生涯独身はリスクの塊?一生結婚しないことのデメリットとは?

投稿日:

かつては結婚することが当たり前だったのですが、ここ数年はライフスタイルが変化し「独身貴族」「お独り様」という言葉と共に生涯独身という生き方が確立しつつあります。

ですが生涯独身でいることはリスクの塊だということはご存知でしょうか?

「聞いたことはある」という人はいるかもしれませんが、具体的にどうリスクがあるのかまでは把握していない人も多いと思います。

本記事では生涯独身でいることによりデメリットをお伝えします。

30代・40代の未婚率が増えているからと安心してはいけない

30歳~34歳の2人に1人は未婚

2010年に実施された総務省の国勢調査の結果によると、

【男性未婚率】

  • 30~34歳で47.3%
  • 35~39歳で35.6%
  • 40~44歳で28.6%

【女性未婚率】

  • 30~34歳で34.5%
  • 35~39歳で23.1%
  • 40~44歳で17.4%

また将来的には結婚したいなぁと思っている人で、「「なんだ結構みんな結婚してないなぁ~~」「自分もまだ結婚しなくていいかなぁ~」と思っている人は要注意。

年齢が上がるにつれて一生結婚できない確率があがる?

また同じく2015年の国勢調査によると、年齢が上がるにつれて結婚できないということが未婚率の推移から分かっています。

そうなんです。「今はまだ結婚しなくていいかぁ~」と悠長に年齢を重ねてしまうと、どんどん結婚できる確率が下がってしまいます。

生涯独身によるデメリット

結婚していれば夫婦で蓄えができる

仕事を引退した老後を生きるためには年金に加えて3,000万円の貯金が必要と言われています。

独身者の場合は生活コストが夫婦より下がるため3,000万円よりは必要な貯金が少なくなりますが、それでも数千万円のお金が必要です。

サラリーマンの生涯年収が2億~3億と言われているので、3,000万円のお金は相当頑張って貯金をしなければなりません。

ですが、結婚をして夫婦で一緒に働き貯金を築けば1人よりも難易度が下がります。

例えば、1人で年収1,000万円は難しいですが、2人で1,000万円であれば1人500万円稼げば良いので、老後の蓄えを作りやすいです。

お金の使い道が明確になる/無駄遣いができなくなる

独身のあなたは、ついつい余計なものにお金を費やしていませんか?または年収が上がると同時に生活のレベルが上がってきていませんか?

独身者の場合、自分で稼いだお金は全て自分で使うことができます。しかも独身者の場合は結婚式や子供の進学など大きなイベントも発生し暗線。

そのため、あまり貯金することについて深く考えず、給料として入ってきたお金をそのまま使ってしまいがち。車を買おうが、旅行に行きまくろうが自由です。

ですが、結婚をすれば「家族を養わなないといけない」「今後のライフイベントに備えて貯金をしなければ・・・」という気持ちが生まれ、計画的に入ってくるお金を管理することを余儀なくされます。

稼ぎ手が2人になるということ以外にも、こういった生活の自制ができるようになることも結婚した方がお金が貯まる理由です。

独身の場合は貰える年金額が少なくなる

結婚をしている場合、たとえ奥さんが専業主婦であっても貰える年金は二人分になります。厳密に言うと奥さんの分は年金保険料を払わなくても年金を貰うことができます。

婚姻制度のメリットを生かして、夫の厚生年金(公務員の場合は共済年金/自営業者の場合は国民年金)と妻の国民年金を老後の収入にすることができます。

結婚をした方が共働きであればお金を貯めることが簡単かつ二人の厚生年金、共働きでなくても専業になる人は国民年金を受け取ることで、老後の資金にかなりゆとりを持たせることができます。

病気になっても仕事を辞められない

年齢を重ねてくると病気のリスクが上がるのは言うまでもありませんね?

急に体調を崩したり、病気になっても協同で生計を立ててくれるパートナーと力を合わせることで、療養を行うことができます。

ですがこれが独り身の場合、急に病気になって手術が必要な場合や、年単位で自宅or病院で療養が必要になっても自分の力でなんとかしなければなりません。

介護問題の対策にもなる

介護というと、どうしても自分の親の世話をするというイメージを思い浮かべがちですが、万が一の病気や事故、日ごろの不摂生からくる老化など、自分自身の介護が必要になる日がくるかもしれません。

そういった事態になったときに、手助けをしてくれるパートナーの存在は大変大きいです。

例えば寝たきりや、車いすが必要になったときに、自分一人ではどう考えてもできないことが多すぎますが、パートナーのサポ―トがあれば乗り越えられることも増えます。

また、1人では孤独や絶望など負のスパイラルに陥るところが、パートナーと二人三脚で生き抜けば希望が見えてくるかもしれません。

科学的な根拠はありませんが人は気持ちの向き方1つで、難病が治ってしまったり、症状が和らぐことも少なくありません。励まし合えるパートナーの存在は病気になった時のケアにも必要不可欠になってきます。

おわりに

本記事では生涯独身でいることのデメリットについてお話しました。

よく「結婚はオワコン」「結婚は人生の墓場」みたいに言われますが、それは最悪の相性の人と惚れた腫れたで恋愛してその延長で結婚した場合です。

ちゃんと支えあるパートナーを見つけた場合は、老後の問題を2人で乗り越えていけるためこれほど頼もしいことはありません。

 

「将来的には結婚をしたい」と思う人は

  • 今すぐにでも恋人と結婚や将来のことを放してみる
  • 恋人がいない人は、最良のパートナーとなる人を探す努力をする

というのをするべきです。

本当に結婚する気がなく将来独身でいるつもりの人は、しっかりと老後に備えてお金の蓄えをし、定期的に健康診断を受けるなどに励むべきです。

当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-婚活

Copyright© 恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.