ハロウィンでの出会いは期待できない!欲望渦巻く危険な夜!?

投稿日:

ここ数年日本でもハロウィンが定着しつつありますね?

仮装をして渋谷などの街中で叫びまくり、あわよくば出会いを求める・・・そんなことに期待を寄せていたりしませんか?

「コスプレが好き」「街中で友達とワイワイ盛りがたい」などの理由なら良いのですが、正直ハロウィンで出会いを求めることはオススメしません。

出会いを求めてハロウィンに繰り出すのは止めた方が良い理由

ではなぜ、出会いを求めてハロウィンに参加することをオススメできないのか実際にハロウィンイベントに参加した経験を踏まえて解説したいと思います。

ナンパするだけの度胸がない

正直ハロウィンの出会いは”ナンパ行為”そのものです。お祭りということで普通のストリートナンパよりは声掛けの難易度が下がりますが、コミュニケーション能力を必要とする行為であることには変わりありません。

初対面の人に積極的に話しかけ、90%以上の可能性で嫌な顔をされたりしつつ、やっと引っ掛けた10%をなんとかしてお持ち帰りする。

これだけのコミュニケーションスキルやメンタルの強さはありますでしょうか?恐らく本記事を見ている人はないと思います。もしあるのであれば「出会えるかどうか・・・・」なんて考えず街に繰り出しているハズです。

ワンナイト目的ばかり

女性は男性と違い自分から声を掛ける必要はありまないと思います。というのも少し肌の露出が多い衣装を着ていたら男性側が勝手に声を掛けてくれます。

ただこの手のナンパから良質な出会いは期待できません。せいぜいそのままお持ち帰りされてワンナイトで終わるだけです。街に繰り出したときはその場の解放感から「まぁ・・・いいか」となるかもしれませんが後日泣きを見るのは決まって女性です。

みんなが出会いを求めているわけではない

ハロウィンに出会いを求めて参加する人もいる中、そうでない人も沢山います。

  • 単純にチヤホヤされたい
  • インスタグラムなどのSNSに投稿したい
  • ただ騒ぎたい
  • 変身して普段と違う自分を楽しみたい

などなど理由は様々です。そんな中出会い目的で声を掛けにいってもミスマッチに繋がり無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

盗撮される危険性

とくに女性に注意して欲しいところなのですが、肌の露出が多い衣装は盗撮マンの格好の餌食です。

とくに人が多い渋谷や六本木では下から撮られたり、盗撮フィルム付きのカメラで撮影されても中々気づくことが難しです。

SNSに写真をアップロードされる危険性

盗撮や勝手に撮られた写真を個人で楽しまれる分にはまだ実害はないでしょうけど、それをSNSに無断アップロードされてしまっては困る人が多いのではないでしょうか?

家族や知人・恋人にあなたのあられもない姿を見られる危険性が生じます。

また露出をしていない人や男性でも、SNSに1度アップされて注目されてしまうとその写真はどんどん拡散されてしまう可能性があります。

美人局に合う可能性もある

さらにハロウィンでナンパをしていると美人局(つつもたせ)に合う可能性もあります。

女性をナンパしていい感じになったところにグルの男性たちがやってきて、あれこれと因縁をつけ金品を取りあえるという悪質な行為。

「現代において美人局なんて絶滅しただろ・・・・」と思っていたのですが、年間の被害者状況を見ると意外に多いことが分かるため、こういった解放的で人が多いイベントでは注意が必要です。

では出会いを探すにはどうしたらよいのか?

  • ナンパは難易度が高い
  • イベントで知り合った出会いは絶対長続きしない・下手したら一夜限り
  • 犯罪に巻き込まれる危険性がある

という理由からハロウィンで出会いを探すのはオススメできません。

ですがハロウィンというイベントを活用しないのは非常に勿体ないとも思います。そこでハロウィンを活用する方法について触れていきたいと思います。

ハロウィンを口実に気になる子を誘う

全くゼロの状態でハロウィンに出会いを求めて街に繰り出すのはオススメできませんが。元々顔見知りの人と仲良くなるためにハロウィンを活用するのは効果的です。

自分の身近に片思いの人がいれば、「一緒に仮装して街を歩かない?」などとデートに誘ってみてはいかがでしょう?とくにキッカケがない人にとっては期間限定のイベントなので良いチャンスです。

誘うならある程度前もって声を掛けましょう。(ギリギリだと別の用事が入る可能性があります)

有料のハロウィンイベントに参加する

渋谷や六本木のストリートだとタダで誰でも来れるので、いろんな層の人間が参加しますが、多少なりともお金を払って参加するイベントになれば、「お金を払ってまで参加したい」という人だけ残り、冷やかしや悪質な人間の数は減ります。

また「アニメコスプレパーティー」や「クルージングパーティー」など特定のイベントだと、同じ年代や趣味の人が集まりやすいため、不特定多数がいるストリートよりも出会える可能性が広がります。

ハロウィン街コン・婚活パーティーに参加する

身近で誘える人がいないのであれば街コンや婚活パーティーが主催する「ハロウィンコン」というのに参加するという選択肢もあります。

個人的には男性の参加費が高いため強くはオススメできませんが、ストリートで声を掛けるよりは難易度が低いのでアリだと思っています。

「イベントとか浮ついたものはちょっと・・・」と思いつつも、なんがかんだでハロウィン的な演出やイベントがあるコンパは楽しいもので、いつもより異性と親密になれるチャンスがあります。

まとめ

ハロウィンで出会えるのがオススメできない理由について述べた後で、一見矛盾するような話かもしれないですが「でもハロウィンというイベント自体は有効活用するべき」というお話をしました。

ただ闇雲に街に繰り出すだけではせつかくのハロウィンというイベントが活かせないので、いろいろ工夫をしてハロウィンを楽しみましょう!



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-恋活・婚活コラム, 恋活・婚活コラム

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.