twitter(ツイッター)で出会いを探す元子もない方法

スポンサーリンク

やあken10(ケント)だよ。

今日はね、出会いのない君たちのためにツイッターを利用した出会いの方法を教えるゾ!

そもそもツイッターってなに?

まさかこの現代においてツイッターの存在を知らない人がいないとは思いますが念のために説明します。

ツイッター(Twitter)とは、140文字以内の短文を投稿できるウェブサービースです。140文字以内で投稿することを「ツイート」や「つぶやく」と表現したりします。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.が運営しています。

実名で行わなくてよいためフェイスブックに比べて匿名性が高く、MAXでも140文字しかつぶやけないため扱いやすいのが特徴です。今回はツイッターを使っていきたいと思います。

ツイッターで出会うまでのステップ

ざっくりとした手順をまとめると以下の通りです。

  1. Twitterのアカウントを作る
  2. 画像の設定をし、プロフィールの文章を作る
  3. 自分が出会いたい女性の属性が好意を持つようなツイートをする
  4. 自分が会いたい女性の属性をリサーチし、その人たちをフォローしていく
  5. 相互フォローになった相手にDM(ダイレクトメッセージ)を送る
  6. DMで連絡を決めて会う日程を決める
  7. 実際に当日女性と会う

以上の7ステップになります。

Twitterのアカウントを作る

身バレ防止のため新しいツイッターアカウントを作る必要があります。(もし今のアカウントをそのまま利用したいのであれば特に作る必要はありません)

そしてツイッターアカウントを作る際の注意点ですが今の「メールアドレス」と「電話番号」の情報は登録しないでください。ツイッターのサーチ機能は優秀であなたが登録した「メールアドレス」または「電話番号」の情報を元に「おすすめユーザー」機能によってリアルの知り合いに身バレしてしまう可能性があります。

そのため新規でアカウントを作る際はメールアドレスを架空の物にして、電話番号は登録しないようにしましょう。

あるいはGmail限定のテクニックなのですが@の前に「+数字」を付けるというテクニックがあります。例えばABCZ@gmail.comというメールアドレスがあったとします。その場合、ABCZ+1@gmail.comという風にするとABCZ@gmail.com宛にツイッターから通知などの連絡を受信しつつ扱いとしては別アドレスになります。

架空のアドレスで登録あるいは@前に+を使うテクニックを使ってアカウントを無限的に作る事ができます。アカウント自体が増えれば女性との出会いの確率を増やすことができます。

画像の設定をし、プロフィールの文章を作る

自分の顔に自信があるのであれば自撮りでもいいですし、そうでなければ趣味のような画像でもいいです。例えばカフェが好きならドリンクの画像、バンドをしているのであれば楽器の画像を貼りましょう。少しオシャレに見えればよりよし。

そしてプロフィールの文章は、自己紹介をする感じでいいです。ここでも意識する事があるのですが、あなたが出会いたい女性が好むような画像や文章、アカウント名を作る事です。

もしここで適当になアカウントを作ってしまうと女性を引っ掛けられない可能性、あるいは変な女性に引っかかる可能性があります。

自分が出会いたい女性が好意を持つようなツイートをする

ここまでで自分が会いたい女性が好むようなアカウントを作りました。次にそのアカウント自体が呟きそうな内容をツイートして下さい。

例えば、「アニメが好き」というようなアカウントを作ったなら、今流行りのアニメキャラの写真やグッズの写真を載せるでもいいです。

作ったアカウントと全く違うようなツイートは避けましょう。

例えば、「読書が好き」的なアカウントを作ったのにバイクの画像をつぶやくみたいなのは違うという話です。属性が全く違うので、やめておきましょう。

仮に貴方がバイクが大好きでしょっちゅうツーリングに行くとしても女性へのアピールはそこではないのです。あくまでも女性が好みのツイッターアカウント&ツイートを心がける必要があります。

自分が会いたい女性の属性をリサーチし、その人たちをフォローしていく

例えば、あなたが女子大生に会いたいとします。その場合は近所の大学のTwitterアカウントのフォロワーをあなたがフォローしていくのです。

読書が趣味な女性と出会いたいなら、「読書好きTwitterアカウント」のフォロワーをあなたはフォローして下さい。これがアニメ好きであったらアニメのアカウントという風にしていいきます。
そんな具合で、フォローして下さい。ただ1日であまりにもフォローしまくるとアカウントが凍結する可能性があるのでMAXでも50くらいにしておきましょう。

相互フォローになった相手にDM(ダイレクトメッセージ)を送る

あなたがフォローした相手があなたに気づいてフォローし返してくれた(フォローバックをした状態)を相互フォローと言います。いわゆる相互フォローです。

その、相互フォローの相手に直接メッセージを送る事ができるのがTwitterです。

例えばこんな感じで送ってみましょう。

フォローありがとうございます!
◯◯と申します!

正直直感なんですが、面白そうな方だと思ったのでDMさせて頂きました!

○○が好きでよく××しています。

せっかくなのでお話ししたいと思ってます!

良かったら仲良くして下さい♪

すると、何かしらの返信があると思います。もちろん、送った全員からの返信はありませんが、一定数の人が返信をくれます。
1通目で重要なのは、

  • フォローありがとう
  • 自分の名前
  • なぜDMしたのか理由
  • 仲良くしてくださいねの言葉

この流れです。

まず考えて欲しいのですが、Twitterを使っていて、DMが知らない人から送られてくる事は異常自体です。そこで、何でもいいので理由をつけて下さい。人は何かしらの理由があると無条件で納得する心理的性質があります。

例えば、コンビニでコピーをとるためにあなたが並んでいたとします。ですが、あなたは午後の会議に資料をコピーして持っていかなくてはいけません。

そして、時間がありません。もしその時に、コピー機に並んでいる行列を何も言わずに割り込んであなたがコピーを取るとどうなりますか?

もちろん、並んでいる人から文句を言われますよね。ですが、並んでいる人に「急いでいるので先にいいですか?」といった場合、ほぼ全員がOKしてくれるんです。

これは行動心理学で証明されている効果です。人間は、理由があると思考停止になります。理由なしに何か人から言われると「こいつ、何か企んでいるな…」と思われます。ですが、そこに何か一つでも理由があると人は無意識のうちに承諾してしまいます。

急に知らない人からDMが来たら多分あなたでも警戒するはずです。ですが、知り合いを増やしたい・趣味仲間と仲良くしたいみたいなメッセージをしましたなんて言われたら、「ああ、そうか・・・」程度で終わりですよね。その人間心理を逆手にとります。

こうやって1通目を送ります。ある程度返事が返ってくるようになったらとりとめのない話をしばらく続けてなんとかして理由を付けて合う口実を作りましょう。

例えば「良かったら、一度◯◯でコーヒーでも飲みながらお話ししませんか?」とか「ライブのチケットが当たった」「○○の映画を見たいけど一緒に行く人がいない」でもなんでもいいです。日ごろのDMからある程度のやりとりができるくらいの人間関係が出来上がっていたら後は確率論の話になります。先ほどの1通目のメールでもそうですがとにかく理由が大事です。なんでもよいので理由をでっち上げましょう。

100発100中は無理でも数十回に1人くらいはできるはずです。

ただしここで注意したいのはその人がどこに住んでいるかです。あなたの住んでいる地域より明らかに遠いところではないかは事前にチェックしましょう。例えばツイッターの住所の部分を見るとかDMのやりとりで聞きですなど

おわりに

ここまで偉そうに語っていましたが実はこの手法、僕も人から聞きました。試しにこのサイト用のツイッターアカウントでブロガーさんたちと交流したところ実際に何人か出会うことができました。

ただ相手方に彼氏が居たり、好みの属性が違ったり、そもそも男たちと合うなど恋愛的な出会いとは無縁な使い方をしていました。

ここまで読んで「なんじゃそりゃ!!」って思われたらすみません。ですがツイッターはそもそも出会うためのコンテンツではありません。利用者も「チヤホヤされて承認欲求を満たしたい」「同じ趣味を共有したい」「同じ目的の人と交流をしたい」など多種多様です。

そのため出会い目的でツイッターを運用するのは難しく思います。(そもそも僕が出会いたい目的はサイト運営のナレッジの共有や怪しいビジネスのセミナーに参加してそのことを記事にしたいとかいう理由でしたし)

ツイッターはあくまで趣味などの交流がメイン、その延長で出会う!というのが本来の使い方がベストということです。

おわり

出会い関係の関連記事

社会人は出会いがないのでいろいろ頑張って2ヶ月で彼女を作った話

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です