メンズ脱毛の人気部位ランキング!男はどの箇所の毛を剃りたいのか?

投稿日:2017年10月23日 更新日:

脱毛クリニックに通う、美容意識の強い男性たちはどの部位が気になって脱毛を行うのか?

女性であればワキやVラインなどある程度人気の部位というのが分かるものですが、男性の場合は女性よりも全体的に毛が濃いため「みんなどの毛を気にしているのか」というのは分からないものです。

このページではゴリラクリニックを利用するユーザーの調査を基に、メンズ脱毛の人気メニューTOP10を紹介したいと思います。

 

10位:前腕(ひじ下)

 

以前は男らしい男性の象徴として君臨していた腕の毛ですが、今となっては不快に思い脱毛する人が増えているようです。

夏場になれば私服や水着、またはワイシャツでまくった時やさらには近年流行しているクールビズなど、なにかと晒す機会が多い部位です。

そのため「毛深いと悩んでいる人」には地味に人気があります。

 

9位:太もも

前腕よりも通院する人が多いのが太ももになります。

男性の場合は普段は長ズボンを履いたり、夏場であってもハーフパンツの場合はひざ下まで露出しないため、一見そんなに気にしないような印象を受けますが実は結構需要のある部位のようです。

 

8位:ひざ下(脛)

先ほど太もものところでも触れたひざ下(脛)ですが、8位にランクインされていました。

脛の毛なんて男性からしたら「生えっぱなし当たり前」かもしれませんが、あまりにも濃いのは女性受けが悪いようです。

 

毛深いメンズからすると短パンを履いたときや海に行った際など、気にする場面は多いのでしょう。

 

またコスプレイヤー、とくに女装をする人からすると太ももと合わせて煩わく、すぐに施術したい箇所のひとつになります。

 

7位:腹毛

お腹やおへそ辺りに生えている毛、いわゆるギャランドゥと呼ばれる毛が7位にランクインしています。

 

ちなみにギャランドゥの語源は西城秀樹という説と、西條秀樹の写真集に写っている腹毛をユーミンこと松任谷由実が面白おかしく指摘した、という二つのパターンがあるようです。

 

夏場のシーズンや人前で脱ぐことになったときには嫌でも目に付く部位なので、あまりにも濃いと気になる部位です。

 

6位:胸毛(乳首含む)

胸毛と言えばいつの時代も濃いとキモイと言われがちな部位ですね。

毛深い知人も彼女と会うときは念入りに胸毛を剃っていると聞きました。

 

実際に女性にアンケートを取ると「本当に深いな部位」として常に上位に君臨しているのが、この胸毛です。

 

また海やプールなど上半身を見せる機会が多いシーズンが近づくにつれ、シーズン到来より前に通院するという人は結構いるようです。

 

5位:ビキニライン

ビキニラインは、陰毛が生えている範囲のうち、ビキニの水着や下着を着用しても覆われない部分のことです。

 

女性の間で剃ったり脱毛したりするのが当たり前の部位ですが、実は男性にも結構人気のある部位になっています。

ハーフパンツ型の水着ならまだしも、それよりも布面積が少ない水着を着用する場合確実に毛が「こんにちわ」してしまいますもんね・・・・

 

4位:男性器周辺

ビキニラインよりもさらに、踏み込んだ男性器周りの毛が4位にランクイン。

日本では男性器周辺の毛って男女共に手入れをする文化があまりありませんが、海外ではベッドインする際のエチケットのひとつとして処理してないと不衛生とされるそうです。

 

また自力でやろうとする人がいるのですが、傷つきやすく万が一の場合感染症や、傷がついたまま性行為などに及ぶと性病になる恐れもあるので、男性器周りの毛が気になる場合はきちんとクリニックで施術をしてもらいましょう。

 

※ゴリラクリニックさんを取材したときに「施術中に勃起することはあるんですか?」と聞いたところ、裸でリラックスした際に不意に立つ人はそこそこいるようなので「あまり気にしないでください」とのことでした。

 

3位:全身脱毛

まあ大体の場合、「腕だけ毛が濃いんです」「膝だけ毛が多くて」なんてことはなく、満遍なく毛が濃いですよね。

そのため、特定の部位だけ受けるというのではなく、ある程度全身受ける人はものすごく多いです。

 

2位:Oライン(肛門周辺)

女性の場合は、Oライン脱毛やハイジーナというのがスタンダードになりつつありますが、実は男性もOライン脱毛を希望する人が多いとの調査結果でした。

裸になったときにお尻周辺のけがビッシリ生えているというのは普通に不潔と感じる人が多いからでしょうか。

 

また生えっぱなしのOラインの毛は、汚い話ですがトイレットペーパーが絡まったり、ちゃんとお尻がふき取り切れない要因にもなるため非常に不衛生ですし、臭いやムレの原因にもなってしまいます。

 

1位:ヒゲ脱毛

やはりメンズ脱毛の王道と言えばヒゲの脱毛になります。

 

施術を受ける理由としても

  • 毎日ヒゲを剃るのは時間の無駄だ
  • 剃らなければならないけど肌が弱いからカミソリ負けをしてしまう
  • いくら剃っても剃り切れないほどの青髭だ

などがあります。

 

男前の人の整えられたヒゲというのは確かにカッコイイかもしれませんが、生えっぱなしの毛というのは不潔と思われるのはまだしも、大人の男性の身だしなみがないと判断されかねません。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-メンズ脱毛, 自分磨き

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.