警察官はかなりモテる?警察官と出会うための方法とは?

投稿日:

警察官といえば地域の平和を守るため日々体張る仕事で、その正義感あるイメージから女性受けだけでなく、子供のなりたい職業でも度々上位にくる職業です。

本記事では警察官と出会うために必要なこと、また出会いのない警察官が良い出会いを見つける方法をまとめました。

警察官はモテる

警察官と言えば市民を守るヒーローであったり凶悪犯に対して果敢に挑んでいるなどなど、職業からくるイメージは非常に良いです。ですがかと言って恋愛面においてものすごくモテるのかというとそれは別です。

モテる警察官もいれば全然モテない警察官もいます。何も警察官に限らずありとあらゆる職業に言えますが、仕事している様子を見てカッコイイと思うことはあっても職業を聞いただけでモテることはあり得ないと思って頂きたいと思います。

ですが婚活市場では非常にモテます。結婚はその人の人柄だけでなく収入や安定した仕事であるかどうかも重要な要素になります。警察官は国家公務員だけあって収入は安定しています。加えて仕事のイメージが良いのも特徴です。

付き合う・結婚する前に知っておきたい警察官について

市民の安全を守る警察官は普通の会社員の人と比べて違った一面を持ち合わせています。

警察官との出会いを探している人は警察官の人と付き合う又は結婚を考える前に知っておくと良いでしょう。

休みが不定期

なんとなく察している人は多いと思いますが、警察官のお仕事は不定期なことがほとんどです。

月曜日から金曜日まで出勤するというものではなく、土日に仕事があることもあれば夜勤であることもあります。

交番勤務の警察官も所轄署勤務の警察官も警察庁捜査課などで勤務している警察官も、ほとんどそうでしょう。

犯罪というのは大きいものから小さいものまで含めるといつ発生するか分からず、警察官は市民の平和と安全性を守るために常に戦わなければなりません。

そのことを知らずに付き合う又は結婚してしまい、後になって彼を責め立ててしまったら、一生懸命に働いてる彼がかわいそうです。

そのためにも事前に警察官の仕事がハードであることを知っておきましょう。

緊急の呼び出しもある

また非番の日でも急に呼び出されることもあります。緊急の出動によりせっかくのデートや家族サービスが台無しになることもあり得るということを理解してください。

もし付き合うあるいは結婚することになって、せっかくの時間も

専業主婦の方が好まれる

上記の内容から警察官が非常に大変であることは理解できたかと思います。

もし警察官と結婚するのであれば、2人からの時期は共働きでも問題ありませんが、子育てが大変な時期は仕事をお休みする必要がありますし、旦那さんとその上司もそうある事を望むと思います。

もし貴方が結婚して子供が生まれてもバリバリ働きたいというキャリアウーマン思考であるのならば、警察官との結婚は向かないかもしれません。

警察官の結婚式は豪華

近年はお金の問題やミニマリストをはじめとした質素に生きるというのがブームであり、そのため結婚式をするにしても親族だけということや、式自体挙げないという場合も少なくありません。

ですが警察官との結婚式は非常に豪華です。私自身、警察官と結婚する予定の友人の挙式に参加させてもらったのですが驚きました。

彼が所属する管轄の所轄署の警察官総出で参加していますし、知人女性側も職場の同僚や先輩・上司を引き連れていました。

その背景には、市民を守る重大な職務を負った旦那とそれを支える妻の新しい生活をみんなで祝うということもあるようです。

式では警察礼服を着たりと特別な式な要素もあり、結婚式はしっかりやりたいという方にとっては素晴らしい場面になるでしょう。

警察官と出会う方法

警察官と付き合うこと結婚することでの大事な点についていくつか述べさせていただきました。次にその警察官と出会う方法について紹介したいと思います。

女性が警察官の彼と出会うという視点で書いていますが、警察官のあなたが出会いを探していても役立つ内容をたくさん含んでいるので参考にして欲しいと思います。

直接警察官と知り合う

例えば交番で被害の相談を行った際に気になってしまうことやいつも巡回に来ている警察官を好きになることも当然あり得ます。また警察官側も「普段この通りを歩ている人だ」と言う認識から恋がスタートするかもしれません。

狙って恋愛関係に発展させるのは難易度が高いかもしれませんが、お世話になっている交番のお巡りさんに手紙とお礼の品を渡した所から交際が始まるというロマンチックな展開もあるかもしれません。

学生時代の同級生

私が参加した結婚式のケースですが、友達も結婚相手の警察官の二人は学生時代からの交際を経て結婚にまで至りました。学生であればクラスメートの異性に恋する展開があり、社会人に比べて出会いも豊富です。

「いやもう既に学生じゃないんだけど・・・・」という人は、同窓会になど参加してみるのも選択肢の1つです。

スポーツジム

警察官や消防士などの体を使う職業に従事する人の中には、プライベートでも体を鍛えることが好きという人が結構な割合でいます。もちろん中には体力がなさそうなヒョロヒョロな警察官も言えればたるんだ体をしている警察官もいますが・・・

スポーツジムに通っている男性の場合は警察官をピンポイントで見つけるのは難しいですが、出会いのチャンスはかなり多いです。エクササイズに仲良くなることもあればジム主宰の交流イベントなどでも出会いのチャンスはあります。

またお金払ってジムに来るくらいですから、健康や美容に気を使っている爽やかメンズもたくさんいることでしょう。警察官以外の出会いも見つかるかもしません。

友人の紹介

何も警察官の恋人を探すためだけではなく、他の条件で探すときも当てはまりますが、昔からある一番無難な出会い方の1つとして友達に異性を紹介してもらう方法も有効です。何人かの友達に声を掛ければもしかしたら「警察官の知り合いがいる」と言って紹介してくれるかもしれません。

友人からの紹介の場合、ある程度あなたの魅力を相手に伝えてくれるので伝えるのが苦手な人でも参加しやすいかもしれません。

合コン

友人の紹介と言えば合コンと言う手もあります。もし警察関係者との交友関係が多い知り合いがいたら「合コンを開いてくれ」と頼むのも1つの手でしょう。逆に警察官の人は女性との人脈がある人に合コンの開催を懇願してみてはいかがでしょう。

街コン

街コンと言えば、いろいろな飲食店を巡りながら男女が出会いを探す場所でありますが、街コンでは様々なジャンルごとにイベントが開催されています。例えば「公務員限定」とか「●●な趣味限定」などがあります。

その中から警察官がいそうなイベントを選ぶと良いです。また警察官側は自分の好みと合いそうな人がいるようなイベントを探してみると良縁に巡り合えるかもしれません。

恋活アプリ(マッチングサイト)

アプリを通じて恋人関係になる方法です。

2000年初頭の頃は怪しい出会い系サイトが横行していたことがあって「怪しい」イメージがついて回っていましたが、しかし現在はあのリクルートが運営するゼクシィ発の恋活アプリを提供しているなど、ネットで出会うことに関してかなり改善されて、イメージも良くりました。

マッチングサイトの世界的大手である「マッチングドットコム」の調べによれば、アメリカでの年間に結婚するカップルのうち10%は恋活アプリ(マッチングサイト)経由で知り合っているというデータが出るくらいには普及しています。
日本でも約10組中1組のカップルはインターネットを介して出会っていると言われています。

サイト内で条件などで検索をして相手を探し、お互いにメッセージなどでやりとりをして、その後気に行ったらデートするという仕組みになっていることがほとんどです。

恋活アプリの良いところは自分の希望する条件の異性を探しやすいこと合コンや街コンとかに行かないでもスマホ一台で会えることが出来る点にあります。

警察官の場合は、一般のお休みのスケジュールとズレていることが多く(むしろ連休などは出勤していることがほとんど)、中々出会いの場に顔が出せないことが多いです。そういった意味では恋活アプリを介した出会いは警察官の恋人が欲しい人にとっても出会いを探している警察官にとっても効率的と言えるでしょう。

 

おすすめはPairs(ペアーズ)です。

  • 600万人越の会員数と国内アプリの中で最大規模
  • 検索以外にもコミュニティ機能により自分の気になる異性を探すことができる
  • 女性は無料(男性も有料だけど3000円前後と飲み会1回より安い金額で利用できる)

という特徴があります。

結婚相談所

 

「自分はもうゆっくり恋人を探して、良ければ結婚するなんていうことをしているだけの時間がない」と焦り気味の人や、「最初から結婚あり気で恋人が欲しい」と思う人は結婚相談所を利用する選択肢もものすごく有効です。

結婚相談所と言うと「古臭い」「ここまで結婚できない人が集まっている寄せ集め」みたいな悪い印象を持つ人も多いですが、しかしここ数年はかなり改善されています。↓は実際に行かせて頂いた「PARTY☆PARTY(婚活パーティー)」や「IBJパートナー(結婚相談所)」を運営している「株式会社IBJ」の様子です。

このようなキレイなオフィスで、かつ写真のように若いスタッフ(既婚者)が懇切丁寧に、ちゃんとした相手探しのサポート異性との良縁を掴めるように魅力的な改善点などのアドバイスも貰えいます。恋愛経験があまりない人でも安心して恋愛できるでしょう。

相手とのお見合いやデート等のセッティングもしてくれるので仕事が忙しくて自分で管理できないという人にも最適です。

いきなり入会するのは不安だと思うので、まずはいくつか資料請求をして「どんなサービスや強みがあるのか?」「果たして本当に行くべきなのかどうか?」など本格的な婚活に向けて検討するところから始めてみるのがおすすめです。(いずれも1分の登録で資料請求完了)

おわりに

以上、警察官の恋人を探している又は警察官との結婚に興味がある人向けの記事になります。警察官との出会いを探している、現職の警察官だけど出会いが欲しいという人の参考になれば幸いです。

現代は男女とも出会いがないと言われていますし、年々恋人が居ない率が上がっていることも様々なデータからご存知でしょう。出会いが欲しいのであれば自ら行動しる努力が必要になります。そのためにも今から出来る事を少しずつ頑張りましょう。



素敵な恋人ができるおすすめ恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

pairs3

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

マッチ・ドットコム

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-その他

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.