友人や知り合いの紹介での出会い・結婚に期待するな!デメリットが多い!?

投稿日:

出会い方には様々な方法がありますが、「私たち友人の紹介で出会いました」なんてフレーズがあるように友人や知り合いに異性を紹介してもらう方法は定番中の定番かもしれません。

友人の紹介だと全く知らない人でもある程度安心できるという意味で安全な出会い方であるように思う人も多いでしょう。

ただ友人や知人の紹介で出会う方法はデメリットがあり、ぶっちゃけた話婚活としてはおすすめできません。

友人や知り合いの紹介によるメリット

信頼性がある・安全

ゼロからの出会いの場合は、その人がどんな人かまったく分からない状態からスタートするため、例え婚活パーティーなどの結婚を意識したイベントでも出会った男性が遊び目的である場合も少なくありません。

そのためにあなた自身の見る目が試されることになります。

 

その点、友人・知り合いの紹介であれば、事前に紹介してくれる人の人となりやプロフィールを知ることができますし、友人サイドもある程度あなたと話・価値観が合うことを前提に紹介してくれるはずです。

恋人や結婚相手の候補として全く信頼できない危ない人と知り合うと言うことが極めて少ないのが紹介の良いところ。

喧嘩の時友人に間に入ってもらえる

また友人・知り合いの紹介の良いところと言えば、付き合うことになってもしも喧嘩をしたときに友人に仲裁をお願いできる点だと思います。

お互い共通の知り合いがいない状況のカップルが喧嘩したら、お互いまたはどちらかが気まずい中で謝罪などをして仲直りをしなければなりません。

謝ることや喧嘩しても仲直りするのが得意という人はいいですが、大多数の人はそういうのが苦手で些細な行き違いが別れに繋がることも少なくありません。

 

ですが友人の紹介の場合は、もし喧嘩しても友人に「ごめん××と喧嘩しちゃったんだけどどうしよう?」などと相談してくれれば、間を取り持ってもらえる可能性が高いです。

ほよど変な友人でない限り、客観的にお互いの行き違いを説明して元通りにしてくれるでしょう。

友人や知り合いの紹介によるデメリット

一見良さそうに見える友人や知り合いの紹介による出会い・婚活ですがデメリットもあります。

相手を自由に選ぶことができない

さすがにあなたの友人や知り合いであるため、あまりにも合わない人を紹介することはないとは思わないですが、しかし友人の知り合いの中からの紹介であるため相手が限定されてしまいます。

「ちょっと自分とは違う価値観の人と知り合いたい」と思っても、結局は類は友を呼ぶという感じで似たりよったりになってしまう可能性が高いです。

友人の紹介であるため断りにくい

友人の紹介である場合、紹介された人が「顔が好みではない」「どうしても受け入れられない要素がある」などタイプでなくて今後の関係性を全く考えられなくても、それを友人に伝えるのは難しいです。

友人の友達である以上、紹介してくれた友達を傷つけたり悪い気分にさせたくないため、ダメな理由をそのまま伝えるわけにはいかずかなり気を使うことになります。

ぜんぜん好みでなかったときのその後の対応が紹介によるデメリットで一番ありがちなことだと思います。

10年来の親友でなんでも遠慮なく話せるのであれば、「せっかく紹介してもらったけどタイプじゃない」「○○さんの××な所苦手」と言えるかもしれませんが、友人と紹介された人の方も長い年月を掛けて培った人間関係があるためヘタすると友情にヒビが入るかもしれませんね・・・・

1度断ったら次の紹介はないと思うべき

1度紹介された人を「タイプじゃない」などと断ってしまったら、基本的にはそれ以上誰かを紹介してもらえることはないと思った方が良いです。

友人や知り合いからしたら、「無償で出会いの場までセッティングしてやったんだゾ」と怒っている可能性もあります。

また「あいつのわがままに叶う人なんて中々いないよ」とあなた自身はえり好みしていないかもしれませんが、紹介へのハードルが相手の中であがってしまいます。

出会える数に限界がある

個人的に一番の問題点は、友人や知り合いの紹介だと出会える人数に限界があることです。

元も子もないことを言いますが、恋愛や婚活において良質な出会いを見つける一番の方法は「どれだけ人に出会ったか」が大切で、これは統計学の観点からもよく言われていることです。

友人から紹介される場合は、1人の友人から1~2人としか出会えないのですぐに限界が来てしまいます。

1人に入れ込むのも良いことですが、「この人合わない」ってなった時や実は自分の片思いで付き合えなかったときに替えが効きません。

付き合ったり結婚しても他の人に出会おうとするのは浮気・不倫ですが、ちゃんとしたお付き合いをするまでは最大限出会いを追い求めるべきです。

まとめ:紹介の出会いは難しい

友人や知り合いの紹介によりちゃんと付き合えた・結婚できた場合はメリットが大きいですが、そもそも出会いの数や質に問題があり上手くいかなかった時のデメリットが多いのが特徴です。

紹介自体は良いことなので「誰かいい人紹介しようか?」と言われたらそれを素直に受けつつも、それだけに頼ることなく自分で出会いを探すことが一番大切です。



当サイトから登録多い人気恋活アプリ3選

  • 恋人は欲しいけど仕事が忙しくてできない
  • 周りに出会いがない
  • 同じ趣味の恋人が欲しい

と悩んでいるのであれば、恋活アプリを使ってみてはいかでしょう?
恋活アプリでは、仕事の合間や自宅で、後の素敵な彼氏・彼女候補を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)

約700万人が登録している日本最大規模の恋活アプリ
登録者の趣味や仕事なで検索が出来るので自分の好みの人をワンタッチで探せます。
またコミュニティという機能で自分と同じ趣味の人を探すことも可能。(自分はアニメ・ゲームなどを通じてマッチングしました)

以前はフェイスブックが必要でしたが最近はなくても出来るようになりました。
より他の人にバレず、恋活・婚活が出来るようになりました。

女子は全サービスが無料。
男性も気になる女性と両想いになる(マッチング)まで無料で出来るので、まずは無料登録をしてみましょう。

 

 

Match.com(マッチドットコム)

アメリカではメジャーな恋活・婚活アプリ。 TI●nderと比べて、かなり真面目な恋活ができます。
アメリカでは年間結婚するカップルの10%はネットで出会っているのですが、その3割以上はマッチドットコム経由(日本でも157万人が利用)

男女ともに有料になる。
そのためMatch.comを利用している女性は比較て真剣に出会いを探していると男性の間では好評。
その評判を元に男性会員の質が高いという良いサイクルを生み出してます。

登録とマッチングするまでの検索まで無料です。

 

ゼクシィ縁結び

CMでおなじみリクルートの「ゼクシィ」ブランドの恋活アプリ。
やっぱりイメージが良いので女性人気が物凄く高いです。

恋活というよりは、どちらかというと遊びではなく結婚を意識した真剣な大人向けのサービスと言った感じです。

  • 価値観に合う人をマッチングしてくれる機能
  • 自分の好みを機会が学習してくれる検索機能
  • デートセッティングなどをしてくれるコンシェルジュ機能

と内容が盛りだくさんになっています。

無料登録で「価値観診断」「基本機能」を使うことが可能になっています。

-婚活

Copyright© マッチングアプリ恋愛研究所 , 2018 AllRights Reserved.