銀行員は出会いがない?出会い探しの場所と行員と出会いたい女子のための解決策!

投稿日:

先日銀行員の友人と飲みに行っていたときに彼がぼやいた一言、 「全然出会いがない・・・」。

最初のこのひと言を聞いたときに、銀行員なんてバブるのときはモテる職業の1つとしてカウントされていたくらいに女子からチヤホヤされる仕事だろ・・・モテないわけがない、と思っていたのですが最近の銀行員はそうでもないらしいです。

彼曰く、「初対面の人に銀行員だって話した時のリアクションは悪くはないのだけれど、そもそも銀行内では男性ばかりなので女性と知り合う機会がない」とのことです。

そこで今回は出会いがない銀行員に向けての出会い探しの方法と、銀行員と出会いたい女子のための解決策、をお伝えしたいと思います。

銀行員はモテない?

まず最初に銀行員はモテる職業です。ですので今モテないと嘆いている人は自信を持ってほしいと思います。ライブドアニュースの「異性に求める理想の職業ランキング」では、

  • 1位:商社(29.8%)
  • 2位:公務員(29.3%)
  • 3位:金融関係(27.6%)
  • 4位:企業経営者・個人事業主(27.4%)
  • 5位:医者・医療関係(25.1%)
  • 6位:IT関係(22.5%)
  • 7位:研究者(20.8%)
  • 8位:弁護士(19.1%)
  • 9位:会計士(18.4%)
  • 10位:広告代理店(14.6%)

となっており、銀行員は3位にいます。これだけを見ると職業によるディスアドバンテージ(不利)というものはなく、むしろ一般的にはモテる部類の職業になっています。

ですので「銀行員だからモテない」というのは甘えで、考えるべきところは「銀行員なのにモテない」という観点になります。

銀行員なのにモテない理由

基本的には銀行員はモテる職業であることがハッキリとしているのですが、ではなぜモテる職業であるはずなのにモテないのか、それに迫ってみたいと思います。

身だしなみが出来ていない・清潔感がない

銀行というのは基本的には就職活動の中でも内定をもらうのがかなり難しい部類の職業です。
そのため資格やコミュニケーション能力はもちろんのこと服装などの身だしなみ清潔感をチェックされた上で入行していることがほとんど基本的には見た目はちゃんとしているためそこまで気にする必要はありません。

ですが日々の業務のストレスなど身だしなみが手抜きになり清潔感がなくなってはいませんか?

例えば

ストレスによる暴飲暴食や日々の飲み会により太ってしまった

服装がヨレヨレになっている

髪の毛のセットに手を抜くようになった

などなど、前はちゃんとしてたのに最近ではおろそかになっている、ということもあるはずです。モテたいのであればいま一度自分がどう映っているかを見る必要があります。

偉そうな振る舞いをしてしまっている

今は様々な職業があるため以前ほどの威厳はなくなってしまっていますが、銀行員というのはいわば勝ち組の職業の1つとされる時代がありました。実際に入行する人は有名大学出身や難関資格保持者、サークルやゼミ内で優秀な人間だったりすることがほとんどです。

そういった日々の成功や自信の積み重ねが時として傲慢な振る舞いを呼んでいないでしょうか?もし偉そうになってしまっているのであればいま一度普段の振る舞いを考え直す必要があります。

女子の場合は職業が逆にハンデになってしまっている

女性行員の場合は紅一点ということもあり比較的構内でモテます。女性行員は昔から男性行員と結婚して寿退社するものという風潮まであります。

ただし行内で気になる男性がいなくて外に出会いを求めた場合、逆にその経歴が邪魔になる場合があるかもしれません。何故なら銀行員とは一般的には「お堅い」「エリート」みたいなイメージを持たれてしまい敬遠する男性が多いかもしれません。

出会いがない

銀行に限らずそれまでの日本社会では、おせっかいな先輩や上司が仲人をして社内恋愛や新しい出会いをしてサポートしてくれていました。ただここ数年は「セクハラだ!」って言う声が大きすぎて「世話焼きおばあさん」的な人がいなくなってきてしまっています。

せっかくの数少ない出会いの場を提供してくれるそういった人が減ってしまっている以上、自分で動かないと中々出会いが作れなくなってしまっています。

 

外部で出会いを作るためには上記で説明した「俺銀行員ですが何か?」みたいな雰囲気を払しょくしていく必要があります。銀行員の凄さを分かる人には伝わるかもしれませんが大体の人からすれば「偉そうなウザイ奴」くらにしか思われません。

銀行員という仕事に就きながら気さくなナイスガイの方が絶対モテます。

銀行員の出会いの探し方

次に銀行員の出会いの探し方と銀行員との出会いを探している人向けに出会い方についてまとめました。

社内恋愛

銀行と言えば毎年新卒採用をかなりの人数しているので、新人研修や各部署の研修などで同年代と知り合う機会が多いはずです。また規模にもよりますが転勤などもあるため移動先でも出会う場面がかなりあります。

さらには派遣社員として銀行で働いている方やシステムエンジニアが銀行に常駐しているなど、いわゆる外注人もいるので知り合うこと自体は困難ではないかもしれません。

ただ社内での恋愛が発覚すると片方が遠くに飛ばされるということが良くあります。また仮に飛ばされなくても同じ職場内でウワサになると何かとやりづらいものでもあり、職場での恋愛はしたくない人も多いでしょう。

仕事での出会い

窓口の業務をしているのであればお客さん、法人・個人営業をしているのであればお客さん、その他出入り業者など、仕事を通じて出会うことが多々あるのも銀行員の特色です。銀行では様々な人のお金を預かったり、貸していたりするので、それだけ人の出入りが激しいのためです。

女性行員の場合は窓口に来たサラリーマンから名刺を貰ってナンパされる、逆に男性行員であれば逆に名刺を渡してナンパする、というチャンス自体は他の業種に比べて多いのではないでしょうか?

合コン

昔から出会いの王道と言われる合コン。とくに職業人気第3位の銀行マンであれば「合コンしたい」の一言で出会いは開催の機会を期待することができます。

ただし合コンの場合、自分の理想の人と出会える確率は100回に6回(約6%)という統計上のデータが出ているくらいなので、中々好みの人に巡り合えないかもしれません。

とくに銀行員という肩書で群がってくる人の中には、相手も意識が高いバリキャリ層だったり、「お金持ってそうだから」と財布を出さない人、初対面なのに結婚を意識させて来るような重い人、と出会うこともあると語る銀行員の声も多数ありました。

これに関しては銀行員に限らず、高所得や人気業種の人にとっては付き物かも知れないのですが、一部の銀行員を除いて大体は普通の20代~30代なので「そんなにガッツかれても困る」というのが本音です。

世話焼きおばさんに出会いをお願いする

昔は婚期になると勝手に、「いい人紹介するよ」と声を掛けてくれる世話焼き上司というのが必ずいたのですが、付き合いが希薄化した上に何かとセクハラとうるさい現代においてはそういった存在はもはやレア。待っていても紹介してもらえる機会は確実に減りました。

ただ上司や先輩の方々はあなたよりも長く生きている分確実に人脈があります。思い切って聞いて「出会いないですか?」と聞いてみるのもよいかもしれません。

街コンに参加する

ここ数年男女の出会いとして街コンがブームです。お店でご飯を食べながら男女が知り合うイベントで実際にそれがキッカケで付き合い結婚するカップルも沢山います。

もし出会いがないのであればそういったイベントに参加してみるのも1つの選択肢かもしれません。とくに銀行員と言う職業はモテる職業であるため初対面の食いつきは絶対に良いです。(そこから先はあんた次第ですが)

また街コンでは趣味コンと呼ばれる趣味を介して集まるイベントもあり、「同業者との出会いは嫌だ」「趣味を分かち合える恋人が欲しい」と言う人もおすすめです。反対に銀行員との出会いを期待している人は年収が高い人向け・大手企業勤務向け・その他職業別イベント、などに参加をすることで出会える可能性があります。

婚活パーティーに参加する

「そろそろ結婚を考えなきゃ」と考えているのであれば、街コンよりも婚活パーティーがおすすめです。婚活パーティーでは様々なイベントジャンルが用意されています。

例)●●の趣味の人、●●歳まで限定、●●な職業の人限定などなど

自分に合うイベントに参加することで、もしかしたら将来のパートナー候補とも出会えるかもしれません。

恋活アプリを利用する

どの出会い方を利用するにしても必ず併用して欲しいなと思うのが恋活アプリです。出会い系サイトと違いちゃんとした恋人探しやのちの結婚相手探しに利用できます。

とくに多忙を極める銀行員においては休みの日や休憩時間に気軽に自分に合うパートナー候補を探せるという点において効果がテキメン。街コンや婚活パーティーとの兼用で効率的に出会いを探すこともできます。

おすすめなのが「Pairs(ペアーズ)」という恋活アプリ。登録者数が600万人越えと恋活アプリでは日本トップクラスのシェアを誇っており、自分に合うパートナー候補が必ず見つかります。

女性は無料で利用ができ、男性の場合はキャンペーンや割引によって前後されますが3,000円/月ほどで利用できます。飲み会や街コン・婚活パーティーの1回辺りの利用料よりも遥かに安いですよね?
また登録から実際に異性とマッチング(連絡OK)になる状態までは無料で利用できるので試してみて違ったらアプリをアンインストールすれば済む話です。

まとめ

銀行員はモテる職業なので今彼女がいなくても安心してください。反対に銀行員を狙っている女子は結構な競争になるかもしれませんね・・・・

出会い方も沢山ありますが、もし探すのであれば早いうちに行動しましょう。もたもたしているといつになっても出会いを見つけられず気づいたら寂しい大人になってしまうかもしれません。体力ややる気がある今のうちに1秒でも早く行動しましょう。

私のおすすめは恋活アプリですき間時間を探しつつ、合コンや街コン、紹介なども併用することです。
1つだけの出会い方1人だけ狙うという方法は一見清純と言えば聞こえが良いですが、出会える数が少ない上に1人とうまくいかなかった時のダメージがデカすぎます。

リスク分散は何もお金や金融商品だけでなく、恋愛でも必要なことなのは言うまでもありません。




素敵な恋人ができるおすすめ恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

pairs3

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

マッチ・ドットコム

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-出会い方

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.