マッチングアプリ マッチドットコム

マッチドットコムの要注意人物!サクラやヤリモクの特徴は?

投稿日:

日本だけでなく世界40カ国以上で利用されている婚活マッチングサービスのマッチドットコム。アメリカでは年間結婚カップルの10%はインターネット経由の出会いになるのですが、その中でも1/3がマッチドットコムを通じて知り合っているというデータが出ているくらい海外では人気です。

気軽な恋愛には若干不向きですが、真面目に婚活している人が多い印象のこのサービス。ですが中には業者やサクラ、ヤリモクなど要注意人物もいます。

本記事ではそういった要注意人物に引っ掛からないために必要なことをまとめたので紹介します。

マッチドットコムとは?

1995年アメリカでリリースされたネット婚活サービスで、日本でも2002年から運営が始まっています。日本国内でも累計100万人のユーザーが利用しています。

真面目な恋愛を望むユーザーが登録

冒頭でもお話した通りマッチドットコムは、結婚を前提とした付き合いを望む人はオススメなサイトになっています。

マッチドットコムでは結婚や真剣な交際を前提としたユーザーが沢山登録しています。先ほどの説明通り、アメリカでのネットで出会って結婚したカップルの1/3はマッチドットコム経由だという実績があります。

そのエッセンスはしっかり日本版にも受け継がれています。60%の人はメッセージを交換して一カ月以内に交際を開始していて、さらにマッチドットコムがきっかけで結婚したカップルのうち、44%は付き合って1年以内に結婚しています。

恋活としてはもちろんのこと、結婚を前提とした交際が目的でも利用することができるのがマッチドットコムの強みです。

【結論】マッチドットコムにサクラはいない

サクラとは、公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語。当て字で偽客とも書く。

引用元:Wikipedia

出会い系サイトで言えば、運営元が利用者にポイントを購入するために、異性ユーザーのフリをする行為です。結論を言うとマッチドットコムには運営が異性のフリをして嘘を付いているということはありません。

なぜならマッチドットコムはメッセージを送ったりプロフィールを見るためにポイントが必要な出会い系ではなく、月額利用料金を払えば使い放題になるマッチングアプリだからです。

そもそもサクラ行為なんてやっていたら、訴訟大国のアメリカでは一瞬で訴えられて今頃サービスそのものがなかったでしょう。

マッチドットコムには要注意人物は少ない

マッチングアプリでの要注意人物と言えば、マルチやその他ビジネスの勧誘、ヤリモク、既婚者の理由というのを指します。

こちらはサクラのように絶対的にいないとは言えませんが、他のマッチングアプリと比較したらほとんどいないと言っても良いでしょう。

なぜならマッチドットコムは、他のマッチングアプリと比べて最終的に提出しないといけない書類が多いからです。

【マッチドットコムの必要書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

の6種類です。

ここまで書類が多いと、後ろめたい目的でマッチングアプリを利用したい人にとってはマッチドットコムはかなり相性が悪いと言えます。

マッチングアプリの要注意人物の特徴

とは言っても少数ながら要注意人物はいます。マッチドットコムの話ではないのですが私が過去に遭遇した要注意人物の特徴や、女性利用者からの報告例をまとめました。

マルチなどのビジネスの勧誘

  • 「終身雇用も終わって、年金も当てにできないから今後不安だよね」みたいなやたら不安を煽ってくる
  • 不安になる話をした後から、投資や事業をしようとしているという話をしてくる
  • 「偉い人に会わせてあげるよ」などと第三者を紹介しようとする
  • 「パーティーやるから来なよ」という誘いがある
  • 自己啓発書をやたら進めてくる

仲良くなった相手にこのような特徴があったら注意が必要です。

マルチやビジネス塾などは、あなたを会員にして高額な料金を払わせようとしてきます。そのためには洗脳をさせるために、意識高い系の人たちに合わせようと企んで聞います。

また自己啓発書を勧めてくるのですが、その本もマルチなどがやりたくなるような教育書だったりします。

ヤリモクの特徴

  • 最初の段階から夜に飲み屋に誘ってくる
  • 終電を逃そうとしてくる
  • お酒が大好きアピール
  • 下ネタの頻度が多い

ヤリモクの場合は、手っ取り早くお金をかけずにやりたいため、初回のデートからガンガン夜の時間に居酒屋を誘ってきます。そして居酒屋に誘う口実として自身は「お酒が大好きアピール」をしがちです。

またメッセージや会話で下ネタをぶっこんでくる人は特に注意。エロへのハードルを下げる作戦or性欲が増している兆候、である可能性が高いです。

不倫の特徴

  • 手に指輪の跡がある
  • デート場所が済んでいる家からやたら遠い
  • 職場や住んでいる地域などの情報を教えてくれない
  • 様々な理由を付けて家には呼んでくれない

不倫ユーザーが一番恐れることは、自分の生活圏に入られることです。住んでいる区・自分の会社などをかたくなに教えてくれない場合は注意しましょう。

また結婚指輪を付けたまま会おうとして来るバカはいないですが、普段は指輪を付けているケースがほとんどなので左薬指をチェックしましょう。指輪跡や日焼け具合などがあればかなり疑わしいです。

要注意人物に遭遇したら通報しよう

もしあなたが要注意人物に該当する人に遭遇した場合は、別の誰かが餌食になる前にちゃんと通報しましょう!

相手のプロフィールから画面右上を選択し、「不審点を報告」を選べば通報することができます。

マッチドットコムは、基本的には安心して出会えるマッチングアプリなので心配する必要がないのですが、もしものときや他のマッチングアプリと併用するのであれば念頭に入れて欲しいと思います。

このような記事も一緒に読まれています

恋愛研究所おすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリは今世界的にメジャーな出会い方になりつつにあります。年間結婚カップルの約10%はマッチングアプリ経由だと言われています。日本でも20代カップルの約4割以上はマッチングアプリで恋人を作っています。

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、を使ってみてはいかでしょう? マッチングアプリでは、仕事の合間や自宅で、素敵な恋人を探すことができます。

出会うまで平均期間は1~3ヶ月で、平均3つのアプリをまとめて使用しています。

この機会に一斉に利用してみましょう!

Pairs(ペアーズ)

ペアーズは累計会員数が800万人を超えており、最大級の会員数を誇る恋愛・婚活マッチングサービスです。

  • 会員数が多く毎月4500人が出会っていると言われている
  • 平均的な利用ユーザーが20代~30代で、恋活から婚活まで幅広く活用可能
  • 同じ趣味や共通の話題でコミュニティ(グループ)を作って、話をすることができる
  • 女子は全サービスが無料。男性は最終的に課金要素があるけど他に比べて安い

マリッシュ

2016年スタートという後発のアプリですが、少しずつ人気を集めてきている注目サービスです。

  • 普通の婚活だけでなく、×あり再婚もOKのサービス
  • アプリ内の通話機能によりLINE交換しなくてもやりとりができる
  • マッチングアプリでは珍しい、男性も無料メッセージが送れる

20代前半の若い人は少ないですが、「結婚を視野に入れたい恋愛をしたい」というまじめな出会いを探している人におすすめです。

Omiai(オミアイ)

Omiaiは安心・安全な恋活・婚活マッチングサービスで、ペアーズと同じく古くからある人気マッチングアプリです。

累計会員数は2017年1月時点で200万人を突破しています。

  • ペアーズより美男美女率が高い
  • ペアーズほど1人のユーザーに人気が集中しないため、ペアーズより出会いやすい
  • 真面目に恋活or婚活している人が多い印象

>男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

【随時更新】マッチングアプリおすすめランキング

40種類以上あるマッチングアプリから実際におすすめできるものを8つまでに厳選。特徴や評判をまとめました!

-マッチングアプリ, マッチドットコム

Copyright© 恋愛研究所 , 2019 AllRights Reserved.