Pairsにいるサクラの特徴と見分け方を紹介します【完全保存版】

投稿日:2017年8月12日 更新日:

このページでは人気恋活アプリであるPairs(ペアーズ)に湧いて出るサクラについてお伝えします

 

  • サクラとは何か?
  • 彼らの目的とは?
  • 彼らの被害に合わずにPairsを楽しむためには?

などなどPairsに対する不安がある人は是非チェックしてみてください。

サクラとは

一般的にサクラというと、ひと昔の怪しい出会いサイトが横行していた時代のサクラの場合、運営が雇っている業者で「あなたにポイントを使わせることでより課金を促すための人たち」のことを指していました。

言い換えると、運営会社が利益を得るために、異性のふりをして登録し、メッセージのやり取りをする人たちのことです。

 

例えば可愛い女の子のアイコンをした人が運営が雇ったサクラだとします。このサクラは男性が課金するようにありとあらゆる手段を行います。

メッセージが送るのにポイントを消費しなければならないサイトの場合、とにかくメッセージを引き延ばすといった行為が課金させるための最たる手法です。

Pairsはサクラのバイトを雇っていない

ですがPairs(ペアーズ)は怪しい出会い系サイトではなく真面目な恋活・婚活アプリであるため運営側が不正をするということはありません。

そもそもPairsは女性は無料、男性は月額課金の使い放題、「いいね」ポイントだって毎日補充されるため運営が不正をするメリットがありません。

 

ではPairsのサクラとはいったい何を指すかと言えば、恋愛目的の悪質な理由でPairsを利用している人たちの事です。

※定義としては運営側で自演をする人たちが「サクラ」で、運営以外の悪事を働く人を「業者」と呼び分けたりすることもあるのですが、このページではひとまとめにサクラと呼んでいます。

 

業者の目的は、異性と知り合いになりそのまま「お茶でもしに行きましょう」みたいに誘い出して、怪しいビジネスを持ちかけたり、物を買わせたり、することです。

サクラというのは何もPairs(ペアーズ)に限った話ではありません。他のマッチングアプリでも確実に一定数以上はいますし、街コンや婚活パーティーにも紛れ込んでたりします。

当サイトでも街コンに行ったらネットワークビジネス(マルチ商法)の勧誘を受けたコラムを紹介しています。

マッチングアプリや街コン・婚活パーティーなどにもこういったサクラ(業者)が湧いてしまうのは、不特定多数の人たちが交流できる場において仕方がないことです。人と人とか介在する場所では多少なりとも湧いてしまいます。

Pairs(ペアーズ)にいるサクラの目的とは

上記でも少し触れましたが、サクラ(業者)を大きく分類すると3種類に別れます。

  • 名簿業者
  • マルチ商法型
  • 援助交際型

名簿業者型

名簿業者と言えば、人の個人情報を集めて、それらを売り買いしている人です。

実は、学生時代の卒業アルバムって高値で売り買いされるのを知っていました?卒アルというのは個人情報の宝庫だからです。顔・名前・生年月日・所属クラブ・クラスメイトの評判etc

卒アルではなく、Pairsでこういう個人情報を集めるために潜伏している輩がいると言われています。(実際にあったこともないですし被害の報告も直接聞いたことがないので不明ですが)

マルチ商法型

所謂アムウェイとかモデーアなどの組織の一員です。彼らは誰かをアムウェイやモデーアのような組織に入会させることで得られるキャッシュバック収入を目当てに勧誘活動を行っています。

援助交際型

意外なことにPairsで援助交際を持ちかけようとする人もいるそうです。メッセージを送っていきなり「エッチしようよ」みたいな直接的なこと4を言うようなら注意が必要かもしれません。

pairs(ペアーズ)にサクラの男性は多いのか?

結論から言うと男性のサクラはほとんどいないと考えていいです。

そもそもマッチングアプリというのは男性は有料なことがほとんどなので、業者的にお金を払うのをためらいます。彼らはお金を掛けたくないのでSNSなどで集客するのが一般的です。

pairs(ペアーズ)にサクラの女性は多いのか?

反対に女性のサクラはそこそこいる可能性があります。

何故ならPairsは女性は基本的に無料で利用できるからです。つまり女性は1円もお金を払わず自分のビジネスを実行することができます。

pairs(ペアーズ)にいるサクラの見分け方

ではPairsでそんなサクラに引っ掛からないためにはどうしたら良いのでしょう。サクラの見分け方を解説します。

正直サクラをやって勧誘活動をしている奴らは

  • そんなに頭が良くない
  • 少しでも沢山の人をだましたいので対応が雑

なので比較的見破るのは簡単です。

1.リア充アピールが激しい

この見分け方は別にPairsに限ったわけではなく、ツイッターやFacebookにも応用できます。

 

普段からパーティーやBBQなどリア充であることをやたら協調する人たちは気を付けた方がいいです。

これはアムウェイなどのマルチ組織のパーティーである可能性が高いです。

 

日常がキラキラしているように演出することで「この人に良いなぁ」「充実しているなぁ」というのを匂わせてくるのは昔からの手法です。

とくにワイワイしている写真に異性が映っていたら確実に恋愛目的でPairsを利用していないと思ってください。(恋愛目的なら親しい異性がいることを匂わせません)

2.写真がイケメンor美人過ぎる

写真がモデル並にイケメンor美人の場合も注意が必要です。

 

  • とくに明らかに撮影用のカメラや環境を利用しているもの
  • 写真が1枚だけのもの
  • 女性は露出を強調してるもの

これらは無断でタレントさんの写真を利用していることがほとんどでしょう。

 

見た目の良さや露出度の高さであなたを釣ろうとしているのは明白です。

GoogleChormeのWEBブラウザでPairsにログインをし、相手の写真を右クリック「googleで画像を検索」で他人の画像を無断で使用しているかチェックできます。

 

ただ新着ユーザーの場合はまだ画像をアップしていないという可能性もあるのでこの限りではありません。

3.プロフィールが明らかに臭い

プロフィールに

「旦那さんに尽くしたいです」
「赤ちゃんが欲しいです」
「即LINE交換OKです」

という明らかに釣ろうとしているコメントがある場合、疑ってかかった方がいいかもしれません。

 

女性の場合は高スペック男に注意です。

上記の写真がイケメンということに加えて、年収や身長や学歴が高い(いわゆる3高)であったり、明らかに女性受けをばかりを意識した趣味というのも考えものです。

 

プロフの文章やスペックで興味を持たせてあなたを釣る気です。

4.意識が高い系

メッセージや直接会った時にやたら意識の高さを感じたらちょっと臭いです。

特に

  • ビジネス
  • 副業
  • 仕事辞めたい

などを語られたら間違いなくマルチの勧誘だと思ってください。(管理人も何回か遭遇しました)

「今度私が勉強させてもらっている師匠に会わせてあげる!」などと言われたら速攻逃げてください。

そもそも恋人作るためにPairsをやっているのに師匠に合うというのもおかしいですし、行ったら2人がかりで勧誘されるハメになります。

5.Facebookの友達の数が少なすぎる

Facebookの登録者数が、あまりも少ない場合は気を付けましょう。普通に利用していら30人は余裕で超えるはずです。

あまりにも少ない場合はとにかくPairsをアカウントを作りたい一心で業者や勧誘組織の団体内でフォローしあって作ったアカウントの可能性が高いです。

ただし、最近はFacebookではなく携帯番号経由からも登録することができます。いくら業者や勧誘と言えども違う番号の携帯電話を複数台を持つことが困難なので電話番号経由の登録者は比較的信用できるでしょう。

6.LINEの交換を急かしてくる

女性は一般的にいきなりプライベートなアカウントを教えるのを警戒しますし、男性も常識のある人はPairsのメッセージ上で盛り上がってからLINEなどに移行しようと気配りをするものです。

もしいきなりLINEやメールに移ろうなどと言ってきた場合は、あなたの個人情報を抜き取りたいか、何かしらの勧誘をしたから行動を急いでいると思っても良いです。(他にもとにかくヤリたいからという輩もいます)

 

すぐにLINEに移ろうと誘われた場合、「メッセージで仲良くなったらね」と返して様子を見ることをオススメします。

どのような目的であってもサクラはダラダラ恋愛ごっこなんかするよりも結果にコミットしたいと考えるため、この段階でフェードアウトします。

Pairsに限らずサクラはどこにでもいる

Pairsだから業者が多いという事ではなく、この手の人間はこの世のどこにでもいます。上述でもお伝えしましたが当サイトでは街コンでマルチの勧誘にあった話をお伝えしました。

 

むしろPairsはサクラ対策にかなり力を入れている方です。アカウントを作るにあたっては身分証明の提示を求められますし、24時間365日間目視で警戒していますし、怪しいアカウントをユーザーが通報することができます。

そのため基本的にはあなたは何を考えなくても良いくらいに悪質ユーザーは淘汰されています。

万が一があったときは弁護士費用の補助システムというのもあります。このように本気で利用者を守り、素敵な恋を提供しようとしています。

ですのでPairsを安心して利用していただいて問題はありません。是非と一緒に頑張りましょう!

理想の相手に出会う方法やコツは何があるのか?

Pairsは日本で一番利用者数が多い恋活・婚活マッチングアプリで、会員数が700万人以上でログインしているアクティブユーザーも随時20万人いると言われています。

ただそれだけ人が多いのでマルチなどの勧誘がちょろちょろいたり、好みではない異性からのアプローチや異性を探すのに時間が掛かったりするなど、人が多いなりの問題点もあります。

またマッチングアプリの王道と言うことでである可能性自体は多いけど、ユーザーが飽和してしまっているとう可能性もあります。

 

「Pairsでサクラ(業者)からしか連絡が来ない」「全然出会えない」というのを避けて、効率的に理想の出会いを探すのであればいくつかのマッチングアプリを併用して登録することをおすすめします。

マッチングアプリの場合女性はほとんど無料で利用できますし、男性も最終的には課金が必要になりますが気になる異性と両想いになる(マッチング成立)するまでは無料で出来ます。

そのためアプリを無料ダウンロードして使ってみて、自分が気になるユーザーがいるかチェックをし、その子とマッチングしたら課金すればいいし、逆に全然ダメだったら課金せずにアプリをアンインストールすれば良いです。

アプリによって利用している異性の層や価値観が異なったり、マッチングしやさも違うので、いろいろ試してみるのが良いでしょう。

やはりモテる人・出会える人は、3つくらいのアプリを併用して使って、出会いのチャンスを最大化している傾向があります。Pairsと一緒に利用して欲しい人気のアプリは以下の通りです。

Pairs以外の人気マッチングアプリ

性格分析で出会える「with」

withは日本唯一のメンタリストであるDaiGo氏が監修をしている恋活マッチングアプリです。

通常のマッチングアプリの場合は自分で検索して相手を探すことがほとんどで、身長や趣味、年収などは自分の理想の相手を探すことができますが、性格などの内面の要素やあなたと付き合った場合の相性が良いかどうかまでは分かりません。

withではメンタリストDaiGoが監修をしている世界的に的中率が高い「ビッグファイブ」と呼ばれる性格テストをアプリをインストールして無料で実施することができます。

自分を見つめ直すためだけにテストを受けても良いですが、このアプリの良いところは性格テストの結果を参考にあなたに合う異性を紹介してくれるところにあります。

科学的に証明されている性格診断の結果を踏まえた上でマッチングにも反映させてくれるスグレモノで、他のアプリはもちろんのこと学校や職場、婚活パーティーなどで出会うよりも確率が高いという評判も少なくありません。

マッチドットコム

外国で人気のマッチングアプリで、会員は累計で世界24か国・1500万人を誇る日本版です。

アメリカでは今ネット婚活がブーム・一般化していて、結婚するカップルのうち12パーセントがインターネットを通じて知り合っています。

そして、そのうち1/3が「マッチドットコム」経由で知り合っているというデータが出ています。会員は世界24か国・1500万人のユーザーがいる世界最大級の恋活・婚活サイトなのが「マッチドットコム」ということで、とくに結婚を意識した出会いを探す場合はマッチドットコムが良いでしょう。

男女ともに有料課金が必要になっているのですが、お金を払うからこそ男女共に真剣になり良質な出会いが見つかりやすいです。

ゼクシィ縁結び

CMでもおなじみ、結婚情報サービス「ゼクシィ」が提供する恋活・婚活サービスです。どちらかというとコチラも結婚を視野に入れた真面目な恋愛向けのサービスで。

ゼクシィ縁結びの特徴やメリットは、18問の価値観診断を受ける(無料)だけで、自身の価値観タイプや相性がわかり自分に合う相手を紹介する機能があります。またコンシェルジュがマッチングした両者のデートを調整してくれる機能があります。

質の高いマッチングやコンシェルジュのフォローが、幸せな婚活を演出してくれるサービスです。

当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活アプリ, Pairs(ペアーズ)

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.