趣味が合う社会人彼氏と出会った女性の体験談!共通の趣味の恋人を見つけるおすすめの方法とは!?

投稿日:2017年5月27日 更新日:

趣味が一緒の恋人ってすごくいいなとは思うものの、恋人の趣味と自分の趣味が合う事って中々ないですよね。 本記事では神社巡りが趣味という善子さん(仮名)に趣味が合う彼氏が出来た話を書いて頂きました。

充実しているが出会いのない日々

ずっと彼氏がいなかったのだけど、強がりではなくどうしても彼氏がほしいという気持ちはあまりありませんでした。

それというのも希望していた仕事に就職することができて、順調に働けていましたし、休日も女子会をしたり趣味のお出かけをしたりとけっこう忙しくて充実した毎日を送っていたからです。

だから最初に彼と交流を持った時も特に意識しているところもなくて、同じ趣味の人で会えてうれしいかもくらいの趣味仲間という感覚の方が大きかったです。

SNSを通じて彼と知り合う

それに最初に出会うきっかけになったのがSNSだったので、たくさんいるフォロワーの中の一人という感覚で、お互いにコメントをしたりされたりといった関係がそれなりの期間続いていたので、本当に趣味の会う仲間問う感じでした。

私の趣味は、休日に神社やお寺をまわって御朱印帳に御朱印をいただいてくるといういわいる御朱印ガールというやつなのです。

神社やお寺巡りはゆっくりとお参りをして静かに神社などパワースポットの雰囲気を味わいたいので一人で行くことが多く、一緒に行く場合も女子同士ということがほとんどでした。

それで行って来た神社やお寺、御朱印の写真を撮ってそれをSNSに投稿するのが日課で趣味になっていました。

そこでは同じく神社巡りをしている人や御朱印を集めている人たちがコメントをくれたり、私自身もいろいろな人の写真などを見て参考にしたり、コメントをしたりしてコミュニケーションをとっていたのです。

その中の一人が彼だったのですが、彼の投稿している写真やコメントを見ているとけっこう近くに住んでいるということがわかりました。

それに意外と年も近いということもわかってきて、なんとなくよくコメントで話す人という感じが続いていました。

特別に仲がいい人というわけではなかったけれど、コメントがなかったりするとちょっとさみしいなと感じたりしていたわけです。

神社でお参りするオフ会

そんな感じでしばらくコミュニケーションが続いていたのですが、ある日別に仲良くしている人から、とある神社でみんなで一緒にお参りに行かないかというオフ会のお誘いがきたのです。

ちょうど仕事も休みの日だったし、けっこう近くの神社で女性も多く参加するということだったので、私も参加をしてみることにました。

そこには彼も参加していて、そこで初めて顔を合わせることになったのです。

初めてあったときはお互い顔も知らなかったわけですが、ずっとSNSでコミュニケーションをとっていたので意外なくらいすんなりと仲良く話せるようになりました。

彼意外とも仲良くすることで楽しかったので、そこで特別な関係になったというわけではありませんが、ちゃんと連絡先を交換もしたので、これが本当の出会うきっかけだったのではないかと思っています。

オフ会後に急展開

その後も普通にSNS中心で仲良くしていたのですが、思ったよりも近所に住んでいて休みも同じだということで、たまに彼から一緒に神社に行こうというデートのお誘いが来るようになりました。

私は基本的には一人でお参りに行きたいタイプだったのですが、たまには一緒に行ってもいいかなと思える相手でしたし、やっぱり彼氏は特にいらないと思っていても男性とお出かけするというのはワクワクするものでした。

そんな感じで神社巡りをしたり、途中に休憩でカフェでお茶をしたりといった付き合っているわけではないけれど、それなりに仲良くしているといった感じの関係がまたしばらく続きました。

神社巡りや御朱印を集めるのがお互い好きだという共通の話題もありましたし、仕事の休みのサイクルも一緒だったのも会いやすかった理由なのではないかなと思います。

神社巡りも近場だけじゃなくて、彼の運転で日帰りですけどけっこう遠くの神社などにも連れて行ってもらえたりしたので、いろいろと話す機会も多くなって、なんとなくお互いに意識しているかなという感じに自然となっていったのです。

そんな時に一緒に行った神社が縁結びで有名なところでした。

いつも通りお参りをして境内を散策したりおみくじをしたりと楽しんでいた時に、改まって彼が話しかけてきて、そこで正式に付き合ってほしいという告白をしてくれたのです。

そのうちそういう関係になるかもと自分でも感じていたので、告白してもらえてうれしかったですし、縁結びの神社というところも私たちらしいかなと思いました。

その日の帰り道はうれし恥ずかしといった感じでしたが、なんとなくそういう関係になっていくのではなくて、ちゃんと告白してくれた彼の行為はすごくうれしかったです。

もちろん告白への返事はOKでちゃんと付き合うようになりました。

とはいってもデートはやっぱり神社をめぐって御朱印をいただいたりといった感じですが、毎週のように一緒にお出かけをしています。

同じ趣味だし、お互いに社会人なので週末のデートも泊まりがけで行ったりすることができるようになって、いろんな所へ行けて楽しいです。

おわりに

神社巡りデートとかすごく羨ましいなぁと思いました。 今回、善子さんはSNSのオフ会を利用してたのですが、 当サイトで趣味恋人を見つけるのであれば恋活マッチングアプリがおすすめしています。

マッチングアプリのメリット

マッチングアプリの使い方は

  1. 無料会員登録しアプリをインストール
  2. プロフィールの文章作成&自分の画像を掲載
  3. 気になる異性を検索または診断などのデータマッチングにより選ぶ
  4. 気になる異性と互いに「いいね」を送りあえればマッチング成立(両想い)
  5. マッチング成立後はメッセージ交換ができるので、LINEを聞いたりデートすることができるようになる

という5ステップになります。実際にデートに行くまではすべてスマホ上で完結するために効率的なのが最大のメリット!

また利用料金なのですが大体のアプリは女性が無料で男性が有料です。男性は有料なのですが4のマッチング成立までは無料で利用可能。(両想い後のメッセージ交換をするのに課金が必要になる)

そのため試しに使ってみて全然マッチングしなければお金を使わずにアプリをアンインストールすることもできますし、1度課金をすれば課金対称月の間は何人とでもメッセージ交換ができるので実質使いたい放題!

街コンや婚活パーティーの1回の参加費より安くて何度でも利用できるので金銭負担を考えても効率的!

10%以上がマッチングアプリ経由で結婚する時代

マッチングアプリやネットでの出会いというと、怪しい出会い系サイトや掲示板を想像しがちですが、今のマッチングアプリは健全な出会いを求めることができます。

世界的に利用者が多いマッチングアプリの「マッチドットコム」のリサーチによると、「アメリカでは年間結婚するカップルのうち12%がインターネットを介して知り合った」という結果が出ています。

また別の統計では「マッチングアプリを通じて知り合ったカップルの方が交際の満足度が高く、離婚率も低い」という調査も出ているため、「今後出会いの主流はネットにシフトする」と言われています。

他の先進国に比べると日本は遅れていますが、今後マッチングアプリの波は来る可能性が高いので今からネット恋活(婚活)を経験しておけば一歩先を行ける事でしょう!

心理学×統計学で確実にマッチングする「with」

「with」はアプリゲーム開発でお馴染みの株式会社イグニスとメンタリストDaiGoによるコラボのマッチングアプリ!真剣に彼女を探しているのであれば間違いなくおすすめ!

withはメンタリストDaiGoが性格診断の部分を監修していて無料で自分の性格診断を受けれるだけでなく、マッチング結果に性格診断を反映していくれるため他のアプリと比べてグンを抜いて自分に合う異性と出会いやすいです。

どうしても美男美女などハイスペックな人にばっかり目が行くパーティーイベントと違い、withはデータマッチングも利用者も内面や価値観を共有できるかを見ていることが多いのでスペックが高くなくても交際に発展しやすい。

その他「with」の特徴

  • 性格分析に加えて他のマッチングアプリよりも「いいね」を貰いやすいので、フツメンでもしっかり活動していれば出会いがある。
  • 女性は20代中心で美人率が高いけど、根は真面目というタイプが多い。(1人の女性と真剣交際したい人向け)
  • サクラ・マルチ徹底排除宣言をし、マッチングアプリに革命を起こすことも目標にしているだけあるので、どのアプリよりも安心・安全

恋人探しも婚活もアプリ初心者にもおすすめ!「Pairs(ペアーズ)」

全体的な会員数の多さはハッピーメールの方が多いのですが、いわゆる「恋活アプリ」と呼ばれるマッチングアプリでは国内で最も利用者の多い700万人以上の会員がいます。

またアクティブ会員(現在アプリを利用している人)が随時20万人以上いると言われていて、その辺もちゃんと出会える所以になっています。

CMや雑誌、ネット広告などで勢力的にPRしていることもあって、会員数が多いだけでなくイメージや評判が良いのも特徴です。

会員数・安全性・評判のどれをとっても評価が高いアプリで、しかも女性は完全無料で利用することができます。

マッチングアプリ特有の条件での検索に加えて、趣味のコミュニティ機能で出会いを広げることもできます。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.