ゲーム好きの彼女と付き合っているオタク男性の出会い体験談

投稿日:2017年5月27日 更新日:

本サイトではオタク男子が恋愛をする話などをいくつか掲載しております。そして今回インタビューさせてもらった健太くん(仮名)は、ゲームを通じて素敵な彼女ができたようでのでその時の話を語ってもらいました。

その時の話をまとめました。

ゲームばかりの大学生活

僕が大学生の頃、あるオンラインゲームにはまっていて、授業もそっちのけでログインしては遊んでいました。

文系の大学生なんてアルバイトと最低限の出席をしていればあとは時間がたっぷりありますから、今から考えると信じられないくらいゲームに時間を費やしていたと思います。

そのオンラインゲームを始めて二年目くらいのころ、ゲーム内のギルドで「オフ会をやろう」という話が持ち上がりました。 他のオンラインゲームではどうかわかりませんが、そのゲームではわりと普通にリアルの話もお互いしていて、そんなに変な人たちでもないので参加してみようと決心しました。  

オフ会に初めて参加する

オフ会としてはたぶん特殊だと思いますが、そのギルドのマスターの自宅で鍋をやるということで話が進み、ある秋の日に都合のついた八人ほどでマスターの家にお邪魔しました。

のちにつき合うことになる彼女もそのうちの一人として参加していました。(以下C子さんとします)

リアルについて話していたとはいえ、中には性別すら話さない人もいたため、誰が誰かわからなかったりゲーム内と風貌・キャラクターが全然違ったりと驚きの連続でしたが、 皆いい人で楽しく鍋をつついてその日はマスターの家に宿泊し、地方から出てきていた人もいたので次の日は東京観光をしました。今考えるとマスター(女性でした)も結構不用心なことをするものです。

ちなみに資産家のお家で、鍋をやった部屋を含めマンション内に数部屋所有しているとか。

後につき合うことになるC子さんは、ゲーム内ではさほど強くはない、おとなしい印象の人(性別も知りませんでした)でしたがなんとなく話す内容が知的で、気にはなっていました。

オフ会中もずっと話していて意気投合、都内を観光してからのオフ会解散の前にこっそり連絡先を交換することができました。  

年上彼女と二人で会うことに

彼女は二個上で社会人だったのですが、ほかにもゲームを掛け持ちしていたりその時期に転職したりと少し忙しく、会ったりするのはなかなか都合がつきませんでした。

しかしオフ会から半年ほどたって少し落ち着いたのか、ある日二人で一緒に動物園に行かないか、と向こうから誘ってくれました。これが僕たちの最初のデートになると思います。

実はオフ会のときも観光で僕は動物園に行きたかったのですが、諸般の都合で取りやめとなってしまい、それを覚えていてくれたようです。

デートを重ねて

デート中も楽しく、そういった気遣いが出来る点も好感が持ててその後も何回か食事や遊びに行き、付き合うことになりました。 

気の合う相手だと不思議と、お互い何も言わなくても相手の恋愛感情がわかっているもので告白と言うほどのちゃんとしたことはしていないのですが、出会うきっかけとなったゲーム内では結婚まで行って仲間に祝福されました。 

一昔前はどうしてもオタク=気持ち悪い、という図式がありましたが、ニコニコ動画の影響などでライトなオタクが増えて、彼氏彼女を見つける際も隠さずにいられるのはいい時代になったかな、と思います。

僕はゲーム以外はあまりオタク趣味はありません、逆に彼女は重度に多趣味でディープなオタク(ゲーム・特撮・アニメ・アイドルなど)でした。相手がオタクと言うことで「決して引かれない」と自信を持って自分をさらけ出せるので付き合いやすい女性でした。

ちなみにオフ会に参加した八人中三人が女性で、皆平均よりルックスの良い人ばかりでしたね。 そのためか、僕と付き合ったC子以外の二人を巡ってその後ギルド内がドロドロしてしまい、またゲーム自体が下火になってしまったので二人で別のゲームへ移住することとなってしまいました。

後で聞くところによると、カップルが二つ最終的に出来てリアルで一組は結婚まで行ったそうです。

やはり同じゲーム内で動いていると結構気持ちが近くなるものなんでしょう。C子とは同棲することになってはじめて「生活全部がオタク活動に向いている」ことを知って少々驚きました。

オタク活動のなかでも特にお金のかかるアイドル分野に足を突っ込んでいたため、それをまかなうのに仕事以外にアルバイトをしたりと、バイタリティに感心させられます。

オタクのように好きなことがはっきりしているとエネルギーが湧くものだし、多方面に興味があるのは知性が働いている証拠なので、一緒にいるとこちらも元気をもらえるように感じます。

また同棲していると隣でゲームが出来たり、相手のキャラクターを操作できるのが結構新鮮で楽しいものです。

まだ諸事情があって結婚は先のことですが、当分はこの彼女とのんびりゲームライフを送ろうと思います。

とはいえ子供が出来たら間違いなくオタクになるんだろうなあ・・とか、アイドル事務所にオーディションを受けさせに行きたいなどと言っているので不安はつきません。  

オタクの彼女が欲しいと思う人へ

オタクの彼女が欲しいと感じるのであれば、出会いを増やす努力が必要になります。

例えば学生ならオタクがいるようなサブカル系のサークルに入るという方法があります。 またアニメ・マンガの街コンや婚活パーティーに行くと言った方法も考えられます。

あなたが普段から漫画を描く人であればコミケやその他同人イベントで売り子を雇ってその子と仲良いくなるなんていうことも考えられます。

とにかくアクションを起こす必要があります。 この世界はライトノベルのように行かないので、突然自分にゾッコンな女の子が現れるという事はまずありません。

やはり自分の力で出会いを見つけて、自分から口説かないと彼女なんてできません。 勇気を出して、素敵な出会いを探しに行きましょう。  

ゲーム好きの恋人を探すのであればマッチングアプリがおすすめ

健太くんはオフ会を通じてお付き合いをしていましたが、 当サイトで趣味恋人を見つけるのであれば恋活マッチングアプリがおすすめしています。

マッチングアプリのメリット

マッチングアプリの使い方は

  1. 無料会員登録しアプリをインストール
  2. プロフィールの文章作成&自分の画像を掲載
  3. 気になる異性を検索または診断などのデータマッチングにより選ぶ
  4. 気になる異性と互いに「いいね」を送りあえればマッチング成立(両想い)
  5. マッチング成立後はメッセージ交換ができるので、LINEを聞いたりデートすることができるようになる

という5ステップになります。実際にデートに行くまではすべてスマホ上で完結するために効率的なのが最大のメリット!

また利用料金なのですが大体のアプリは女性が無料で男性が有料です。男性は有料なのですが4のマッチング成立までは無料で利用可能。(両想い後のメッセージ交換をするのに課金が必要になる)

そのため試しに使ってみて全然マッチングしなければお金を使わずにアプリをアンインストールすることもできますし、1度課金をすれば課金対称月の間は何人とでもメッセージ交換ができるので実質使いたい放題!

街コンや婚活パーティーの1回の参加費より安くて何度でも利用できるので金銭負担を考えても効率的!

10%以上がマッチングアプリ経由で結婚する時代

マッチングアプリやネットでの出会いというと、怪しい出会い系サイトや掲示板を想像しがちですが、今のマッチングアプリは健全な出会いを求めることができます。

世界的に利用者が多いマッチングアプリの「マッチドットコム」のリサーチによると、「アメリカでは年間結婚するカップルのうち12%がインターネットを介して知り合った」という結果が出ています。

また別の統計では「マッチングアプリを通じて知り合ったカップルの方が交際の満足度が高く、離婚率も低い」という調査も出ているため、「今後出会いの主流はネットにシフトする」と言われています。

他の先進国に比べると日本は遅れていますが、今後マッチングアプリの波は来る可能性が高いので今からネット恋活(婚活)を経験しておけば一歩先を行ける事でしょう!

心理学×統計学で確実にマッチングする「with」

「with」はアプリゲーム開発でお馴染みの株式会社イグニスとメンタリストDaiGoによるコラボのマッチングアプリ!真剣に彼女を探しているのであれば間違いなくおすすめ!

withはメンタリストDaiGoが性格診断の部分を監修していて無料で自分の性格診断を受けれるだけでなく、マッチング結果に性格診断を反映していくれるため他のアプリと比べてグンを抜いて自分に合う異性と出会いやすいです。

どうしても美男美女などハイスペックな人にばっかり目が行くパーティーイベントと違い、withはデータマッチングも利用者も内面や価値観を共有できるかを見ていることが多いのでスペックが高くなくても交際に発展しやすい。

その他「with」の特徴

  • 性格分析に加えて他のマッチングアプリよりも「いいね」を貰いやすいので、フツメンでもしっかり活動していれば出会いがある。
  • 女性は20代中心で美人率が高いけど、根は真面目というタイプが多い。(1人の女性と真剣交際したい人向け)
  • サクラ・マルチ徹底排除宣言をし、マッチングアプリに革命を起こすことも目標にしているだけあるので、どのアプリよりも安心・安全

恋人探しも婚活もアプリ初心者にもおすすめ!「Pairs(ペアーズ)」

全体的な会員数の多さはハッピーメールの方が多いのですが、いわゆる「恋活アプリ」と呼ばれるマッチングアプリでは国内で最も利用者の多い700万人以上の会員がいます。

またアクティブ会員(現在アプリを利用している人)が随時20万人以上いると言われていて、その辺もちゃんと出会える所以になっています。

CMや雑誌、ネット広告などで勢力的にPRしていることもあって、会員数が多いだけでなくイメージや評判が良いのも特徴です。

会員数・安全性・評判のどれをとっても評価が高いアプリで、しかも女性は完全無料で利用することができます。

マッチングアプリ特有の条件での検索に加えて、趣味のコミュニティ機能で出会いを広げることもできます。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.