回インタビューさせてもらった健太くんは、ゲームを通じて素敵な彼女ができたようでのでその時の話を語ってもらいました。

ゲームばかりの大学生活

僕が大学生の頃、あるオンラインゲームにはまっていて、授業もそっちのけでログインしては遊んでいました。

文系の大学生なんてアルバイトと最低限の出席をしていればあとは時間がたっぷりありますから、今から考えると信じられないくらいゲームに時間を費やしていたと思います。

そのオンラインゲームを始めて二年目くらいのころ、ゲーム内のギルドで「オフ会をやろう」という話が持ち上がりました。

他のオンラインゲームではどうかわかりませんが、そのゲームではわりと普通にリアルの話もお互いしていて、そんなに変な人たちでもないので参加してみようと決心しました。

オフ会に初めて参加する

オフ会としてはたぶん特殊だと思いますが、そのギルドのマスターの自宅で鍋をやるということで話が進み、ある秋の日に都合のついた八人ほどでマスターの家にお邪魔しました。

のちにつき合うことになる彼女もそのうちの一人です。

リアルについて話していたとはいえ、中には性別すら話さない人もいたため、誰が誰かわからなかったりゲーム内と風貌・キャラクターが全然違ったりと驚きの連続でしたが、

皆いい人で楽しく鍋をつついてその日はマスターの家に宿泊し、地方から出てきていた人もいたので次の日は東京観光をしました。今考えるとマスター(女性でした)も結構不用心なことをするものです。

ちなみに資産家のお家で、鍋をやった部屋を含めマンション内に数部屋所有しているとか。

後につき合うことになる彼女は、ゲーム内ではさほど強くはない、おとなしい印象の人(性別も知りませんでした)でしたがなんとなく話す内容が知的で、気にはなっていました。

後から聞くと僕と同じ大学の同じ学部にいたそうで(事情で中退だったそうですが)、なんとなく縁を感じて話してみたいと思うようになりました。

相手もそう思ってくれていたようで、オフ会中によく隣に来てくれて話すようになり、都内を観光してからのオフ会解散の前にこっそり連絡先を交換することができました。

年上彼女と二人で会うことに

彼女は二個上で社会人だったのですが、ほかにもゲームを掛け持ちしていたりその時期に転職したりと少し忙しく、会ったりするのはなかなか都合がつきませんでした。

しかしオフ会から半年ほどたって少し落ち着いたのか、ある日二人で一緒に動物園に行かないか、と向こうから誘ってくれました。

これが僕たちの最初のデートになると思います。

実はオフ会のときも観光で僕は動物園に行きたかったのですが、諸般の都合で取りやめとなってしまい、それを覚えていてくれたようです。

デート中も楽しく、そういった気遣いが出来る点も好感が持ててその後も何回か食事や遊びに行き、付き合うことになりました。

気の合う相手だと不思議と、お互い何も言わなくても相手の恋愛感情がわかっているもので告白と言うほどのちゃんとしたことはしていないのですが、出会うきっかけとなったゲーム内では結婚まで行って仲間に祝福されました。

一昔前はどうしてもオタク=気持ち悪い、という図式がありましたが、ニコニコ動画の影響などでライトなオタクが増えて、彼氏彼女を見つける際も隠さずにいられるのはいい時代になったかな、と思います。

 

実は僕はゲーム以外はあまりオタク趣味はなく(ゲーム以外はスポーツと料理が趣味です)、逆に彼女は重度に多角的なオタク(ゲーム・特撮・アニメ・アイドルなど)でしたが、相手がオタクと言うことで「決して引かれない」と自信を持って自分をさらけ出せるので付き合いやすい女性でした。

ちなみにオフ会に参加した八人中三人が女性で、皆平均よりルックスの良い人ばかりでしたね。

そのためか、僕と付き合ったC子以外の二人を巡ってその後ギルド内がドロドロしてしまい、またゲーム自体が下火になってしまったので二人で別のゲームへ移住することとなってしまいました。

後で聞くところによると、カップルが二つ最終的に出来てリアルで一組は結婚まで行ったそうです。

やはり同じゲーム内で動いていると結構気持ちが近くなるものなんでしょう。

C子とは同棲することになってはじめて「生活全部がオタク活動に向いている」ことを知って少々驚きました。

オタク活動のなかでも特にお金のかかるアイドル分野に足を突っ込んでいたため、それをまかなうのに仕事以外にアルバイトをしたりと、バイタリティに感心させられます。

オタクのように好きなことがはっきりしているとエネルギーが湧くものだし、多方面に興味があるのは知性が働いている証拠なので、一緒にいるとこちらも元気をもらえるように感じます。

また同棲していると隣でゲームが出来たり、相手のキャラクターを操作できるのが結構新鮮で楽しいものです。

まだ諸事情があって結婚は先のことですが、当分はこの彼女とのんびりゲームライフを送ろうと思います。

とはいえ子供が出来たら間違いなくオタクになるんだろうなあ・・とか、アイドル事務所にオーディションを受けさせに行きたいなどと言っているので不安はつきません。

おわりに

自宅でまったりゲームデートができるのがごく羨ましいなぁと思いました。

今回、健太くんはゲーム内のギルドオフ会を利用してたのですが、
個人的にはマッチングアプリとしても利用されいてるPairs!のコミュニティ掲示板をオススメします。

 

こちらで共通の趣味の人たちを見つけることができます。

僕も最近始めたのですが、様々なコミュニティがあります。例えば1つのアニメやゲームに特化したコミュニティやガンダムや仮面ライダーみたいな特定のジャンルのものまで多種多様です。

またPairsは運営が24時間365日監視しているのでSNSで見ず知らずの人と会うより安心ですし、なにより恋愛に意欲的な人が多いです。

ただのオフ会の場合、すでに恋人や結婚相手がいるなど恋愛に向かないケースも多々あります。

そのため共通の趣味を持った恋人を探すのであれば圧倒的にPairsを使うべきです。

またPairsは女性が無料、男性は月3000円から利用できます。

3000円を高いと考えるかはそれぞれの価値観ですが、うまくいかない合コンに参加するよりは圧倒的にコスパがいいです。

ペアーズの特徴
  • 国内最大級 450万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリです。
  • 、2012年11月のリリースから位現在までで延べ「2,700万組」のマッチングが成立しています
  • 真剣にお付き合いする恋人を探している・結婚相手を探している人にオススメ
  • 出会い系サービスとは差別化をしているため安心安全です

またペアーズについては体験談をいただきましたのでこちらもどうぞ

恋活アプリ ペアーズ(pairs)の評判を体験者に聞いてみた

2017.03.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です